転職未経験者でも理解できる転職の進め方と転職期間を解説

転職 進め方 未経験者 転職

転職未経験者ですと「転職したい」という気持ちがあっても、「転職の進め方が分からない」という理由からなかなか一歩踏み出せていないことが多いのではないでしょうか?

この記事では転職未経験者でも理解できるように転職の進め方を詳しくご紹介します。

一般的な転職期間や退職する時期などもご紹介しているので、是非最後まで読んでみてください。

未経験者でも理解できる転職の進め方

転職 進め方 未経験者

転職を成功させるためには、進め方を把握している状態で始めることが大切です。
進め方がわからない状態で転職活動を始めてもスムーズには進みません。転職の進め方は大きく5つのステップに分けられます。

①事前準備
②情報収集
③書類作成・求人へ応募
④面接
⑤内定・退職・入社

1つ1つ詳しくご紹介します。

①事前準備

1つ目のステップが「事前準備」です。
この事前準備を怠ってしまうと、転職が成功する可能性は低くなります。事前準備では転職でアピールできるポイントと転職したい業界・職種を決める必要があります。
転職未経験者だと「アピールできるポイントがない…」と悩まれるかもしれませんが、今までの経験や実績を振り返ると意外にもアピールポイントは見つかります。具体的な数字やエピソードを交えてアピールできると好印象を与えられます。
そして希望する業界・職種を決めるようにしてください。企業まで絞る必要はないですが、業界・職種は決めておく必要があります。同業界・同職種への転職は成功率が高まるため、その点も加味して決めるようにしましょう。

②情報収集

2つ目のステップが「情報収集」です。
情報収集とは、希望する業界・職種・企業に対する情報を集めることです。情報収集を怠ってしまうと、転職したことを後悔する可能性が高まります。求人情報だけで判断するのはなく、ホームページなどを確認しながら自分にあっているか判断しましょう。
そして効果的に情報収集するためには、転職支援サイトを利用することをおすすめします。簡単に求人を検索できて、転職に関するサポートも受けられる場合もあります。

③書類作成・求人へ応募

3つ目のステップが「書類作成・求人へ応募」です。
希望する企業が決まれば、提出が必要な履歴書や職務経歴書を作成します。履歴書や職務経歴書を作成する際には、形式を守り限られたスペースで思いの丈を伝えられるように工夫をして書くようにしてください。
人事の方が1枚1枚を熟読することは難しいため、インパクトのある書類を制作するのも1つの方法です。
そして必要な書類の作成が完了すると、求人へ応募してください。中途採用では採用人数が決められているため、スピードも肝心です。応募しても転職はしなくても良いので、気になる求人があればすぐに応募しましょう。

④面接

4つ目のステップが「面接」です。
基本的に転職活動では、1回しか面接は行われません。1回でどれだけ自分をアピールできるかが肝心になってきます。もちろん人事の方も「面接で判断する」と思われていることが多いので、しっかりと対策するようにしてください。
一般的な面接の進め方は「自己紹介→転職理由→志望動機→アピールポイント→逆質問」です。中途採用の面接で予想外の質問をされる可能性が低いため、企業にあった受け答えを練習しておくことが大切です。
そして受け答えする内容も大切ですが、身だしなみも大切になります。身だしなみは第一印象を大きく左右するため、スーツの着こなし・髪型・メイクなどには十分注意してください。

⑤内定・退職・入社

5つ目のステップが「内定・退職・入社」です。面接で好印象を与えることができれば、内定をもらうことができます。
内定をもらうことができれば、現職の会社を退職してください。内定をもらってすぐに入社することにはならないので、焦らずに円満に退職することをおすすめします。
そして入社するタイミングなどは転職先企業と決定します。

以上が一般的な転職の進め方です。

一般的な転職期間はどれぐらい?

転職 期間

一般的に転職期間は3カ月~6カ月と言われています。上記の進め方を期間で表すと下記の通りです。

①事前準備:1週間
②情報収集:1週間~2週間
③書類作成・求人へ応募:2週間~3週間
④面接:1カ月~2カ月
⑤内定・退職・入社:1カ月~3カ月

上記の転職期間を参考にして「転職スケジュール」を考えるようにしてください。
転職スケジュールを考えることで、働きながらでも転職活動を進められます。

焦って転職先を決める必要はない

一般的な転職期間をお伝えしましたが、「6カ月以内に転職を成功しなくてはいけない」という焦る気持ちは必要ありません。6カ月以上の時間をかけて転職を成功させる方は多くいます。自分の納得のいく転職先が見つかるまでは、転職活動を辞める必要はありません。「転職して良かった」と心の底から思えるように、転職には時間をかけるようにしましょう。

転職は働きながら進めるべき

転職 働きながら

「転職を成功させたい」と思っている方は、働きながら転職活動を進めてください
仕事と転職を両立する必要がありますが、働きながら転職活動を進めると「焦り気持ちを抑制できる」「無職という経歴が付かない」というメリットがあります。
2つのメリットを詳しくご紹介します。

焦る気持ちを抑制できる

働きながら転職活動を進めると、焦る気持ちを抑えられます
もし仕事を辞めてしまうと「無職」になっているため、「1日でも早く転職先を決めなくては…」と焦る気持ちが出てきます。
その気持ちは大切なのですが、転職のミスマッチを起こしてしまう可能性が高まります。
「思っていた企業ではなかった」と転職したことを後悔してしまう可能性があるため、働きながら転職活動を進めることをおすすめします。

「無職」という経歴が付かない

働きながら転職活動を進めると、「無職」という経歴が付きません。
もし仕事を辞めてしまうと、職歴に無職という期間が生まれます。無職の期間が長くなればなるほど「なんで無職の期間があるの?」と疑問に思われてしまいます。
さらに「クビになったから転職活動をしている」と判断されてしまう恐れがあります。
転職を成功させるためにも「無職」の期間は作らずに、働きながら転職活動を進めることをおすすめします。

転職の進め方を把握することでスムーズに進められる

転職 進め方 スムーズ 未経験者

転職の進め方を把握しているのか、把握していないのかでは、転職の進み具合が大きく変わります。

もちろん把握している方がスムーズに進められますし、成功する可能性も高まります。

転職期間は3カ月~6カ月と言われていますが、自分のペースで進めることが大切です。

未経験者の場合は不安に感じることが多いと思いますが、上記の進め方を参考して転職を成功させましょう。


この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
転職
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB
タイトルとURLをコピーしました