就活で内定をもらうためにはスケジュール管理が必須条件!

就活

就活中は就活だけに注力することは難しく、バイト・授業・プライベートとスケジュールを管理することが大切になります。就活のスケジュール管理ができなければ、希望している企業から内定をもらうことは難しいでしょう。それだけスケジュール管理は大切になります。
この記事では就活中のスケジュール管理について解説します。
ぜひ、参考にしてみてください。

スケジュール管理で全てが変わる

就活が始めるまでの大学生がスケジュール管理で意識していることは少ないと思います。授業はスケジュールが決められていますし、固定のバイトだった場合は管理する必要もないですよね。そして空いているスケジュールで遊ぶ、ほとんどの大学生がこのようなスケジュールだと思います。このようなスケジュール管理が悪いわけありません!
しかし、そのまま就活のスケジュールを管理しようとすることは難しいです。
特に就活は日程・期限が決められていることが多く、「またやれば良いか」なんてことはありません。
そのためスケジュール管理が大切になり、管理できるようになると多くのことが変わります。
スケジュールを管理できるようになって変わることをより詳しくご紹介します。

モチベーションを維持できるようになる

スケジュール管理ができるようになって変わる1つ目のことが「モチベーションの維持」です。
スケージュール管理ができるようになると、モチベーションを維持できるようになります。一見、関係のないことに思えますが、スケジュール管理とモチベーションの維持は「=」の関係にあります。その理由は簡単で、スケジュールが管理できていない状態でモチベーションが維持できると思いますか?
思いませんよね。
自分の中でスケジュールを管理できるようになり上手にスケジュールを組めるようになって、初めて高いモチベーションを維持できるようになるのです。
「モチベーションが上がらない」「モチベーションの維持ができない」という人は、一度スケジュールの管理を見直してみてください!

エントリーシートの提出期限を忘れない

スケジュール管理ができるようになって変わる2つ目のことが「エントリーシートの提出期限を忘れない」ということです。冒頭でもお伝えしましたが、就活では日程・期限が決められていることが多く、「忘れていた」で許されません。
スケジュールの管理ができていないと、「エントリーシートの締め切りを忘れていた」「説明会の日にバイトを入れてしまった」というスケジュールトラブルが生じる可能性が高いのですが、スケジュール管理ができていることで日程・期限を守れるようになります。
そして日程・期限に向けて準備できるようになります。

計画性を持って就職活動に取り組める

スケジュール管理ができるようになって変わる3つ目のことが「計画性を持って取り組める」ということです。
スケジュールが管理できていると「目的」が明確になり、目的を達成するまでの計画を立てることができます。
反対にスケジュール管理ができずに目的が不明確だと、計画性を持った行動はできないと思います。
実は「目的を明確にする」ということと「スケジュールを管理する」ということは、「=」の関係にあるのです。
「計画性を持って就活に取り組みたい」と思っている方は、前提条件としてスケジュールを管理できるようになる必要があります。
以上3つのことが変わることで、就活は順調に進むようになります!

就活中のスケジュール管理のコツ

就活は初めて経験する人が多いと思うので、簡単にスケジュールは管理できません。しかし、センスや才能が必要になることではないため、いくつかのことを意識するとスケジュールは管理できるようになります。就活中のスケジュールのコツをいくつかご紹介します。

月間スケジュールではなく週間スケジュールにする

就活中のスケジュールは細かく管理する必要があるため、月間ではなく週間スケジュールに変更しましょう。
月間スケジュールだと「11日:エントリーシート締め切り・バイト」という管理方法になりますが、週間スケジュールにすることによって「11日10時:エントリーシート締め切り、18時:バイト」という管理方法になります。
月間スケジュールでも時間別に管理することは可能だと思いますが、週間スケジュールの方が確実に管理しやすいですし見やすいです。そのため週間スケジュールで管理するようにしましょう。

スケジュールは「作るもの」と認識する

多くの就活生がスケジュールは「入れるもの・埋まるもの」という認識があると思いますが、「作るもの」という認識が大切になります。
スケジュールは意図的に組むものであった、入るもの・埋まるものではありません。言い方を変えると、意図を持ってスケジュールを組む必要があるのです。
スケジュールは入れるもの・埋まるものという認識では、就活のスケジュールを管理することは難しいです。

自分のキャパシティを把握する

スケジュール管理する上で最も大切なことが「自分のキャパシティを把握する」ということです。
キャパシティとは取り込む能力という意味で、自分が取り込める器と考えてください。そのキャパシティを把握することで、自分にあったスケジュール管理ができるようになります。
1週間全てスケジュールが埋まっていても問題ない人もいれば、1週間で1日は休みたいと思う人もいます。自分自身のキャパシティにあったスケジュール管理ができるようになれば、モチベーションが下がることもないですし、「忘れていた」ということもなくなるでしょう。
スケジュールは「埋めれば埋めるだけ良い」というわけではありませんので、まずは自分のキャパシティを把握してください。

スケジュール管理は手帳?アプリ?

就活においてスケジュール管理が大切ということは理解していただけたと思います。そこで悩むのがスケジュールを手帳で管理するのか、アプリで管理するのかということです。
これは人それぞれ合う合わないがあるのですが、筆者は「アプリ」を強くおすすめします。
その理由は手帳よりもスマホの方が持っている時間が多いからです。
遊んでいるときに手帳を持っている方は少ないと思いますが、間違いなくスマホは持っていますよね。
そして手帳よりもスマホの方がスケジュールの変更を行いやすいですし、管理しやすいです。
手帳かアプリで悩んでいる方は、ぜひアプリを使ってみてください。

おすすめのスケジュール管理アプリ

スケジュール管理できるアプリはさまざまあるのですが、おすすめのアプリを1つだけご紹介します。
それは「Googleカレンダー」です!GoogleカレンダーはGoogleのサービスになるため、Gmailなどと連携を取ることが可能で、何より見やすいです。シンプルな構造になっていて、1日・3日・週間・月間でスケジュール表示することができて、通知機能も搭載しています。
就活生にはGoogleカレンダーがおすすめします。もちろん無料でダウンロードできるので、ぜひ使ってみてください!

スケジュールが管理できるようになれば就活は順調に進む

この記事では就活中のスケジュール管理についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?
スケジュール管理は簡単にできることではありませんが、センスや才能は必要ありません。ポイントを意識して努力をすればスケジュールは管理できるようになります。そしてスケジュールを管理できるようになれば、就活は順調に進むでしょう。スケジュール管理は就活での必須条件になるため、1日でも早く管理できるようになりましょう。

この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました