転職で貯金は必要ない。貯金がなくても転職する方法とは?

転職 貯金 必要ない 転職

転職するときには「貯金が必要」と言われることが多く、貯金がなくて転職に一歩踏み出せていない方は多いと思います。

しかし、貯金がなくても転職を成功させることは可能です。

この記事では貯金がなくても転職を成功させる方法について解説します。

貯金がなくて転職できていない方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

働きながら転職することで貯金は必要ない

働きながら 転職 貯金 必要ない

貯金がなくて転職に一歩踏み出せていない方は、働きながら転職活動を進めてください
会社を辞めないことで収入が入り続けるので、貯金の必要はありません。
毎月1万円~2万円程度は転職活動にかかりますが、貯金が必要なほどではないと思います。そのため「貯金がなくて転職できない」と悩んでいる方は、働きながら転職するようにしてください。

実際に働きながら転職している方は多い

「働きながら転職して成功するの?」と疑問に感じている方は多いと思いますが、実際働きながら転職を成功させている方は多いです。転職を成功させている約7割の方は、働きながら転職しています。
そのため働きながら転職しても成功率が下がることはありません。
しかし働きながらですと、転職に割ける時間は少なくなるので「今すぐに転職したい」「1カ月以内に転職を成功させたい」と思っている方は、会社を辞めることが最適な選択になるかもしれません。

働きながら転職するメリット

働きながら 転職 メリット

働きながら転職することは「貯金が必要ない」ということ以外にも、メリットがあります。会社を辞めるよりもメリットが多いので、7割の方は働きながら転職していると思います。働きながら転職するメリットを3つご紹介するので、参考にしてみてください。

転職しないという選択ができる

働きながら転職することで、「転職しない」という選択ができます。
転職活動を進める中で「今の会社は待遇も給与も良いのかもしれない」「上司が退職したから今の職場でもストレスを感じないかもしれない」など気持ちが揺らぐことがあると思います。その際に会社を辞めてしまっていると、「転職する」という選択肢しか残されていません。
そのため働きながら転職することで、選択肢を1つから2つにできます。
転職は1日2日で終わるものではないので、気持ちの変化にあると思っておくことが大切です。

焦る気持ちを抑制できる

働きながら転職することで、無職にもなりませんし収入は入り続けます。
そのため焦る気持ちを抑制できます。「1日でも早く転職を成功させる」という気持ちは大切なのですが、焦る気持ちはミスマッチを起こしてしまいます。転職後に後悔しないためにも、焦る気持ちを抑えて時間をかけて転職することが大切です。

モチベーションの管理がしやすい

働きながら転職することで、モチベーションの管理がしやすくなります。
もし会社を辞めてしまうと、モチベーションの浮き沈みは転職活動によって決まります。それでは高いモチベーションを維持することは難しいです。
仕事と転職を両立するからこそ、高いモチベーションを維持しやすくなります。
不採用続きでも「仕事がある」という気持ちになれて、仕事で失敗しても「転職して成果を上げる」という気持ちになれます。
人間は1つのことでモチベーションを管理することを苦手とします。
モチベーションの要因になるものが増えれば増えるほど、管理しやすいです。

働きながら転職を成功させるコツ

働きながら 転職 成功 コツ

働きながら転職するためには仕事との両立が必要になり、単純に転職に割ける時間は少なくなります。
そんな状況でも転職を成功させるためには、いくつか抑えておきたいコツがあります。
働きながら転職を成功させるためにも、下記のコツを参考にしてみてください。

時間を効率的に使う

働きながら転職を成功させるためには、時間を効率的に使うことが大切です。
何度もお伝えしていますが、転職に割ける時間は少なくなります。
そのため通勤時間や入浴中など仕事以外の時間を効率的に使うことを意識してください。
しかし、睡眠時間を削ることはおすすめしません。睡眠時間を削ると仕事も転職も上手く行かない可能性が高まります。
睡眠時間を削ることなく、時間を効率的に使うことが大切です。

焦らずに転職活動を進める

働きながら転職を成功させるためには、焦らないことが大切です。
「転職する」と決めると、「1日でも早く転職したい」という気持ちが出てきます。
働きながら転職することで焦る気持ちは抑制できるのですが、自分自身でも意識してください。焦っても転職が成功する可能性は高まりません。
「転職先が決まらなくても、今の会社がある」という気持ちで、じっくりと時間をかけて転職するようにしましょう。

転職支援サービスを活用する

働きながら転職を成功させるためには、転職支援サービスを活用することが大切です。
転職支援サービスとは、「転職サイト」や「転職エージェント」など転職をサポートしてくれるサービスのことです。
特に転職エージェントでは、求人紹介から面接対策まで幅広くサポートしてくれるため、働きながら転職する方にはピッタリなサービスだと思います。
「自分のペースでゆっくり転職したい」と考えている方は、転職サイトの活用をおすすめします。

退職してから転職する場合は貯金が必要

退職 転職 貯金 必要

「働きながら転職することで貯金は必要ない」とお伝えしましたが、退職してから転職する場合は貯金が必要です。
退職することで収入が止まってしまうので、転職どころではなく生活することですら厳しい状況に陥ります。もし「転職だけに集中したい」という方は、退職する前に貯金をするようにしてください。

給与×3カ月分の貯金が必要

退職してから転職する場合は、給与×3カ月分の貯金が必要です。
例えば、毎月の給与が30万円の場合は90万円の貯金が必要になります。
しかし、転職先が決めるまでの期間は人それぞれです。一般的に転職先が決まるまでの期間は3カ月~6カ月と言われているため、最低でも「給与×3カ月分」の貯金が必要ということです。
もし1年間決まらない場合は、給与×1年分の貯金がないと生活することすら厳しい状況に陥ります。
ただし転職は1カ月や2カ月で決まることもあるため、給与×3カ月分という貯金額はあくまで目安にしてください。

失業手当はすぐに受け取れない

退職することで失業手当を受け取れるため「生活に問題ない」と考えられる方が多いのですが、失業手当はをすぐに受け取ることはできません
失業手当の仕組みとして、基本手当を受け取れるまでには7日間の待機期間があります。さらに転職など自己都合による退職の場合は3カ月の給付制限が設けられるので、ハローワークで手続きしてから実際に振り込まれるまでに4カ月程度かかります。
そのため失業手当を生活費に充てることができるのは、退職して4カ月後です。

転職を成功させるために貯金は必要ない

転職 貯金 必要ない

転職するためには「貯金が必要」と言われることが多いのですが、働きながら転職することで貯金は必要ないです。

また金銭的に安定するため気持ちに余裕が生まれて、転職が成功しやすくなります。

実際に転職を成功させている7割の方が会社を辞めていません。

もし貯金がなくて転職に一歩踏み出せていない方は、働きながら転職を成功させましょう。


この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
転職
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB
タイトルとURLをコピーしました