就活中は「黒髪」が基本?就活生の髪色について徹底解説!

就活
大学生の間は「校則」などがありませんので、髪色を茶色・グレー・金色などにしていることが多いと思います。在学中の髪色は自由なのですが、就活において「髪色」は1つの評価ポイントになります。
就活では、やはり「黒髪」が基本とされているのでしょうか?
この記事では就活で常識とされている髪色や染める際の注意点について解説していきます。
 

就活生は「黒髪」が常識

結論からお伝えします。就活では「黒髪」が常識とされています。
「でも、黒髪で来てくださいって書いていないよ」と思う方もいると思いますが、就活において黒髪は常識として浸透しているので、黒髪以外で面接に行くと内定をもらえる可能性は極めて低いでしょう。
ただし、黒髪なのか、茶髪なのか、わからないという髪色もあると思います。
その場合は黒髪に染めておくのが、無難でしょう。
大学生なので「オシャレしたい」という気持ちはわかりますが、就活中は我慢することをおすすめします。

特に男性は「黒髪」にする必要がある

就活では黒髪が常識とされていて、特に男性はほぼ全員黒髪です。
そのため多少の茶髪でも目立ってしまい、内定率は低くなるでしょう。
「なんで男だけ…」と思いますが、そのようなことを考えても意味がありません。
1人の大学生で就活の常識を変えることはできないので、決められた常識に沿って黒髪にしておきましょう。

女性は多少「茶髪」でも許される

男性は黒髪にする必要があるとお伝えしましたが、女性は多少の茶髪でも問題ありません。中学や高校でも女性はOKでも男性はNGということが多かったと思います。
それは就活でも同じなのです。
ただし、目立つ茶髪は女性でも良い印象を与えません。
「私の茶髪は大丈夫なのかな?」と悩んでいる人は、「レベルスケール」をチェックしましょう。レベルスケールのレベル7までは問題ないと言われています。しかし評価するのは人事の方なので、レベル7の髪色でも悪い印象を与える可能性はあります。

地毛でも染める必要はある?

就活で最も悩むことが「地毛でも染める必要はある?」ということだと思います。
もともとの髪色が茶髪だった場合でも、就活では染める必要があります。
ただし、レベル7の髪色の場合は男性でも染めなくても問題ありません。レベル8以上は地毛でも悪目立ちする髪色なので、注意が必要です。
しかし、無理に染める必要はないと思います。お金もかかりますし、生まれ持った髪色を否定することはないです。面接で説明する手間はありますが、そのままの髪色で面接に行っても良いでしょう。

面接を受ける企業によっては髪色を気にする必要はない

就活では髪色を黒にするのが常識とお伝えしましたが、面接を受ける企業によっては髪色の評価基準は変わってきます。
ただし、あくまで「黒髪」もしくは「茶髪」に限ります。グレーや金髪は100%面接に落ちるので、注意してください。
髪色の評価基準を業界別にご紹介します。
髪色の評価基準が低い業界髪色の評価基準が低い業界は「アパレル業界」や「美容業界」です。
皆さんもイメージがあると思いますが、アパレル定員さんや美容師って黒髪ではありませんよね。
そのため就活生でもある程度の髪色はマイナス評価を受けません。
具体的にはレベル8の髪色までは問題ないとされています。レベル8の髪色は「染めているな」ということが一目でわかるので、アパレル・美容業界のみにしてください。
ただし、アパレル・美容業界でも「ブランドイメージ」というものがあります。ブランドイメージによっては黒髪必須かもしれません。

髪色の評価基準が高い業界

髪色の評価基準が高い業界は「金融業界」「公務員」「福祉業界」です。
金融・公務員・福祉業界の社員は必ず黒髪だと思います。
そのため就活生でも黒髪で面接を受ける必要があります。
具体的にはレベル6の髪色がふさわしいとされています。暗めの茶髪・染めていたことがわかる黒髪でもマイナス評価を受ける場合があるので、誰が見ても「黒髪」という髪色にしましょう。

黒髪に染める上での注意点

この記事を読んで「黒髪にしよう」「黒色に染めよう」と思った方は多いと思います。
ただし、黒髪にすれば良いというものではありません。
就活でマイナス評価を受けないためには、注意点が3つあります。
注意点をおさえて、髪色を黒に染めましょう!

面接日の3日前~1週間前に染める

1つ目の注意点が「面接の3日前~1週間前に染める」ということです。
「1日でも早く黒髪にしないと…」と考える人が多いのですが、早く染めてしまうと色が抜けてしまいます。
特に明るい髪色にしていた場合は、抜けやすいです。
そのため面接日の3日前~1週間前を目安に髪色を黒にしましょう。
場合によっては綺麗に染まらないこともあるので、面接日まで染められる時間を空けておくことをおすすめします。

自分で染めるのはリスクが伴う

2つ目の注意点が「自分で染めるのはリスクが伴う」ということです。
自分で染めた方が安く染めることができるのですが、やはり「ムラ」ができてしまいます。黒に染まっているところもあれば、染まっていないところもある、これは最悪な状態です。
また、市販のカラーリング剤は美容室のカラーリング剤よりも効果に期待できません。
そのため可能であれば、美容室で黒に染めてもらいましょう。

履歴書写真と同じ髪色にする

3つ目の注意点が「履歴書写真と同じ髪色にする」ということです。
面接の前に履歴書を送っていると思うのですが、その履歴書の写真と髪色が違うと、人事の方は違和感を覚えます。「染めてきたんだな」「髪色を変えていたんだな」とバレる可能性もあります。
そのため、履歴書写真と同じ髪色にするようにしましょう。写真よりも黒すぎても明るすぎても意味がありません。
極力同じ髪色を目指しましょう!

髪色で内定率を下げるのはもったいない

この記事では就活での髪色についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?
髪色1つで内定なのか、選考落ちなのか決まります。
大袈裟かもしれませんが、必ず髪色は評価基準の1つになります。髪色1つで内定を逃すのは非常にもったいないので、髪色は「黒」にして就活に励みましょう。就活は人事の方が合否を決めます。「これぐらいで大丈夫でしょ」と自分で決めつけるのではなく、第三者がみても問題のない髪色にするようにしてください!

この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました