就活で高い評価を得られる不動産資格5選!効果的なアピール方法とは?

就活 不動産 資格 就活

就活では採用担当者から高い評価を得ることが「内定獲得」につながります。高い評価を得る方法として「資格を取得する」ということが挙げられるのですが、「どんな資格が良いのだろう?」と悩まれる方が多いのではないでしょうか。

この記事では、就活で高い評価を得られる不動産資格について解説します。

就活で効果的なアピール方法や、資格を取得するメリットなどもご紹介しているので、就活を控えている学生はぜひ最後までご覧ください!

【2022年版】就活で役立つおすすめの就活サイト19選!

就活で資格は評価される?

就活 資格 評価 不動産

就活で資格を取得することは必須ではありませんが、プラスに働くケースが多いです。資格は身についているスキルや知識が明確に伝えられるため、就活では評価されやすい傾向があります。

難易度が高ければ高いほど、採用担当者から高い評価を得られます。

また、「資格を取得している」ということ以外にも、取得するまでの努力や就職後の期待から高い評価を得ることが可能です。

就活で資格を取得していないくても内定確率は下がりませんが、取得していると内定獲得率は上がります。

少しでも内定獲得率を上げたい方は、就活までに資格を取得すべきです!

不動産業界では評価されやすい

就職を希望する業界によって資格に対する評価の大きさが異なります。数多くある業界の中でも、「不動産業界」は資格を取得していることが評価されやすいです。

その理由は、資格を取得していないとできない業務が多くあるからです。

例えば、宅地建物取引法という法律で、「不動産業を営む際は1つの事務所において『業務に従事する者』5人につき1名以上の割合で、専任の宅地建物取引士の設置する義務がある」と定められています。そのため、宅地建物取引士を取得している人がいなければ、宅地建物取引ができません。

このような法律が定められていることが多いため、不動産業界では高い評価を得られます。

不動産業界への就職を考えている方は、資格を取得した方が良いでしょう!

出典:https://smtrc.jp/useful/glossary/detail/n/419

就活で評価されやすいおすすめの不動産資格5選!

就活 資格 不動産

不動産業界に関する資格は数多くあります。全ての資格が就活で評価されるわけではないので、就活で評価されやすいおすすめの不動産資格を5つご紹介します。

大学在学中に取得できる資格を中心にご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

【2022年版】就活で役立つおすすめの就活サイト19選!

宅地建物取引士

宅地建物取引士は不動産業界に関する資格で最も知名度が高く、お客様に対して契約時の重要事項を説明できるようになります。

上記でお伝えした通り、「不動産業を営む際は1つの事務所において『業務に従事する者』5人につき1名以上の割合で、専任の宅地建物取引士の設置する義務がある」と定められているため、就活でも評価されやすいです。

宅地建物取引士は国家資格の1つで、合格率は15%~20%です。

また、宅地建物取引士は資格手当の対象になるケースが多く、毎月1万円~3万円の手当が支給されます。

不動産業界への就職を考えている方は、まず「宅地建物取引士」の取得を目指すべきです。

マンション管理士

マンション管理士とは、マンション管理の専門家であることを証明できる資格です。専門知識を有してマンション管理組合へアドバイスやサポートができるようになり、住民同士の問題解決などにも対応できます。

マンション管理士は国家資格の1つで、合格率は7%~10%です。

マンション管理士は、難関国家資格の1つでもあるため、マンションを管理している会社からはかなり高い評価を得られます。

また、資格手当の対象になり、毎月5,000円~1万円の支給が見込めます。

マンションに特化しているため、就職する会社を決めてから勉強し始めることをおすすめします。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、不動産業界で評価されるイメージがないと思いますが、お客様の総合的な資金計画を立てるための資格になり、評価してくれる会社が多いです。相続・税金・ローンなどに関することを詳しく説明できるようになるため、住宅販売や不動産コンサルティングなどの仕事では評価されやすい傾向があります。

ファイナンシャルプランナーは3級・2級・1級があり、就活でアピールするには2級以上を取得する必要があります。

ファイナンシャルプランナーは民間資格になるので、合格率はそれほど低くありません。最低基準である2級の合格率は30%~40%になり、大学在学中に取得することが可能です。

ファイナンシャルプランナーは不動産業界以外でも役立つので、希望する業界が絞れていない方にでもおすすめできます!

相続診断士

相続診断士は民間資格の1つで、相続に関するトラブルを未然に防ぐものになります。賃貸の場合はトラブルになりにくいですが、土地や家を購入されていた場合は相続のトラブルになりやすいため、住宅販売などの仕事では評価されやすいです。

相続診断士の合格率は90%で、1カ月~2カ月程度の勉強で合格できます。

相続診断士は、専門的な知識を身につけられるため、お客様からの信頼を得やすくなる効果もあります。

資格手当の対象にはなりませんが、就活で評価されやすいです。

司法書士

司法書士はお客様の財産や権利に関するトラブルから守る資格です。不動産登記で役立たせることができ、土地の売買成立時に財産の所有権を法律的観点からしっかり守ることができます。

司法書士は難関国家資格の1つで、合格率は3%です。

司法書士は取得難易度がかなり高いですが、取得していることで活躍できる幅がグンと広がります。不動産業界以外でも重宝される資格になるので、取得できれば安定した将来につながります。

就活時の評価よりも将来的な評価を優先したい方には、司法書士がおすすめです。

不動産業界で役立つ資格を取得するメリット

就活 資格 不動産 メリット

不動産業界で役立つ資格を取得するメリットは、就活で高い評価を得られること以外にもあります。不動産業界で役立つ資格を取得するメリットをいくつかご紹介します。

資格取得を悩んでいる方は、下記のメリットから判断してみてください!

【2022年版】就活で役立つおすすめの就活サイト19選!

就職後に活躍しやすくなる

不動産業界で役立つ資格を取得できていると、就職後に活躍しやすくなります。周りの同期が勉強しようとしている知識を就職した時点で理解していれば、間違いなく良いスタートを切れます。

就職した時点で資格を取得している割合は、かなり低いです。

また、資格はお客様からの信頼を得ることにつながるため、結果を上げやすくなります。

不動産業務では専門的な内容が多くなるため、資格取得が活躍に直結しやすいです!

資格手当が支給される

上記でお伝えした通り、不動産業界では資格を取得しているだけで手当が支給されます。資格や企業によって手当の金額は異なりますが、基本給にプラスされることは大きなメリットです。

資格手当を希望する方には、「宅地建物取引士」の取得をおすすめします。

宅地建物取引士では、平均1万円~3万円が支給されます。

ただし、資格手当が支給される企業では、基本給が少なく設定されていることがあるので、しっかりと確認してください。

転職・再就職しやすくなる

資格には有効期限がありますが、基本的には所定の講義を受ければ期間の更新が認められるため、一生涯保有しておくことが可能です。

そのため、他の企業へ転職するときにも役立たせられます。転職も就活と同じ、資格保有に対する評価は高いです。

また、家庭の事情や、ライフイベントで退職することになっても、すぐに新たな就職先を見つけられます。数年間のブランクがあっても、需要の高い資格を保有していれば、希望通りに就職できます。

退職しても保有している資格の有効期限が切れないように注意してください。

就活で資格を効果的にアピールする方法

就活 資格 不動産 アピール

就活で資格は評価されるのですが、より高い評価を得るにはアピール方法を工夫することが大切です。

就活で効果的にアピールする方法をいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

資格取得の目的を明確にする

就活で効果的にアピールするには、まず「資格取得の目的を明確にする」ということが大切です。

「〇〇を理解できれば、社会人になってから結果を残しやすいと思ったから」などと明確に目的を伝えることで、目的に向かって努力できることや、目標に向かって計画できることを間接的に伝えることができます。

社会人では、目的に向かって努力・計画できる力が求められます。

また、将来のキャリアプランを形成できていると判断してもらえます。

就活のために資格を取得しました」とアピールするのは、かえってマイナスの印象を与えることになります。

資格取得までの経緯を伝える

就活では資格を保有している事実よりも合格までの経緯を伝えることが大切です。資格取得までの勉強時間・期間・スケジュールなどを具体的な数字で伝えることで、より高い評価を得られることにつながります。

就活では具体的な数字を伝えることが大切になります。

また、資格取得までに工夫した点などを伝えられると、目標達成能力が高いと判断してもらえます。就活までに資格取得を考えている方は、工夫した点や勉強時間などを記録しておくことをおすすめします。

資格の使い道を明確に伝える

就活で効果的に資格をアピールする最後の方法は、「使い道を明確に伝える」ということです。就活で具体的な使い道を伝えることで、採用担当者が入社後の活躍をイメージしやすくなり、内定獲得率が高くなります。

資格の使い道が明確になっていない方は、就活が始めるまでにインターンやOB訪問で理解を深めるようにしてください。

インターンのやOB訪問の経験は、就活で高い評価を得ることにもつながります!

インターンを探している方はこちらの記事を参考にしてみてください!

まとめ

就活 資格 不動産 まとめ

この記事では、就活で役立つおすすめの不動産資格をお伝えしました。

資格は就活で高い評価を得ることにつながり、不動産業界では資格保有者が重宝される傾向があります。就活に向けて資格を取得したい方には、まず「宅地建物取引士」をおすすめします。

不動産業界以外への就職も視野に入れている方は、「ファイナンシャルプランナー・司法書士」などがおすすめです。この記事でお伝えした内容を参考にし、資格取得を目指してみてください。

この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました