10代での転職は不利?正社員へ希望通りに転職するコツを解説

転職 10代 不利 転職

近年、日本では大学を卒業して就職する人が増えていますが、高卒で就職して10代で社会人になっている方もいると思います。

10代で経験豊富な大人と一緒に働くということは、さまざまな困難があり「転職したいな…」と思っている方は多いのではないでしょうか?

ただ、10代で転職することに不安を感じて、なかなか転職に一歩踏み出せていない方が多いと思います。

この記事では、10代での転職について詳しく解説するので、参考にしてみてください。

転職市場で10代は需要が高い

転職 10代 需要 高い

10代で転職を考えているものの、一歩踏み出せていない方は「転職できるかな」「無職にならないかな」と不安に感じていると思います。

しかし、安心してください。
10代は転職市場で高い需要を誇ります

転職市場では、年齢が若ければ若いほど需要が高くなり、多くの企業が求めています。

反対に、40代以上の転職はある程度の経験や実績が必要になり、そう簡単に転職できません。

そのため10代のうちに転職に一歩踏み出すことをおすすめします。
転職したいという気持ちが少しでもある方は、転職した方が仕事もプライベートも充実するでしょう。

派遣社員・アルバイトへの転職は危険

転職市場において10代は需要が高いので、正社員として転職できます。

ただし、10代の方の周りには大学生・フリーター・派遣社員が多いため、「アルバイトでいいかな…」「正社員はもういいかな」などと、周りと一緒でいいかなと考える方が多いです。

しかし、その考え方には注意が必要です。
10代の正社員は正社員へ転職することが可能ですが、派遣社員やアルバイトから正社員へ転職することは難しくなります。

派遣社員やフリーターが悪いというわけではないのですが、正社員という肩書を放棄することは危険です。
一度放棄してしまうと、正社員へ転職することが難しくなります。

10代で転職することはおすすめなのですが、正社員への転職に限ります。

10代でも正社員へ希望通りに転職するコツ

10代 正社員 転職 コツ

10代での転職に関わらず、少しでも希望通りに転職したいと考えます。
少しでも給与が高い転職先を希望するでしょうし、勤務地も希望に近い方が良いと思います。

10代は転職市場で高い需要を誇るのですが、希望通りに転職することは簡単なことではありません。

少しでも希望通りに転職するためには、いくつかおさえておきたいコツがあります。
下記でご紹介するコツをおさえて転職活動することで、正社員へ希望通りに転職できる可能性が高まります。

転職したい理由を明確にする

10代で転職する際は、まず転職したい理由を明確するようにしましょう。
明確にする理由は大きく2つあります。

1つ目が、転職でのミスマッチを減らすためです。
例えば、転職したい理由が「職場環境が悪かった」としましょう。
その場合に転職したい理由を明確にしていないと、職場環境の悪い企業へ転職してしまいます。

そして結果的に、転職したことを後悔します。
ミスマッチを減らすためにも、転職したい理由は明確にしましょう。

2つ目の理由が、転職を成功させるためです。
10代で転職するときは面接で「なぜ、転職しようと思ったのですか?」と聞かれることが多いです。

10代で転職するということは就職して2年以内に辞めたいと思っているということになるため、人事はその質問をしてきます。

そのときにしっかりとした理由を伝えられるように、明確にしておく必要があるのです。
転職理由を伝えるときには、ネガティブではなくポジティブな理由にしましょう。

10代ということを「不利」だと思わない

上記でもお伝えした通り、10代で転職するということは、2年以内に就職した仕事を辞めているということになります。

そのことを考えると「転職で不利になる」と考えると思うのですが、その気持ちは不要です。

10代での転職は不利になると考えていると、希望通りに転職することは難しいです。
過信することはよくありませんが、自信を持つことは大切です。

「10代だから~」「社会経験が浅いから~」などと考える必要はありません。
10代でも自信を持って転職しましょう

働きながら転職活動をする

転職するときは、
・働きながら転職する
・辞めてから転職する
大きく2つの選択肢があります。

どちらの選択肢が間違っているということはないですが、10代の場合は働きながら転職活動をするようにしましょう。

働きながら転職活動をすることで「無職」という経歴が付くことなく、金銭面的にも余裕が出ます。

そして、焦って転職先を決めなくても良くなります。焦って転職先を決めると、ミスマッチを起きやすくなるため、働きながら転職するようにしてください。

働きながら転職することは「転職活動は働きながらするべき?辞めるべき?」を参考にしてみてください。

転職支援サイトを活用する

10代で正社員へ希望通りに転職するために最も大切なことが、転職支援サイトを活用することです。

転職支援サイトとは、転職サイトや転職エージェントを指します。
特に、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントを活用することで、転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを受けることができ、10代でも正社員へ希望通りに転職できる可能性が高まります。

転職支援サイトに関することは「転職サイトと転職エージェントとは?双方のメリット・デメリットを解説してみた」を参考にしてみてください。

10代で転職しておくと経験値が変わる

10代 転職 経験値

10代で転職することは、今の不満を解消するだけではありません。
10代で転職を経験している社会人は少なく、基本的には1つの職種しか経験していません。

1つの職種しか経験していないことが悪いことではないのですが、2つ、3つと若いうちに経験しておくと30代~40代になったときに社会人としての経験値が変わります

さまざまな職種・転職を経験していることで、経験豊富な社会人になるため、10代でも転職することをおすすめします。

まとめ

転職 10代 不利

この記事では10代でも積極的に転職することをおすすめしていますが、正社員以外への転職はおすすめしません

転職市場では、正社員以外の雇用形態ではなかなか希望通りに転職できません。

そのため10代で転職するときは、正社員への転職を目指しましょう。

そして、少しでも希望通りに転職できるように、上記でお伝えした内容を参考にしてみてください。

10代でも歓迎してくれる求人は多数あるので、1日でも早く転職へ一歩踏み出しましょう。



この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
転職
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました