喫煙者は転職しにくい?喫煙者が転職するときのポイントを解説

転職 喫煙者 転職しにくい 転職

2020年4月に施行された「改正健康増進法」によって、喫煙者の肩身は狭くなっています。

社内での喫煙が禁止されたり、勤務中の喫煙を禁止したりした企業は多くあります。

その中で「喫煙者は禁煙者よりも転職しにくいのかな?」と悩まれる方が多いのではないでしょうか?

この記事では、喫煙者の転職について詳しくご紹介します。

喫煙と転職は全く関係のないように感じますが、「喫煙者なのか」ということは意外にも重要視されています。
この記事では、喫煙者の転職について詳しくご紹介しているので、転職を考えている喫煙者の方はぜひ参考にしてみてください!

喫煙者は転職しにくい?

喫煙者 転職しにくい

改正健康増進法の全面施行により、2020年4月から会社のオフィスや商業施設などは「受動喫煙防止」のため、原則屋内禁煙と定められました。

その他にもルールが定められて、年々喫煙者の肩身が狭くなっています。

このようなことから、喫煙者は転職しにくいと言われています。

「喫煙者は絶対に転職できない」というわけではないですが、禁煙者よりも転職難易度が高いです。

また、転職を成功させることができても、喫煙者ということから職場に馴染めなかったり、ストレスを抱える環境で仕事をしなければいけない状態になるかもしれません。

喫煙者ということは、少なからず転職活動に影響を与えます。

喫煙者が転職しにくいと言われている理由

喫煙者 転職しにくい 理由

喫煙者が転職しにくいと言われている理由は、改正健康増進法の施行以外にも考えられます。

喫煙者で転職を考えている方は、「なぜ、転職にくいのか」ということを理解することが大切です。

喫煙者が転職しにくいと言われている理由について詳しくご紹介します。

健康に関するマイナスイメージ

中途採用をおこなっている企業では「1年でも長く働いて欲しい」と考えているため、健康的な人材を好みます。

しかし、喫煙していることは健康に関するマイナスイメージにつながるため、喫煙者は転職しにくいと言われています。

喫煙が健康にもたらすリスクなどはさまざまな方面で情報提供されているため、多くの方が認知していることです。

「喫煙者だから健康ではない」というわけではないですが、禁煙者と比較すると、病気になる可能性は高いと考えられます。

もし、同じスキル・職歴などの人材から応募があれば、健康に関するイメージが良い「禁煙者」を採用する可能性が高いです。

面接で与える印象が悪くなる

希望通りに転職を成功させるには、採用担当者に与える印象がとても大切です。

しかし、採用担当者が禁煙者でタバコを嫌っている方であれば、「喫煙者」というだけで印象が悪くなってしまいます。

喫煙者ということはバレない」と思われるかもしれませんが、タバコの臭いから喫煙者と気付く採用担当者が多いです。

また、喫煙所でタバコを吸っていることを目撃されたりする可能性も十分考えられます。

採用担当者が喫煙者の場合は、面接で与える印象は悪くなりませんが、禁煙者の場合は与える印象が悪くなり、転職しにくくなります。

クライアントに与えるイメージが悪化する可能性がある

中途採用するときには「転職後に活躍できるのか」ということを重要視されるのですが、喫煙者の場合は、「クライアントに与えるイメージが悪化する可能性がある」と判断されて、採用を見送られることがあります。

上記でお伝えした「改正健康増進法」によって、喫煙に関してシビアになっている企業は多いため、クライアントに与えるイメージが悪くなる可能性は高いです。

特に、営業職やシステムエンジニアなど社外の方と直接関わることの多い職種では、喫煙者ということで採用が見送られることがあります。

社外の方と直接関わることない職種では、「クライアントに与えるイメージが悪化する」ということで採用が見送られることは考えにくいです。

喫煙者が応募できない求人がある

上記でお伝えした通り、喫煙に関してシビアになっている企業が多いことから、喫煙者が応募できない求人があります。

それは差別では?」と思われるかもしれませんが、喫煙者が応募できないように定めることは、就職差別に当てはまらず、法律的にも問題ないとされています。

2020年に改正健康増進法が施行されたため、年々喫煙者が応募できない求人が増えると考えられます。

喫煙者が応募できない企業の特徴

喫煙者 応募できない 企業 転職

上記でお伝えした通り、喫煙者が応募できない求人を出している企業が存在します。

喫煙者が応募できない企業の特徴をいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

健康・美容に関する事業を展開している企業

タバコは健康的なイメージがないことから、健康・美容に関する事業を展開している企業では、喫煙者が応募できないように定められていることが多いです。

喫煙者を採用することで、自社のブランドイメージが低下する可能性が生じるため、喫煙者が応募できないように定められていると考えられます。

また、健康・美容に関する事業を展開している企業では、喫煙だけではなく、暴飲暴食や健康に害するような行動について禁止していることもあります。

女性の多い企業

男性でも女性でも喫煙している可能性はありますが、割合的には男性の方が多いです。

そのため、喫煙者が応募できない企業の特徴として、「女性の多い企業」ということが挙げられます。

また、女性が働きやすい職場環境を目指している企業や、妊娠・出産に関する手当などが手厚く定められている企業では、喫煙者が応募できないように定められている傾向があります。

女性が喫煙している場合は、男性の喫煙者よりも風当たりが強くなるため、女性の喫煙者はより注意してください。

経営者がタバコを嫌う企業

会社で定められているルールや福利厚生などは、経営者の性格・考え方と一致することが多いため、経営者がタバコを嫌う企業は喫煙者が応募できないようになっていることが多いです。

経営者は自分の性格や考え方を従業員に浸透させたいという気持ちがあるため、タバコを嫌う経営者の企業では喫煙者が応募できないように定められていると考えられます。

もし、経営者が愛煙家だった場合は、タバコに関するルールなどは定められていないことが多いです。

喫煙者が転職するときに抑えておきたいポイント

喫煙者 転職 ポイント

喫煙者が転職するときには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。

転職したことを後悔しないためにも、下記のポイントを参考にしてみてください。

面接の前後でタバコを吸わない

上記でお伝えした通り、採用担当者が禁煙者だった場合は、タバコの臭いから悪い印象を抱くため、面接前はタバコを吸わないようにしてください。

面接に対する緊張や不安からタバコを吸いたくなる気持ちは分かりますが、その一服で不採用になる可能性があります。

また、会社の周りではタバコを吸わないようにすべきです。

もし、経営者がタバコを嫌っていた場合には、喫煙者というだけで不採用になることがあります。

面接の前後では、タバコを我慢することが大切です。

タバコに対して理解があることをアピールする

喫煙者が応募できる企業でも、職場の方に迷惑をかけるような喫煙をする方を採用したいとは思いません。

喫煙者を採用することで職場の雰囲気が悪くなることは避けたいと考えるため、タバコに対して理解があることをアピールするようにしてください。

例えば、「タバコは吸いますが、家以外では吸わないようにしています」と面接でアピールすると、「この人を採用しても、喫煙に関することで迷惑はかからない」と判断できます。

喫煙者が悪いというわけではないですが、喫煙に関してシビアになっている企業が多いので、注意してください。

勤務中にタバコを吸えるのか確認しておく

喫煙者が転職後に後悔するのが、「勤務中にタバコが吸えなかった」ということです。

改正健康増進法が定められたことで、勤務中の喫煙を禁止している企業が多くあります。

もし、喫煙者が勤務中の喫煙を禁止されている企業へ転職してしまうと、大きなストレスを抱えることになり、転職したことを後悔する可能性が高くなります。

「勤務中でもタバコを吸いたい」という方は、転職先の企業で勤務中の喫煙が禁止されていないかということを事前に確認するようにしてください。

喫煙者の多い業界・職種を希望する

何度もお伝えしている通り、年々喫煙者の肩身は狭くなっています。

転職を成功させることはできても、職場環境に馴染めなかったり、喫煙することに気を遣わなければいけないことが考えられるので、喫煙者の多い業界・職種を希望することをおすすめします。

喫煙者の多い業界・職種では、勤務中にタバコを吸うことが禁止されている可能性は低く、同僚や上司なども喫煙していることが多いです。

喫煙者が多いと言われている業界・職種は下記の通りです。

・不動産業界
・金融業界
・運送業
・土木業界
・営業職 など

これらの業界・職種では、喫煙者が多い傾向にあります。

転職後に肩身の狭い思いをしたくないという気持ちが強い方は、喫煙者の多い業界・職種を希望するようにしてください。

喫煙者が希望通りに転職を成功させるコツ

喫煙者 転職 成功 コツ

上記でお伝えした通り、喫煙者は転職しにくくなっていて、禁煙者よりも希望通りに転職を成功させる難易度が高いです。

喫煙者が転職を成功させるコツをいくつかご紹介するので、喫煙者で転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

働きながら転職活動をおこなう

自分の希望通りに転職を成功させるには、「退職すべき」と考える方が多いのですが、今の会社は退職すべきではありません。

働きながら転職することが転職成功につながります。

今の会社を退職しないことで、「早く転職先を決めないと…」と焦る気持ちが芽生えることがなく、自分が納得できるまで転職活動をおこなえます。

株式会社ビズヒッツが転職経験のある男女500人に対して、「自分の経験上、働きながら転職活動したほうがいいと思いますか?」というアンケートを実施したところ、約74%の方が「働きながら」と答えています。

その理由としては、「金銭面の安心感がある」「精神的な余裕を持てる」など挙げられていました。

このアンケートからも分かるように、希望通りに転職を成功させるには、今の会社を辞めないことが大切です。

転職したい時期を明確にする

喫煙者が希望通りに転職を成功させるには、転職する時期を明確に決めることが大切です。

転職する時期を決めることで、「いつまでに何をすべきなのか」ということが明確になり、効率よく転職活動を進められます。

例えば、「9月中に転職先を決めたい」と考えているのであれば、約3カ月前の6月中には転職活動を始める必要があり、8月中には求人に対して応募を始めなければいけません。

このように転職したい時期を決めることで、逆算できるようになります。

転職エージェントを利用する

喫煙者は禁煙者よりも転職しにくいという傾向があるので、転職エージェントでサポートを受けることが大切です。

転職エージェントでは、無料で転職に関するサポートが受けられます。

具体的なサポート内容は下記の通りです。

・求人紹介
・面接対策
・日程調整
・条件交渉
・書類添削 など

また、転職エージェントでは、転職サイトなどに公開されない「非公開求人」を紹介してもらうことが可能です。

非公開求人を紹介してもらえることで、自ずと転職先の転職先が広がります。

希望通りの転職を成功させるには、転職エージェントを利用すべきです。

喫煙者におすすめの転職エージェントはこちら!

まとめ

喫煙者 転職

この記事では、喫煙者の転職についてお伝えしました。

この記事でのポイントは以下です。

・喫煙者は転職しにくい傾向がある
・喫煙者は不健康なイメージを与える
・タバコを嫌う採用担当者は多い
・喫煙者では応募できない求人がある
・面接前後はタバコを吸わないことが大切
・勤務中の喫煙が禁止されている会社がある

改正健康増進法の施行されたことで、喫煙者は転職しにくい傾向があります。

しかし、「喫煙者は絶対に転職できない」というわけではないので、転職を諦める必要はないです。

この記事でお伝えした内容を参考にして、喫煙者として希望通りの転職を成功させましょう。

喫煙者にとって、禁煙することはとても難しいことだと思います。
なので、転職するために「喫煙すべき」とは思いませんし、喫煙者として転職すべきです。
喫煙者でもしっかりと社会人としての魅力的な人材になっていれば、希望通りに転職は成功させられます!

shokulabライター「Akito」がおすすめする転職・社会人向きコラム!
社会人の腕時計にはApple Watchが最適な理由を解説してみた

転職で年収が下がることは避けたい。年収を下げないようにするためには?

転職で貯金は必要ない。貯金がなくても転職する方法とは?

この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
転職
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB
タイトルとURLをコピーしました