就活で内定を決めるには「身だしなみ」が大切なのか!?

就活 身だしなみ 内定 就活

就活では「身だしなみが大切」ということを聞いたことがある人は多いと思います。

しかし、内定をもらうためには「身だしなみよりも話すスキルの方が大切」と考えている人が多いのではないでしょうか?

この記事では就活での身だしなみについて解説します。

内定をもらうために大切なことや抑えておきたい項目もご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

就活で内定を勝ち取るためには「身だしなみ」が大切

就活 内定 身だしなみ 大切

就活で内定をもらうためには、話すスキルよりも身だしなみが大切です。
「それほど身だしなみって大切なの?」と疑問に感じる人が多いと思いますが、話すスキルが身に付いていても身だしなみが整っていないと内定はもらえません。
しかし、話すスキルが身に付いていなくても、身だしなみが完璧に整っていると内定はもらえます。就活で「身だしなみが大切」ということはよく言われるのですが、完璧に整っている人は滅多にいません。
そのため身だしなみが整っているだけで、内定をもらうことができます。

就活で話すスキルが必要ない理由

上記でもお伝えしたように、就活で内定をもらうために「話すスキル」は不要です。
その理由は人事からすると、全員上手に感じないからです。人事を担当している方は社会経験が豊富でレベルの高い話すスキルを身に付けています。
また、普段は社会人とコミュニケーションを取るため、レベルの高い話すスキルが当たり前という認識になっています。
そのため内定をもらうためだけに話すスキルを上達させても、高い評価を受けることはできません。
反対に「身だしなみ」は社会経験が豊富な方でも就活生でも同じレベルまで整えることが可能です。身だしなみを整えるためにセンスは必要としないため、内定をもらうためには欠かせないことになります。

身だしなみで相手に与える影響の半分以上が決まる

就活 身だしなみ 影響

社会人の間では「ノンバーバルコミュニケーション」という言葉がよく使われます。
ノンバーバルコニュニケーションとは、「視覚情報」と「聴覚情報」に分かれていて、第一印象を大きく左右するものと言われています。視覚情報は身だしなみ、視聴情報は話すスキルです。
そして視覚情報である身だしなみが相手に与える影響は55%を占めると言われています。
視聴情報である話すスキルは38%で、話の内容は7%しか影響を与えません。
これは「メラビアンの法則」というもので就活の場に置き換えると内定をもらうためには、身だしなみが最も大切ということを理解できると思います。
もちろん話すスキルも話の内容も大切なのですが、内定をもらうためには身だしなみを完璧の整えることが最善です。

身だしなみを整えるうえで大切なこと

就活 身だしなみ 大切

就活で身だしなみを整えるうえで大切なことは「清潔感」と「フレッシュさ」です。普段から清潔感とフレッシュさを意識して身だしなみを整えている人は少ないと思うので、就活の場ではより意識することが大切です。
身だしなみを整えるうえで大切になる2つのことについてさらに詳しくご紹介します。

相手を不快な気持ちにしない清潔感

身だしなみで大切になる「清潔感」では、相手を不快な気持ちにさせないという意識することが大切です。清潔感というものは人それぞれ感じ方が違うので、万人受けする清潔感を大切にしてください。
「〇〇さんは清潔に感じてくれたけど、〇〇さんは清潔に感じてくれなかった」となると、内定からは遠ざかってしまいます。
そして就活生の清潔感と人事の清潔感は違うと思うので、自分の中の常識で決めつけないようにしてください。

就活生らしいフレッシュさ

就活の身だしなみでは、就活生らしいフレッシュさがあると高い評価を受けられます。
ただし、清潔感と同じで人によって感じ方は違うので、万人受けするフレッシュさを意識することを大切です。
「就活生らしいフレッシュさ」ということは不明確なことが多いと思うのですが、些細な部分まで清潔感を意識すると自ずとフレッシュさをアピールできると思います。
そしてそもそも清潔感がないとフレッシュさをアピールすることはできないと思うので、「清潔感」と「フレッシュさ」はセットで考えるようにしてください。

就活の身だしなみで抑えておきたい項目

就活 身だしなみ 項目 内定

就活で内定をもらうためには身だしなみを整えることが大切ということは理解していただけたと思います。そこで就活で抑えておきたい身だしなみの項目を5つご紹介します。
1つでも欠けてしまうと内定からは遠ざかるため、注意してください。

1つ目の項目が「顔」です。初対面の場合は自然と顔に目が行ってしまうため、身だしなみを整えておく必要があります。
男性の場合は「ひげ」は必ず剃ってください。社会人でひげを生やしている方はいますが、就活生としてマナー違反です。
女性の場合は「ナチュラルメイク」を意識してください。派手なメイクは就活生として相応しくないため、身だしなみが整っているとは判断されません。また「ノーメイク」もマナー違反になるため、ナチュラルなメイクを意識してください。

髪型

2つ目の項目が「髪型」です。就活での髪型として絶対NGなのが「寝癖」です。
男性でも女性でも寝癖はつくと思うのですが、必ず手入れするようにしてください。
男性の場合はワックスやジュルでスタイリングすることをおすすめします。ただし「オシャレ」なスタイリングは不要で、清潔感を出すためのスタイリングを意識してください。
女性の場合は頭を下げても前髪が下りてこないようにすることが大切です。就活では頭を下げることが多いため、前髪が下りてくると身だしなみが整っているとは判断されません。

リクルートスーツ

3つ目の項目が「リクルートスーツ」です。
リクルートスーツの身だしなみとして抑えておきたいことが、サイズ感です。
サイズが小さすぎるのもマナー違反ですし、大きすぎるのもマナー違反で、自分にぴったりなサイズを着ることが大切です。
そのためリクルートスーツは早めに購入しないようにしましょう。もし極端に太ってしまったり痩せてしまった場合は、もう一度購入することをおすすめします。
そしてリクルートスーツのポケットは出していても入れていても良いのですが、統一するようにしてください。2つのポケットが統一されていないと、完璧な身だしなみとは言えません。

腕時計・靴・靴下

4つ目の項目が「腕時計・靴・靴下」です。
腕時計・靴・靴下のような小物でも身だしなみに含まれます
男性でも女性でも腕時計はシンプルなものを付けるようにしてください。派手な腕時計は就活マナーとしてNGです。
靴は黒色で汚れがないように綺麗に磨くことが大切です。男性は茶色の革靴に憧れると思いますが、就活マナーに適していないので注意してください。
そして男性は長い靴下を履くことが大切です。くるぶしまでの靴下はスーツの隙間から肌が見えてしまうため、完璧な身だしなみとは判断されません。

匂い

5つ目の項目が「匂い」です。実は匂いも身だしなみの1つとして扱われます。
匂いで抑えておきたい点は、「相手が不快にならない匂い」ということです。
タバコの匂いなどは大きく印象を下げてしまいます。また夏場になると「体臭」にも意識を向ける必要があります。
そして「香水」は人それぞれ好みが違いますし、就活の場に適していないと判断されることがあります。そのため就活に香水は付けないことをおすすめします。
就活での匂いに関することは「就活で香水はつけるべき?匂いは内定率に影響している」を参考にしてみてください!

身だしなみを整えて内定を勝ち取ろう

就活 身だしなみ 内定

就活で内定をもらうためには、話すスキルよりも身だしなみを整えることが大切です。

メラビアンの法則でもあったように、話すスキルよりも身だしなみの方が相手に与える影響は大きいですし、就活生が内定をもらうために努力をしても社会人レベルにはなれません。

上記でお伝えした「清潔感」「フレッシュさ」を意識して、5つの身だしなみを完璧の整えると内定をもらえる可能性は一気に高まります。

就活生として身だしなみを整えて、希望している企業から内定を勝ち取りましょう。

この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

  1. […] 就活の面接で欠かせないポイントは、身だしなみを整えるということです。就活生は全員リクルートスーツを着用しているため、身だしなみが整っているのか、整っていないのかをすぐに判断できます。また、身だしなみを整えることは社会人にとっては当たり前のことになるので、面接の場では厳しくチェックされているケースが多いです。身だしなみで人事に好印象を与えて、面接を通過した就活生もいるため、身だしなみは完璧の整える必要があります。就活生の身だしなみはこちらの記事を参考にしてみてください。 […]

  2. […] 就活の面接では、就活生と人事が初めて直接会うことになるケースが多いため、良い第一印象を与えることが大切です。良い第一印象を与えるには、身だしなみを整えることが大切で、身だしなみは就活マナーの1つになります。また、相手に与える影響の55%が「視覚情報」と言われていて、身だしなみで自分の印象の55%が決まります。就活の面接では、それだけ身だしなみが大切です。身だしなみは就活生でも完璧に整えることができるため、人事にマイナスな印象を与えることがないようにしてください。就活の面接での身だしなみに関しては「就活で内定を決めるには「身だしなみ」が大切なのか?!」の記事を参考にしてみてください。 […]

タイトルとURLをコピーしました