転職活動は働きながら?辞めてから?それぞれのメリットを解説

転職 働きながら 辞めてから 転職

会社に対する不満や、上司との関係性の悪化などから、転職を考えることがあると思います。

転職するには転職活動をおこなう必要があるのですが、「働きながら?辞めてから?」と悩まれる方が多いのではないでしょうか?

この記事では、働きながら転職すべきなのか、辞めてから転職すべきなのか、ということについて解説します。

それぞれのメリットや、会社にバレるリスクなどもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

転職は働きながら?辞めてから?

転職 働きながら 辞めてから

転職するときに、「働きながら?辞めてから?」と悩まれることがあると思いますが、どちらの選択肢も間違っていません

人それぞれ転職に対する価値観は異なるので、どちらが正しいということはないです。

株式会社ビズヒッツが転職経験のある男女を対象に実施したアンケートでは、
・働きながら:51%
・辞めてから:49%
という結果になっています。

この結果から分かるように、どちらの選択肢が正しいということはなく、人それぞれ最適な選択肢が異なります。

「働きながら?辞めてから?」と悩まれている方は、自分のキャリアプランや、転職に対する価値観をイメージしながら考えると、最適な選択ができると思います。

出典:「転職活動は働きながら?辞めてから?おすすめの転職活動方法もご紹介

働きながら転職するメリット

働きながら 転職 メリット

働きながら転職することには、いくつかのメリットが生じます。

下記のメリットが魅力的に感じられた場合には、働きながらの転職をおすすめします。

働きながら転職するメリットをご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

収入が途切れない

働きながら転職するということは、会社を退職しないということなので、収入が途切れないです。

収入が途切れないことで、金銭面での不安を抱えることなく、転職活動に集中できます。

また、収入が途切れないことで、周りの人に迷惑をかけることがありません

結婚している方でも、子供がいる方でも、働きながら転職することで迷惑をかけることはないです。
転職はいつ決まるか分からないので、収入が途切れないことは大きなメリットになります。

時間をかけて転職できる

上記でお伝えした「収入が途切れない」ということから、時間をかけて転職できるというメリットが挙げられます。

もし、辞めてから転職すると、金銭面の不安から「1日でも早く転職先を決めないと…」と焦る気持ちが芽生えてしまいます。

そのような気持ちが芽生えることで、転職活動に多くの時間を割くことが難しくなります。

また、「転職しない」という選択肢を自分の中で持っておくことができるので、焦る気持ちがなく、転職活動を進められます。

転職活動に多くの時間を割くことができれば、希望通りに転職できる可能性が高くなります。

職務経歴に空白ができない

働きながら転職することで、職務経歴に空白ができないというメリットがあります。

「それはメリットなの?」と思われるかもしれませんが、転職業界では「空白=無職の期間」として判断するため、「仕事復帰まで時間がかかる」「生活リズムが整っていない」という評価を受ける可能性があります。

企業の採用担当者は転職者に「即戦力で働いてほしい」と考えているので、空白ができないことは働きながら転職する1つのメリットです。

辞めてから転職するメリット

辞めてから 転職 メリット

働きながら転職するメリットをお伝えしましたが、辞めてから転職するメリットもあります。

それぞれのメリットを比較して、自分に合っている転職方法を判断することをおすすめします。

辞めてから転職するメリットをいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

転職活動に集中できる

辞めてから転職することで仕事と両立する必要がなくなるので、転職活動に集中できるというメリットが挙げられます。

転職活動に集中できることで、希望している企業から内定をもらいやすくなったり、スムーズに転職が成功したりする可能性が高くなります。

また、辞めてから転職することで、「絶対に希望する企業に転職する」と意思を固めることができ、高いモチベーションの中で転職活動を進めることが可能です。

急募求人に応募できる

転職市場では、「急募求人」というものがあります。
急募求人とは、「すぐに入社できる人のみを採用したい」という求人を指します。

辞めてから転職していると、急募求人に応募でき、採用率がグンと高くなります

働きながら転職している場合は、退職するまで最低でも2週間は必要となるので、急募求人に応募しても採用してもらえる可能性は低いです。

常に求人が掲載されていない大手企業などでは、急募求人で中途採用するケースが多いので、辞めてから転職する大きなメリットとして考えられます。

転職に向けてレベルアップできる

辞めてから転職することで、自分自身のレベルアップに時間を使えます。

例えば、転職に向けて資格の勉強をしたり、転職先の業界に関する知識を身に付けたり、社会人としてレベルアップすることが可能です。

働きながら転職する場合は、休日しか転職に時間を割けないので、自分自身のレベルアップに時間を使うことは難しくなります。

転職でキャリアアップすることを目指している方にとっては、大きなメリットです。

働きながら転職することが向いている人の特徴

働きながら 転職 向いている人 特徴

働きながら転職することには、向いている人と向いていない人がいます。

働きながら転職することが向いている人の特徴をいくつかご紹介するので、自分の選択肢を後悔しないように、下記から参考にしてみてください。

結婚している人

上記でお伝えした通り、働きながら転職することで、収入が途絶えることはないです。

そのため結婚している人は、働きながら転職することが向いています。

辞めてから転職した場合には、金銭面のことばかり不安になって、満足できる転職を成功させることが難しくなります。
パートナーに心配をかけないためにも、働きながら転職することをおすすめします。

転職難易度の高い企業への転職を希望する人

転職難易度の高い企業への転職を成功させるには、焦らずに時間をかけて転職活動を進めることが大切です。

時間をかければかけるほど転職難易度は低くなるので、転職難易度の高い企業への転職を希望している人は、働きながら転職することが向いています。

また、転職難易度の高い企業は不採用になるケースも多いので、「転職しない」という選択肢を持っておくことで心の余裕にもつながります。

不定期で求人が募集される企業への転職を希望している人も、働きながら転職することが向いています。

辞めてから転職することが向いている人の特徴

辞めてから 転職 向いている人 特徴

辞めてから転職することも、向いている人と向いていない人がいます。

辞めてから転職することが向いている方の特徴をいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

1日でも早く退職したい人

1日でも早く退職したい人は、辞めてから転職することが向いています。

1日でも早く退職したい人は在職し続けることが、ストレスになると考えられるので、辞めてから転職した方が成功率が高くなります。

また、会社を辞めてしまうことで、「早く転職先を決めて、退職したい」と転職先を決めることに焦る気持ちが芽生えません。

在職し続けることがストレスに感じている人は、辞めてから転職することをおすすめします。

両立することが苦手な人

働きながら転職する場合は、「転職活動」と「仕事」を両立しなくてはいけません。

そのため、両立することが苦手な人は、辞めてから転職することが向いています。
辞めてから転職した方が、転職活動に集中でき、希望通りに転職を成功させやすいです。

ただし、転職活動と仕事を両立することで、自分自身のレベルアップにつながります。

スケジュール管理する力や、キャパシティの拡大など、社会人としてレベルアップできる可能性があるので、苦手な人でも働きながら転職するという選択肢もあります。

働きながら転職すると会社にバレてしまう?

働きながら 転職 会社 バレる

働きながら転職することを考えている方は、「会社にバレることはない?」と気になることがあると思います。

結論からお伝えすると、高確率で会社にはバレません

転職エージェントなどを活用していても、個人情報は厳重に管理されているので、会社に転職をがバレることは考えにくいです。

ただし、いくつか注意すべき点があります。
働きながら転職していることが、会社にバレないようにする注意点をご紹介します。

社内で転職に関する話をしない

会社はすぐに噂が回るようになっているので、社内で転職に関する話をしないように注意してください。

同僚1人に転職する旨を伝えるだけで、数週間後には上司まで話が伝わっていることは多々あります。

特に、転職などの情報がすぐに伝達されやすいので、後輩や同僚などは関係なく、社内で転職に関する話をしないようにしてください。

また、「上司が嫌い」「他にやりたいことがある」など、転職を勘づかれるような発言にも注意が必要です。

社内で転職エージェントなどの担当者からの連絡を受け取らない

転職するときには、転職エージェントなどの転職支援サービスを活用することが多いです。

そのようなサービスでは、担当者が設けられるのですが、社内では担当者からの連絡は受け取らないようにしてください。

メールの内容や、電話している声が聞かれてしまう可能性があるので、社内では担当者からの連絡は無視することが大切です。

もし、急ぎの連絡だった場合は、人目のない場所を心がけることをおすすめします。

まとめ

転職 働きながら 辞めてから

この記事では、働きながら転職すべきなのか、辞めてから転職すべきなのかお伝えしました。
この記事でのポイントは以下です。

・人それぞれ最適な選択肢が異なる
・働きながら転職することで金銭面での不安がない
・働きながら転職することで焦らずに時間をかけて転職できる
・職務経歴に空白の期間が生まれない
・辞めてから転職することで転職活動に集中できる
・急募求人で採用してもらえる可能性が高い
・結婚している人は働きながらの転職がおすすめ
・1日でも早く退職したい人は辞めてからの転職がおすすめ

人それぞれ最適な選択肢が異なるので、自分のキャリアプランや転職に対する価値観を考えながら、転職方法を選択することが大切です。

また、それぞれのメリットを参考にすることをおすすめします。

自分に合っている転職方法を選ぶことが、転職成功率を高めることにつながるので、この記事をお伝えした内容を参考にして、判断してみてください。

この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
転職
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

  1. […] 転職する際は「働きながら転職する」と「辞めてから転職する」大きく2つの選択肢があります。どちらの選択肢が間違っているということはないのですが、10代の場合は働きながら転職活動をするようにしましょう。働きながら転職活動をすることで「無職」という経歴が付くことなく、金銭面的にも余裕が出ます。そして焦って転職をしなくても良くなります。焦って転職するとミスマッチを起きやすくなるため、働きながら転職するようにしましょう。働きながら転職するべき理由はこちらの記事で詳しく解説しておりますので、参考にしてみてください。 […]

  2. […] 希望通りに転職を成功させるためには、仕事を辞めないことが大切です。「転職を成功させたい」という気持ちが強い方ほど、仕事を辞めてしまいます。仕事を辞めることで転職に割ける時間は増えるのですが、焦る気持ちが出てきます。無職になっていることから「1日でも早く転職を成功させないと」という焦りが出てきて、希望通りに転職できない可能性が高まります。そのため働きながら転職活動を進めることをおすすめします。実際に転職を成功させている70%以上の方が、働きながら転職を成功させています。働きながら転職することは「転職活動は働きながらするべき?辞めるべき?」を参考にしてみてください。 […]

  3. […] 自分の希望通りに転職を成功させるには、仕事を辞めないことが大切です。「転職を成功させたい」という気持ちが強い方ほど、仕事を辞めてしまいます。仕事を辞めることで転職に割ける時間は増えるのですが、「早く転職先を決めないと…」という焦りが出てしまいます。それでは、企業とのミスマッチを起こしてしまう可能性が高くなります。そして、両立することで、「転職しない」という選択肢を持っておくことができます。転職しないという選択肢を持てることで、心に余裕がある状態で転職活動をおこなえます。実際に転職を成功させている70%以上の方が、働きながら転職を成功させています。働きながら転職することはこちらの記事を参考にしてみてください。 […]

タイトルとURLをコピーしました