30代でも未経験の職種へ転職できる!未経験者でも転職しやすい業界や職種を教えます

転職 30代 未経験 転職

転職市場では年齢と職歴を重要視されるケースが多く、求人の募集要項などに「〇〇歳まで」「〇〇経験あり」など定められていることが多いです。

特に、年齢が高くなるに連れて、転職することが難しいと言われることが多く、「30代で未経験の職種へ転職することは可能なのかな?」と悩まれることがあるのではないでしょうか?

この記事では、30代で未経験の職種へ転職することについて解説します。

未経験者でも転職しやすい業界や職種もご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

30代でも未経験の職種へ転職できる

30代 未経験 職種 転職

30代で未経験の職種へ転職することは可能です。
一般的に未経験で転職できるのは「30歳まで」と言われているのですが、30代であれば、未経験でも転職できます。

実際に転職サイトなどに「職歴・年齢不問」と記載されている求人は多くあります。

ただし、30代で未経験の職種へ転職することは、簡単なことではありません。

一般的には30歳までと言われているため、30歳以上で転職するときは、難易度がグンと高くなります。
場合によっては、転職するまでに数年という時間がかかるかもしれません。

30代で未経験の職種へ転職することを考えている方は、「簡単ではない」ということを認識しておくことが大事です。

今までの実績や経験によっては30代でもスムーズに転職できる

30代で未経験の職種へ転職することは難しいとお伝えしましたが、今までの実績や経験によっては30代でもスムーズに転職できる可能性があります。

未経験ということを以上に、社会人としての魅力があれば、30代ということは関係なく採用されます。

実際に営業職から人事へ転職をしている方や、企画職からコンサルタント職へ転職を成功させている30代は多くいます。

もし、今までの実績や経験に自信がある方は、スムーズに転職を成功させられるかもしれません。

30代の未経験者で転職することが難しい理由

30代 未経験者 転職 難しい 理由

30代の未経験者で転職を成功させるには、難易度が高くなる理由を理解することが大事です。

30代の未経験者で転職することが難しい理由をいくつかご紹介します。

企業が求める人物像とかけ離れている

中途採用をおこなっている企業では、
「育成できる若手」
「即戦力で働ける経験者」
どちらかを採用したいと考えます。

人手が足りていない企業ですと、前者の人材を求めますし、設立して間もないベンチャー企業であれば、後者の人材を求めるでしょう。

転職を成功させるには、どちらかの人材になる必要があるのですが、30代で未経験の場合は両方に当てはまりません
両方に当てはまらないということは、企業が求めている人物像からかけ離れているということで、転職することが難しいと考えられます。

「両方に当てはまらないなら、転職自体できない」と思われるかもしれませんが、社会人経験のある30代であれば、未経験の職種でも即戦力として働ける可能性があります。

それは採用担当者も理解していることなので、難易度は高いですが、転職することは可能なのです。

採用するポジションに困る

中途採用をおこなっている企業は「30代の未経験者を採用するポジションに困る」と考えるため、転職することが難しいです。

20代であれば新卒同様の扱いをしても、組織に悪影響を及ぼすことは考えにくいですが、30代を新卒同様に扱ってしまうと、何らかの悪影響を及ぼす可能性があります。

反対に、未経験者を新卒とは異なる扱いをすることも難しく、企業側としては採用するポジションに困ります。
転職者側としては、「新卒と同じ扱いでも構わない」と思われるかもしれませんが、企業側からすると難しい話です。

30代の未経験者で転職を成功させるには、採用するポジションに困らない人材になる必要があります。

30代の未経験者でも転職しやすい業界・職種

30代 未経験者 転職 業界 職種

30代の未経験者で転職を成功させるには、未経験者でも採用してくれる可能性が高い業界・職種を把握することが大切です。

30代の未経験者でも転職しやすい業界・職種をいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

IT業界

近年、IT業界は市場を拡大し続けている業界で、人手不足を抱えている企業が多いです。

ここ数年で、IT業界に関する求人は増えていて、人手を求めている企業が多いため、30代の未経験者でも転職しやすい業界だと考えられます。

「特別な資格や経験が必要なのでは?」と思われるかもしれませんが、未経験者でも積極的に採用している企業は多くあります。
未経験な状態で採用して、働きながらスキルや知識を身に付けることが多いようです。

しかし、30代ということが企業にとっては懸念されるため、無知な状態では採用されないでしょう。
ある程度の業界知識を身に付けておくと、30代の未経験者でも転職は成功しやすいです。

営業職

営業職はコミュニケーション能力が重要視される職種なので、30代の未経験者でも転職しやすいです。

社会人として約10年以上働いていると、営業職として必要なコミュニケーション能力は身に付けられていて、即戦力として働ける可能性が高くなります。
また、コミュニケーション能力が必要になる「販売員」や「接客業」をしていた方は、営業職は未経験でも採用されやすいです。

そして、営業職の求人は転職市場で最も多いため、「職歴・年齢不問」という求人は多く見つかると思います。

ただし、営業職はノルマが定められている可能性があるので、注意してください。

ドライバー

タクシードライバーやトラック運転手、バス運転手などのドライバーは、車両を運転することが主な仕事内容になるので、30代の未経験者でも転職しやすいです。

また、トラック運転手は人手不足を抱えているケースが多いため、転職しやすい傾向があります。

ドライバーは職種によって必要になる免許を取得しなければいけませんが、「普通運転免許」を取得していれば、他の免許も1カ月~2カ月程度で取得できます。

企業によっては、免許に必要なお金を支給してくれるケースがあり、無料で免許を取得できる可能性もあります。

30代の未経験者が転職を成功させるポイント

30代 未経験者 転職 成功 ポイント

上記でお伝えした通り、30代の未経験者が転職を成功させることは難しいです。

そこで、30代の未経験者が転職を成功させるために、抑えておきたいポイントをいくつかご紹介します。
転職成功率を高めるためにも、下記のポイントを参考にしてみてください。

今までの実績や経験を具体的にアピールする

30代の未経験者が転職するうえで大切になるのが、「即戦力で働ける」ということを採用担当者に理解してもらうことです。

もし、即戦力で働けると判断してもらえなかった場合には、転職成功率がグンと低くなるので、今までの実績や経験を具体的にアピールすることが大切です。

例えば、営業職への転職で、販売員としての実績を具体的にアピールできると、「この人は営業職でも活躍できるかもしれない」と思われます。
採用担当者に「活躍できるかもしれない」と判断されると、転職成功率は高くなります。

30代の未経験者が転職を成功させるには、「未経験だけど、このような実績・経験あります」ということを具体的にアピールすることが大事です。

転職先で活かせる資格を取得する

未経験者が採用担当者からの信頼を得るためには、資格を取得することが大切になります。

資格は身に付いているスキルや知識を簡単に証明でき、合格できる基準が定められているため、採用担当者からの信頼が得やすいです。

資格を取得するときは、転職先で活かせる資格を取得することが大事です。
例えば、IT業界へ転職するのであれば、「ITパスポート」や「基本情報技術者」を取得できていると、採用担当者からの信頼は得やすく、転職後でも即戦力で働きやすくなります。

そして、需要の高い資格を取得するようにしてください。

1日でも早く転職活動をスタートさせる

転職市場では、年齢を重ねるごとに難易度が高くなるので、30代の未経験者が転職を成功させるには、1日でも早く転職活動をスタートさせることが大切です。

30代の中でも、30歳と35歳では難易度が全く異なります。
中途採用をおこなっている企業では、「1年でも長く働いて欲しい」と考えているため、今すぐにでも転職活動をスタートさせることをおすすめします。

転職エージェントのサポートを受ける

30代の社会人では、「転職活動に時間を割けない」という方が多いと思うので、転職エージェントでサポートを受けることが大切です。

転職エージェントでは、転職に関することを無料でサポートしてくれるため、時間を割けない方でもスムーズに転職活動を進められます。
転職エージェントでサポートしてくれる内容は下記の通りです。

・条件にあった求人の紹介
・面接の対策
・必要になる書類の添削
・応募した企業との日程調整
・転職が決まった企業との条件交渉 など

そして、転職エージェントでは、転職サイトに公開されない「非公開求人」も紹介してくれるため、転職先の選択肢を広げることができます。

大手転職エージェント「doda」の登録はこちらをクリック!

まとめ

転職 未経験 30代

この記事では30代で未経験の職種へ転職することについてお伝えしました。
この記事でのポイントは以下です。

・30代で未経験の職種へ転職することは難しい
・魅力的な社会人であれば未経験でもスムーズに転職できる
・30代の未経験者は企業が求める人物像とかけ離れている
・「IT業界・営業職・ドライバー」は30代の未経験者でも転職しやすい
・採用担当者に「即戦力で働ける」と判断してもらうことが大事
・資格を取得すると採用担当者からの信頼を得られる
・30代の未経験者が1日でも早く転職を始める

30代で未経験の職種へ転職することは難しいですが、不可能ではありません
実際に転職を成功させている人は存在します。

この記事でお伝えした内容を参考にして、30代でも未経験の職種へ転職しましょう。




この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
転職
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB
タイトルとURLをコピーしました