キャンプは履歴書の趣味欄に書いて良い?就活での回答例をご紹介

履歴書 趣味 キャンプ 回答例 履歴書対策

新しい就活のカタチ!企業情報からエントリーまで全てが動画で完結!就活版Netflix【JOBTV】

新型コロナウイルスの感染拡大によって、アウトドアを趣味としている大学生が増えています。

アウトドアの中でも「キャンプ」を趣味としている方は多いと思うのですが、「趣味欄にキャンプはダメかな?」「履歴書にキャンプは失礼になるのかな?」と悩まれることがあるのではないでしょうか。

この記事では、キャンプを履歴書の趣味欄に書いて良いのか、実際に使える例文・回答例について詳しく解説します。

就活で聞かれる趣味は意外にも大切になるため、本当に好きなものを書くことが大切です!

履歴書の趣味欄に「キャンプ」と書いて良い?

履歴書 キャンプ 趣味 就活

就活で提出する履歴書には、自分が趣味としていることを書くことが大切です。そのため「キャンプ」を履歴書に書いても問題ありません。

履歴書にキャンプと書くことで、人事への印象が悪くなる可能性はないです。また、人事に強みをアピールする項目ではなく、就活生の人柄や面接のアイスブレイクを目的として聞かれています。

つまり、履歴書には本当に趣味としていることを書くことが大切で、ウソを書くことは印象が悪くなる可能性があります。

自分が趣味と思っているのであれば、キャンプ歴などは関係なく、就活の履歴書に書くことをおすすめします!

人事との距離を縮められる可能性がある

近年、キャンプを趣味としている社会人は増えていて、「ソロキャンプ」という言葉は2020年の流行語大賞にノミネートされています。

それほど注目度が高くなっているキャンプを履歴書に書くことで、人事との距離をグンと縮められる可能性が考えられます。

例えば、人事がキャンプを大の趣味としていた場合は、共通の趣味を持った就活生に好印象を抱きやすくなります。

キャンプ参加人口は、610万人となっています。

特に、キャンプは家族のいる社会人が趣味としている可能性が高いので、人事で共通の趣味になる割合は高いと考えられます。

人事との距離を縮めたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください!

キャンプを履歴書の趣味欄に書くときのポイント

履歴書 キャンプ 趣味 就活

就活で提出する履歴書の趣味欄にキャンプと書くときは、いくつか抑えておきたいポイントがあります。簡単に意識できるポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

下記のポイントを意識するだけで、他の就活生との差別化を図れます!

目に留まるような内容にする

履歴書の趣味欄を重要視している学生は少ないのですが、企業によっては数百枚以上の履歴書が届きます。その中でしっかりと履歴書を見てもらうには趣味欄にも力を入れることが大切です。

そのため人事の目に留まるような内容を意識してみてください。例えば、趣味欄が埋まるほどのボリュームで書かれていた場合は、自然と人事の目に留まることになります。

人事の目に留まる方法はさまざまあるので、何か工夫して書いてみることが大切です。

趣味欄だけではなく、履歴書では人事の目に留まる内容を書くことをおすすめします!

具体的な数字を用いる

キャンプを履歴書の趣味欄に書くときは、具体的な数字を用いることをおすすめします。具体的な数字を用いることで、人事がイメージしやすくなります。

キャンプを趣味としています。関東エリアの多くのキャンプ場を訪れました
3年ほど前からキャンプが趣味です。今までに20カ所以上のキャンプ場を訪れました

上記の例文では、2つ目の方がイメージしやすいと思います。就活では「人事に伝える」ということが大切になるので、具体的な数字を用いることを意識してみてください。

数字を用いることが難しい場合は、無理に用いる必要はありません!

面接で話せるエピソードを準備する

履歴書に書いた内容は、面接のアイスブレイクとして使われます。

アイスブレイクとは、その名の通り、緊張した固い空気や心を氷にたとえてそれを壊す、溶かすというものです。

そのため、就活の面接で話せるエピソードを準備しておくことが大切です。1分以上のエピソードを準備する必要はありませんが、ある程度会話が広がるよう準備する必要があります。

「考えたことがありません。わかりません。」などの会話が続かないように、注意してください。

趣味から自分をアピール・表現できれば、人事に好印象を与えることができます!

【2022年版】就活で役立つおすすめの就活サイト19選!

履歴書の趣味欄に使えるキャンプ例文

履歴書 キャンプ 趣味 就活 例文

就活で提出する履歴書の趣味欄にキャンプと書いて良いのですが、「どのように書けば良いのだろう?」と悩まれる方は多いと思います。

そこで、履歴書の趣味欄にそのまま使える例文をいくつかご紹介します。

私の趣味はキャンプです。
大学1年生の頃からキャンプに行くようになり、今までに約20カ所のキャンプ場を訪れています。
私の趣味はキャンプです。
キャンプの中でも「焚き火」が大好きで、3,000円以上する薪を使って焚き火をしています。
私の趣味はキャンプです。
自然の中でリラックスできることに惹かれ、2ヶ月の1回のペースでキャンプしています。
私の趣味はソロキャンプです。
ソロキャンプの魅力は自然の中で考え事ができることです。何かに悩んだときや考え事をしたいときは、キャンプ場に行っています。
私の趣味はソロキャンプです。
今までに30カ所以上のキャンプ場を制覇しており、いつか47都道府県のキャンプ場を制覇したいです。

基本的に履歴書には「趣味+一言」で構成します。

書く内容が思いつかない方は、上記の例文を参考にしてみてください!

就活の面接でのキャンプ回答例

履歴書 キャンプ 趣味 就活 回答例

上記でお伝えした通り、面接のアイスブレイクとして「趣味は何ですか?」と質問されることが多いです。そこで、就活の面接でキャンプについて答えるときの回答例をいくつかご紹介します。

下記の内容を参考にし、事前に回答例を準備しておくことをおすすめします!

キャンプ初心者の回答例

私の趣味はキャンプです。

と言いましてもキャンプに行くようになり1年ほどです。キャンプに行っている回数は少ないですが、私は「焚き火」に対する愛は大きいです。

私がキャンプにハマったきっかけは焚き火で、火を見ているだけで癒されます。前回、キャンプに行った際は、相場の3倍以上の値段の薪を購入し、焚き火をしました。

これからもキャンプ・焚き火を趣味とし、さまざまな方と交流を深められたなと考えております。

ソロキャンパーの回答例

私の趣味はソロキャンプです。

アルバイトに関することで悩んでいたときに、父親に勧められてソロキャンプをした結果、深くハマってしまいました。

自然の中でゆっくりと一人で考え事ができたため、悩んでいるときや一人の時間が欲しいときはソロキャンプに行っています。

社会人になって壁にぶち当たったときは、ソロキャンプに行き、自分と向き合いたいと考えております。

キャンプ歴1年以上の回答例

私の趣味はキャンプです。

大学1年生の頃からキャンプが好きで、キャンパー歴は3年以上になります。

今までに20カ所以上のキャンプ場に行ったことがあり、春や秋には1ヶ月に1回のペースでキャンプに行ってました。

私はキャンプ場の中での交流を楽しみにしており、多くの方とコミュニケーションを取ってきました。

キャンプ場から自宅に帰っても連絡を取るほど仲良くなった家族もおり、一緒にキャンプをしたこともあります。

このようなコミュニケーションスキルは、社会の中でも役立つのではないかと考えております。

まとめ

履歴書 キャンプ 趣味 就活 まとめ

この記事では、就活で提出する履歴書の趣味欄にキャンプと書くことについてお伝えしました。

履歴書に「キャンプ」と書くことは問題のないことで、人事への印象が悪くなることはありません。

キャンプを趣味としている社会人も増えているため、人事との距離をグンと縮められる可能性も考えられます。

就活で問われる趣味は、「本当の趣味」を答えることが大切なので、嘘は書かないようにしてください。

この記事でお伝えした内容を参考にし、履歴書の趣味欄・就活の面接で適切な回答をできるようにしてください。

Shokulab 公式LINE
shokulab Instagram
この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
履歴書対策
西川秋斗をフォローする
ShokuLab
タイトルとURLをコピーしました