人間関係で悩んでいる場合はすぐに転職しよう!

転職

社会人は気が合わない人とも関係を築く必要があるため、「人間関係」に悩まされることが多いです。上司との関係・同僚との関係・部下との関係・取引先との関係など全てが人間関係です。
そんな人間関係で悩んでいる場合は、転職するべきなのでしょうか?
この記事では人間関係に悩んでいる場合は、転職するべきなのか解説していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

人間関係で悩んでいる方はすぐに転職しよう

結論からお伝えします。人間関係で悩んでいる場合はすぐに転職しましょう。「人間関係で転職って逃げていない?」と思うかもしれませんが、人間関係は人間にとってとても大切なことです。
特に社会では大切になり、人間関係が良好でなければ仕事で成果を出すことも難しいでしょう。
また人間関係で心の余裕が変わります。人間関係で悩まされる職場で仕事を続けることは、自分のためになりません。
悩んでいる度合いによりますが、筆者はすぐに転職することをおすすめします。

人間関係を理由に転職する方は多い

人間関係に悩んでいる方は「人間関係なんかで転職するのか逃げているのかな…」と考えることが多いのですが、人間関係で転職する方は多いです。
それだけ人間にとって「人間関係」は大切なものになるのです。
そして近年の日本では人間関係で転職することが増えているため、転職できなくなる可能性も低いです。転職後のことを考える必要はないでしょう。

人間関係で悩んでいる方に転職をおすすめする理由

「人間にとって人間関係が大切」という理由だけで転職をおすすめしているわけではありません。他にも人転職をおすすめする理由があります。
「転職しようかな?」と悩んでいる方は、下記の理由を参考にしてみてください。

仕事が楽しくなる

1つ目の理由が「仕事が楽しくなる」ということです。
人間関係に悩んでいる方は「また〇〇さんに会うのか」「〇〇さんに会いたくないな」などと毎日仕事に行きたくないと思います。
もちろん、仕事も楽しくないでしょう。しかし、人間関係が良好になれば仕事は楽しくなります。
例えば、職場に自分の友達しかいないとしましょう。そんな職場に行きたくないと思うのでしょうか?
仕事が楽しくないと感じるでしょうか?
多くの方は行きたいと思い、仕事が楽しく感じるでしょう。人間関係というのは、これだけ大切なことなのです。
人間関係に悩んでいると、仕事まで楽しくなくなるのです。

成果を上げやすくなる

2つ目の理由が「成果を上げやすくなる」ということです。
上記でもお伝えしたように人間関係が良好になれば、仕事は楽しくなりますよね。仕事が楽しくなれば、成果を上げやすくなると思いませんか?
人間は楽しいことには、苦なく努力することができます。高校で部活動していた方などはイメージできると思います。
さらに人間関係が良好になれば、頼れる人が増えて周りの力を借りることができます。自分の力だけではなく周りの力を借りれるようになれば、成果を上げやすくなります。

プライベートが充実する

3つ目の理由が「プライベートが充実する」ということです。
人間関係に悩んでいると、仕事だけではなくプライベートにまで影響を及ぼします。
基本的に仕事は1週間で5日はあるため、5日は人間関係に悩まされると考えると残りの2日間も人間関係のことを考えてしまうでしょう。
そのためプライベートが充実せずに、人間関係のことばかりを考えることになります。
しかし人間関係が良好になることで、プライベートではプライベートのことだけを考えることができて、充実します。
人生の中では仕事が多くの時間を占めるため、プライベートの時間を充実されることで人生も豊かに充実します。

人間関係は修復しにくい

4つ目の理由が「人間関係は修復しにくい」ということです。
人間関係を理由に転職しようか悩んでいる方は「もしかしたら関係が良好になるかも…」と心のどこかにあると思います。その気持ちは大切なのですが、人間関係は修復しにくいです。
特に大人の人間関係は修復しにくく、修復しようとする時間がもったいないです。そして、「もしかたら」という気持ちがあると一向に転職できません。
そのため「ここ職場は自分に合わなかった」と割り切って、転職することをおすすします。

人間関係を理由に転職する前に考えるべきこと

人間関係に悩んでいる方はすぐに転職するべきとお伝えしたのですが、転職する前に考えるべきことが2つあります。
この2つを考えなければ、転職する意味がなくなります。
人間関係で転職する際は、下記の2つを考えるようにしてください。

なぜ人間関係に悩むことになったのか

1つ目が「人間関係に悩むことになった理由」です。
上司と気が合わなかったのか、仕事に夢中になりすぎて自己中心的な行動をしていたのか、など人間関係が悪くなるには必ず原因があります。
その原因を把握することで、転職後に人間関係で悩む可能性を低くできます。
反対に原因を把握せずに転職してしまうと、転職後も人間関係で悩むことになります。
そのためなぜ人間関係で悩むことになったのか考えるようにしてください。

本当に人間関係が理由で転職したいのか

2つ目が「本当に人間関係が理由で転職したいのか」ということです。
本当に人間関係が理由で転職したいのか、を考えるのは転職後のミスマッチを避けるためです。
転職は、不満に思っていることを改善するために行います。給料に不満があれば給料がアップする転職を希望して、福利厚生に不満があれば福利厚生が充実している企業に転職しますよね。
そのため本当に転職したい理由を把握していなければ、転職後にも不満を抱いてしまいます。
転職後のミスマッチを避けるためにも、本当に転職したい理由を考えてみてください。

人間関係を悩んでいる方は明日にでも転職しよう!

この記事では人間関係に悩んでいる方は転職するべきなのかお伝えしましたが、人間関係に悩んでいる方は明日にでも転職するべきです。
その理由は上記でお伝えした通りです。ただし、1つ注意点があります。
それは転職しても人間関係に悩む可能性はあるということです。
転職したら絶対に人間関係が良好になる保証はありません。
そのため人間関係を理由に転職する場合は、転職後の人間関係の築き方も考えておきましょう!

この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
転職
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました