就活では集中できる環境を作ることが大切。工夫次第で集中力は高められる

就活

就活では高い集中力を維持することが大切で、希望している企業から内定をもらいやすくなります。

しかし、「就活に集中できない」「集中力を維持できない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

この記事では、就活に集中できる環境を作る方法について解説します。

集中できない環境や、集中できないときにやるべきことなどもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

就活に集中できなければ内定はもらえない

就活 集中 内定 もらえない

就活では、集中して取り組むことがとても大切です。

集中できなければ、就活がスムーズに進まず、希望している企業から内定をもらえる可能性が低くなります。

やるべきことをやるべきときに集中力高く取り組める方が、希望している企業から内定をもらうことができます。

また、就活に集中できない方は、「明日でいいか…」「まだ期限があるから大丈夫」などと、後回しにしてしまう傾向があります。

後回しにすることで、期限ギリギリになり、自分が納得できるものを準備できません。

就活ではエントリーシートの提出や、面接など日程が決められていることがほとんどなので、後回しにすることは内定率を低くすることにつながります。

後回しにしないためにも、就活に集中することが大切です。

就活では集中できる環境を作ることが大切

就活 集中 方法 環境

「就活に集中することが大切」ということは理解できても、「集中できない」という方が多いと思います。

頭で「集中しよう」と考えているだけでは集中できないので、「集中できる環境」を自分で作り出すことが大切です。

就活に集中できる環境を作る方法を6つご紹介するので、下記で記載されている内容をぜひ参考にしてみてください。

就活する場所を変える

自分が慣れ親しんでいる場所や、見慣れている場所では集中しにくい傾向があるので、就活に集中する環境を作り出すには、「就活する場所を変える」ということが大切です。

場所を変えるだけで、今までと違った雰囲気・環境・気持ちで就活に取り込むことができ、集中力が高くなります。

基本的に就活は「家」でおこなうことが多いと思うので、カフェや大学などに足を運んでみてください。

近くにカフェや大学がない方は、部屋のレイアウトを変更してみることをおすすめします。

机の向きを変えたり、部屋に仕切りを作ったりするだけで、集中しやすくなります。

1日の目標を決める

人間は目標が決められていない状態で集中することが苦手と言われているため、就活に集中するには「1日の目標を決める」ということが大切です。

目標を明確にすることで、目標に向かって計画を立てることができ、就活に集中しやすくなります。

例えば、1日の目標が自己PRを完成させるということだったとします。

その場合は、まず「自己PRを完成させるためにどうすれば良いのか」ということを考えると思います。

このように目標を達成するまでの計画を明確にするだけで、集中力を高められます。

就活を始める前には、1日の目標を決めるようにしてください。

自分にご褒美をあげる

集中できない状態から自分で集中できるようにするには、ご褒美をあげることが大切です。

自分で自分にご褒美をあげることで、就活に集中することができます。

例えば、
「1日の目標を達成することができればYouTubeを見る」
「あと30分集中したらゲームをする」
などです。

自分がしたいこと・欲しいもの・食べたいものなどをご褒美にしてみてください。

ただし、目標を達成していない状態や、やるべきことをやっていない状態でご褒美をあげることには注意が必要です。

それでは、集中できない状態に戻ってしまうので、「達成したらご褒美」ということを忘れないようにしてください。

90分以上継続しない

人間が集中力を継続できる限界は「90分」と言われています。

90分以上継続して集中することはできないので、90分以内に休憩を挟むことが大切です。

5分~10分の休憩を挟むことで、脳は休むことができ、もう一度集中できるようになります。

ただし、休憩中にスマホ・テレビを見ることには注意してください。

脳の80%は「視覚情報処理」に使われていると言われているため、脳を休憩させるには、目を休ませる必要があります。

休憩中は音楽を聴いたり、目を使わない娯楽をおすすめします。

集中しやすい時間帯に就活をする

人それぞれ集中しやすい時間と集中しにくい時間があります。

一般的には「朝が集中しやすい」と言われることが多いのですが、人によっては夜の方が集中しやすいということがあるので、集中しやすい時間帯に就活をすることが大切です。

朝が弱い方は夜に就活をおこなえば良いですし、夜に弱い方は朝に就活をおこなえば良いです。

自分が集中しやすい時間帯に就活をおこなうためにも、まずは集中できる時間帯を探してみてください。

ポジティブな言葉をかける

人間は褒め言葉を聞くと「頑張ろう!」という気持ちが自然に湧き、叱責の言葉を聞くと「私はダメだ」と気持ちが落ち込みます。

このように言葉は意識に働きかけるパワーがあるので、就活に集中するためには、ポジティブな言葉を自分にかけることが大切です。

「なんで集中できないんだろう」という言葉をかけるのではなく、「私は集中する」というポジティブな言葉をかけるだけで、集中力が高くなります。

「自分にかける言葉で変わるの?」と思われるかもしれませんが、ネガティブな言葉は集中力を低下させるので、注意してください。

就活に集中しにくい環境

就活 集中できない 環境

上記でお伝えした通り、人間は集中しやすい環境というものがあり、反対に集中しにくい環境というものもあります。

集中できない環境を作り出しているときは、どんな工夫をしても就活に集中できません

就活に集中しにくい環境をいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

しっかりと睡眠時間をとれていない

20代の方は7時間~8時間の睡眠が必要と言われています。

7時間未満しか睡眠がとれていないときは、「眠たい」という感情を抱くようになり、就活に集中できなくなってしまいます。

睡眠不足の状態では、いくら「集中する」という気持ちがあっても、集中することは難しいです。

「睡眠時間を削って就活をする」という方は多いのですが、7時間以上の睡眠は必要で、睡眠時間を削ることは効率の良いことではありません

友達と一緒に就活をする

就活は大学3年生~4年生のほとんどの方がおこなうため、「友達と一緒に就活をする」ということは少ないと思います。

しかし、友達と一緒に就活をすると、高確率で集中できないです。

友達とプライベートな内容を話してしまったり、友達のことが気になったりするため、就活は1人でおこなう方が良いです。

ただし、就活する内容によっては友達が必要になります。

例えば、面接の練習をしたい場合には、友達と一緒にした方が効率よく質の高い練習ができます。

基本的に1人でおこなえることは1人でおこなうようにしてください。

就活に集中できないときにやるべきこと

就活 集中できない やるべきこと

就活に集中できるようになる方法をいくつかご紹介しましたが、「どうしても集中できない…」というときはあります。

そのようなときは、無理に就活をする必要はないです。

集中できないときに就活をしても、非効率なので、他のことに時間を使うことをおすすめします。

就活に集中できないときにやるべきことをいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

本を読む

就活に集中できないときは、本を読むことをおすすめします。

就活に集中できない場合でも、本を読むことには集中できることがあります。

また、本を読むことにはあまり集中力を必要としません。

就活中に本を読むことは大切なので、集中できないときは本を読んでみてください。

就活生におすすめの本はこちらの記事を参考にしてみてください。
就活生が“絶対に読むべき”おすすめの本【計19冊を紹介!】

仮眠をとる

上記でお伝えした通り、人間は睡眠時間が足りていないときは集中できない傾向があるので、仮眠をとることをおすすめします。

15分~30分の仮眠をとることで、集中力を取り戻せる可能性があります。

ただし、31分以上の仮眠をとってしまうと、夜の睡眠に影響を与えてしまうため、31分以上は仮眠しないようにしてください。

また、15時を過ぎてからの仮眠にも注意が必要です。

夜の睡眠に向けて副交感神経の動きが高まり始めるため、15時以降の睡眠は我慢することをおすすめします。

仮眠に関する内容はこちらの記事を参考にしてみてください。
昼寝の時間はどれくらいが最適?仮眠の効果と注意事項

自分の趣味に没頭する

就活に集中できないときは、思い切って自分の趣味に没頭することをおすすめします。

自分の趣味に没頭することで、就活の息抜きができて、高いモチベーションを保ちやすくなります。

就活中は期限に追われることが多く、ストレスを抱えやすくなるので、集中できないときは思い切って自分の趣味に没頭してみてください。

まとめ

就活 集中 できない

この記事では、就活に集中する方法についてお伝えしました。
この記事でのポイントは以下です。

・就活に集中することで内定率が高くなる
・就活中は集中できる環境を作り出すことが大切
・就活する場所を変えることが大切
・目標を明確にするだけで集中力が高くなる
・人間は90分以上継続して集中できない
・自分が集中しやすい時間帯を知る
・最低でも7時間以上の睡眠が必要
・友達と一緒に就活することはおすすめしない

就活で希望している企業から内定をもらうには、高い集中力を維持することが大切です。

高い集中力を維持するには、自分で「集中できる環境」を作り出すことが大切になります。

この記事でお伝えした内容を参考にして、集中した状態で就活をおこないましょう


この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました