転職サイトと転職エージェントとは?双方のメリット・デメリットを解説してみた

転職サイト 転職エージェント 転職

転職を考えている多くの方が、自分の希望通りに転職したいと考えます。

希望通りに転職を成功させるには、プロの力を借りることが大切で、「転職サイト・転職エージェント」の活用を勧められた経験がある方は多いでしょう。

しかし、「転職サイト・エージェントのサービスがわからない」悩むことがあるのではないでしょうか?

この記事では転職サイト・転職エージェントのサービス内容をについて解説します。

おすすめの転職サイト・転職エージェントもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

転職サイトとは?

転職 転職サイト とは

転職サイトとは、無料で求人を検索できるサービスです。
基本的に転職サイトでは登録していない状態でも求人を検索することが可能で、登録することで求人に応募できるようになります。登録すると企業側からメールが送られてきますが、電話などで転職を急かされることはありません。
そして転職サイトには求人検索以外にも、さまざまなコンテンツが用意されています。転職で必要になる書類の書き方や転職活動の進め方などが掲載されていて、転職サイトを参考にするだけである程度の知識を付けられます。日本で有名な転職サイトは下記の通りです。

doda
リクナビNEXT
マイナビ転職
エン転職
type
イーキャリア

転職サイトは「転職しようか悩んでいる」「1年後に転職を考えている」という方におすすめです。

転職サイトのメリット

転職サイト メリット

まずは転職サイトを利用するメリットをいくつかご紹介します。
下記にてデメリットをご紹介しているので、メリットとデメリットを比較してみてください。

自分のペースで転職を進められる

転職サイトでは担当のキャリアアドバイザー(転職をサポートしてくれる人)が付かないため、自分のペースで転職活動を進められます。
「すぐに転職活動を始めたい」という方は登録した日に応募することが可能ですし、「仕事が忙しいから転職活動をストップさせる」という方は自分の意思だけで転職活動を停止させられます。
この「自由度」が転職サイトを活用するメリットです。
「誰かに管理されるのが苦手」「自分だけで転職を成功させたい」などという方は転職サイトがおすすめです。

自由に求人を検索できる

上記でもお伝えしたように転職サイトは「無料で求人を検索できるサービス」になるため、自分の好きな時間にどこからでも求人を検索できます。
サイトによって検索方法は異なるのですが、基本的にはシンプルな検索方法と詳しい条件まで調べる方法の2通りが用意されています。
転職先があまり決まっていない場合は選択肢を増やすためにも、シンプルな検索方法で良いと思います。もし転職先について詳しい部分まで決まっている場合は、詳しく調べる必要があります。

「シンプルな検索方法」

doda 検索方法 求人 転職


「詳しい条件まで調べる方法」

doda 検索機能 求人 転職


転職活動が進むにつれて詳しく求人を検索することが大切です。

転職サイトのデメリット

転職 転職サイト デメリット

転職サイトを利用するデメリットは大きく2つあります。

転職のサポートサービスがない

何度もお伝えしていますが、転職サイトは求人を検索できるサービスです。
そのため転職に関するサポートサービスがありません。
全て自分で行う必要があります。
求人検索・求人の応募・必要になる書類の作成・面接日程の調整・企業先との条件交渉など転職が終わるまでのすべてのことを自分で行います。
何度も転職したことがある方ですとサポートサービスがなくても良いと思いますが、転職未経験の場合はサポートサービスは必要になると思います。

非公開求人に応募できない

転職サイトで検索できる求人は「公開求人」と言われるものです。
サイトに公開されていることから公開求人と言われているのですが、求人には「非公開求人」というものがあります。
非公開求人とは、サイトに公開されていない求人で一般人では検索することも応募することもできません。
非公開求人の情報を知っているのは、「キャリアアドバイザー」のみです。
キャリアアドバイザーとは転職をサポートしてくれる人で、転職サイトではなく転職エージェントに存在しています。
そのため転職サイトでは非公開求人に応募することができません。
※非公開求人については下記にて説明しています!

おすすめの転職サイト

転職サイト おすすめ doda リクナビNEXT

日本には数多くの転職サイトがあります。
総合サイトから業界に特化しているサイトまでさまざまな種類があるため、おすすめの転職サイトを2つご紹介します。

doda

dodaは国内最大級の総合型転職サイトです。登録者数が550万人を超えていて、日本を代表する転職サイトと言っても過言ではありません。
そんなdodaはすべてのサービスが充実しています。
まず求人数は7万件を超えていて、大阪だけでも8,000件を超えています。
求人数だけではピンと来ないかもしれませんが、7万件以上取り扱っている転職サイトはそう多くありません。
総合型の転職サイトになるので、職種や企業規模は幅広く取り扱っています。
さらに「年収査定」「転職タイプ診断」「キャリアタイプ診断」など求人検索以外のサービスも充実しています。
そしてスマホ専用のアプリが展開されているため、利便性に長けています。
大手企業が運営しているということもあり、登録しておいて損はありません。

dodaの登録はこちらから!

リクナビNEXT

リクナビNEXTは大手人材界会社「リクルートキャリア」が運営している総合型の転職サイトです。
doda同様に業界最大級の転職サイトで、登録者数は1,000万人を超えています。
そんなリクナビNEXTはAI技術を駆使したサービスが特徴です。
取り扱っている求人数は4万8,000件(大阪府:8,000件)を超えているのですが、独自の高精度AIが登録者をトータル的に分析してくれて、ぴったりな求人を紹介してくれます。AIが紹介してくれることで、考えてもいなかった職種に出会える可能性があります。
もし希望している職種がない場合はAIの分析機能は役立つかもしれません。
さらに求人の紹介だけではなく、「グッドポイント診断」という強みを診断できるコンテンツも用意されています。
doda同様にスマホ専用のアプリが展開されているため、いつどこからでも転職活動を進められます。

転職エージェントとは?

転職 転職エージェント とは

転職エージェントとは、転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスです。具体的には求人紹介・面接対策・キャリアプランの形成・書類作成・書類添削などです。転職サイトは登録していない状態でも利用できるのですが、転職エージェントは登録が必須で、登録することで企業側から連絡がきます。
まずはオペレーターから連絡があり、担当のキャリアアドバイザーに繋いでくれます。初めてキャリアアドバイザーと面談するときは、転職したい職種・転職したい理由・希望する勤務地などについて話をします。
転職エージェントはキャリアアドバイザーが1つのサービスコンテンツになるため、診断やノウハウなどは掲載されていないことが多いです。日本で有名な転職エージェントは下記の通りです

doda
マイナビエージェント
リクナビエージェント
ビズリーチ
パソナキャリア
type転職エージェント
ワークポート

「明日にでも転職したい」「転職に対して不安な気持ちがある」という方は転職エージェントがぴったりです。

転職エージェントのメリット

転職エージェント メリット

まずは転職サイトを利用するメリットをいくつかご紹介します。
下記にてデメリットをご紹介しているので、メリットとデメリットを比較してみてください。

転職に関するサポートを受けられる

転職エージェントは転職サイトと異なり、転職に関するサポートを受けられます。希望している条件や職種を伝えるだけで希望に沿った求人を紹介してくれて、応募するうえで必要になる書類も一緒に作成・添削してくれます。
また企業先との日程調整や条件交渉もしてくれます。個人で転職活動を行うと、日程調整や条件交渉に頭を抱えます。
転職エージェントを活用するとすべてキャリアアドバイザーがサポートしてくれるため、入社するまで企業側と関わることは面接の日だけです。
その他にもキャリアプランについてアドバイスしてくれます。
転職経験がない方にとっては大きなメリットになると思います。

非公開求人に応募できる

上記で少しお伝えしましたが、転職エージェントでは「非公開求人」に応募できます。非公開求人がサイトに公開されない理由は大きく2つあります。
1つ目が手間を省いて求めている人材を獲得するためです。
企業が求めている人物像をキャリアアドバイザーに伝えてマッチしている転職者を紹介してもらうことで、企業側の負担が軽減されます。
もちろん公開求人に応募するよりも採用してもらえる可能性は高いです。
2つ目が応募が殺到するためです。
非公開求人は待遇や給与が高いことが多く、サイトに公開してしまうと応募が殺到してしまいます。応募が殺到することで企業側の負担は大きくなるため、サイトには公開しません。
この理由から非公開求人は待遇や給与が良く、採用してもらえる可能性が高いということがわかると思います。

転職エージェントのデメリット

デメリット 転職エージェント

転職サイトを利用するデメリットは大きく2つあります。

転職を急かされることがある

転職エージェントを活用するとキャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動を進めていくため、自分のペースで進めることは難しいです。キャリアアドバイザーの仕事は転職を成功させることなので、転職を急かされることがあります。
さらに「この企業がおすすめ」「この企業が向いていると思う」など求人先も特定してくる場合があります。
しつこく連絡してくるキャリアアドバイザーも存在するため、気が合わない場合はすぐに変更を申し出てください。
転職エージェントではキャリアアドバイザーを変更することが可能です。

気軽に求人を検索できない

転職エージェントでは基本的にキャリアアドバイザーからの紹介のみです。
自分で求人を検索して応募することはありません。そのため気軽に求人を検索したり、応募することができないです。
キャリアアドバイザーから紹介される求人に満足している場合は問題ないですが、なかなか満足できる求人を紹介してくれない場合はデメリットになります。
満足できる求人を紹介してもらうためには、初回の面談で非常に肝心になってきます。

おすすめの転職エージェント

おすすめ 転職エージェント doda マイナビエージェント

転職サイト同様に国内には数多くの転職エージェントがあります。
そこでおすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

doda

dodaは業界最大級の転職エージェントです。転職サイトと転職エージェントが1つになっている転職支援サイトで、上記でお伝えしたdodaと同じサービスです。
そんなdodaでは非公開求人を含めると、約10万件を取り扱っています。必然的に大阪の求人も増えることになります。
そしてdodaに在籍しているキャリアアドバイザーは各業界に精通しています。
精通していることで、質の高いサポートを受けられます。
サポートを受けられる拠点は「グランフロント(梅田)」「京都市四条通烏丸(スクエアビル)」にあります。
コロナの影響でオンラインでもサポートを受けられるため、時間がなくても問題ありません。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代から圧倒的な人気がある転職エージェントです。
実際に登録者の60%が20代で、34歳までの登録者が80%以上を占めています。
そのため取り扱っているのは20代~34歳向けの求人が多く、掲載している企業先も「若手の人材が欲しい」と思っています。20代でマイナビエージェントを活用すると、転職成功率は高まります。
取り扱っている求人は非公開求人を含めて約3万5,000件以上です。dodaに比べると少なく感じるかもしれませんが、十分すぎる求人数だと思います。
サポートを受けられる拠点は「京都四条烏丸(京都ダイヤビル)」「グランフロント(梅田)」にあります。
マイナビエージェントもオンラインでサポートを受けることが可能です。

転職サイトと転職エージェントは両方使うべき!

転職サイト 転職エージェント 併用 とは

転職サイトと転職エージェントについてお伝えしてきましたが、1つのサービスに偏る必要はなく、両方のサービスを使うことが大切です。

転職サイトにも転職エージェントにもデメリットがあるため、両方を使うことでデメリットを補うことができます。

そして、人には向き・不向きがあるので、両方を使ってみて自分にあった方を活用するのが最も効率的です。

転職サイトも転職エージェントもお金は一切かからないので、登録だけでもしてみてください。


この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
転職
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

  1. […] 転職で年収を下げないためには、転職エージェントを活用することが大切です。転職エージェントとは、無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスです。具体的なサービス内容は「求人紹介・面接対策・日程調整・条件交渉・書類添削」などで、転職後のカウンセリングサービスなども受けられます。また、転職エージェントでは、転職サイトには公開されない「非公開求人」を紹介してくれます。非公開求人は、高待遇・高収入な求人が多い傾向があるため、転職して年収をアップさせる可能性を高められます。転職者1人に対してキャリアアドバイザーが1人付くので、転職経験がない方でも安心して転職活動を進められます。転職エージェントについてはこちらの記事を参考にしてみてください。 […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました