【Webテストの替え玉受験はバレない】自分で受験するメリットはある?

Webテスト 替え玉受験 就活

新しい就活のカタチ!企業情報からエントリーまで全てが動画で完結!就活版Netflix【JOBTV】

就活では、リクルートが開発した適性検査「SPI」が実施されることが多いです。

SPIはインターネット上で受験するWebテスト形式で実施されることがあり、「替え玉受験ってバレるの?」「替え玉受験を考えている」という方は多いのではないでしょうか。

この記事では、Webテストの替え玉受験はバレるのか、自分で受験するメリットについて詳しく解説します。

SPIは約1万3,000社が利用されている適性検査なので、就活を控えている学生はぜひ最後までご覧ください!

Webテストの替え玉受験はバレにくい

Webテスト 替え玉受験

Webテストを控えている方は、「替え玉受験はバレるのかな?」と気になると思います。結論からお伝えすると、Webテスト形式であればバレないです。

「100%、バレない」というわけではありませんが、バレないケースがほとんどになります。また、Webテストの替え玉受験は違法にならない曖昧なラインです。

試験会場での替え玉受験は「私文書偽造」という罪が成立します。

私文書偽造罪は、他人の署名を使用して事実証明等に関する文書を偽造することで問われる罪です。

SPIのWebテストでは、「著名」という行為がなく、あくまでネット上で問題を解くだけで文書を作成するわけではありません。つまり、私文書偽造罪が成立する可能性が低いです。

Webテストの替え玉受験はバレにくいですが、推奨する行為ではありません

自分で受験するメリットは下記にて、詳しくお伝えしているます!

Webテストの替え玉受験がバレない理由

Webテスト 替え玉受験 バレない

Webテストの替え玉受験が企業側にバレにくいことには、いくつか理由があります。Webテストの替え玉受験がバレない理由をいくつかご紹介します。

明確な証拠がない

替え玉受験がバレない最大の理由は、明確な証拠がないことです。その名の通り、インターネット上で受験するため、企業側が「替え玉をしている」ということを証明できません。

企業側が根拠のないことから、「君は替え玉受験をしているよね」と指摘されることは考えられないです。

替え玉受験を依頼した友人・代行サービスが企業に漏らさない限り、明確な証拠はできません!

面接で聞かれる可能性が低い

Webテストの替え玉受験がバレる理由として「面接で勘づかれる」ということがあります。しかし、面接で質問される可能性は低く、全ての就活生のテスト内容を覚えていません。

1日に何人もの就活生を面接するため、テストの点数と面接の内容に違和感を感じる可能性は低いです。

ただし、採用担当者の記憶に残るほどの高得点をとった場合、「周りよりも優れている」と判断されて、面接で勘づかれやすいです。

面接で焦ることなく受け答えできれば、採用担当者に勘づかれることもないです!

重要視している企業は少ない

企業がSPIを利用している理由は、効率よく採用活動を実施するためです。SPIを利用することで、一定以上の点数を取れている就活生だけに時間を割くことができます。

大手企業であれば数千人という就活生がエントリーするため、SPIで判断しなくては採用活動に多くの時間を費やすことになります。

つまり、企業側にとってSPIは効率よく採用活動を実施するものになり、面接選考でテストの内容を重要視している企業は少ないです。

Webテストから選考結果を決めている企業は多いですが、面接選考では重要視されないです!

Webテストを替え玉受験するには?

Webテスト 替え玉受験 方法

替え玉受験は、意外にも簡単にできてしまいます。Webテストを替え玉受験する3つの方法をご紹介するので、参考にしてみてください。

友人と一緒に受験する

何度もお伝えしている通り、Webテストはインターネット上で受験します。そのため友人と一緒に受けることが可能です。

友人と一緒に受けることは不正行為になりますが、受験しているのは自分になります。そのため「替え玉受験に該当しない」と認知していて、友人と一緒に受験している方は多いです。

一緒に受けるのは、広く知られている方法です!

友人が受験する

Webテストを替え玉受験する方法として、「友人が受験する」ということが挙げられます。自分よりも賢い友人に受験してもらうことで、通過できる可能性が高くなります。

友人と一緒に受験する方法は「グレーゾーン」かもしれませんが、友人が受験するのは「替え玉受験」に該当します。

また、Webテストが得意な大学生の中には替え玉受験でお金を稼いでいる方も存在するようです。

友人であれば問題ない」という軽い気持ちで頼んでしまう方が多いです!

Webテスト代行サービスに依頼する

Webテストを替え玉受験する最後の方法が、「代行サービスに依頼する」ということです。日本には代行サービスを提供している会社があり、ホームページまで開設されています。

代行サービスはいくつかあり、実績や金額は会社によって違います。

代行サービスは、8,000円~15,000円で依頼することが可能です。

「バレるのでは?」と思われるかもしれませんが、2009年よりサービスを提供している「Webテスト代行センター」では、企業に発覚したことはないようです。

Webテスト代行サービスを利用すると、選考を通過できる可能性が高くなります!

Webテストを自分で受験するメリットは?

Webテスト 替え玉受験

Webテストを替え玉受験する方法をお伝えしましたが、おすすめできる行為ではありません。その理由は自分で受験した方がメリットが多いからです。

そこで、Webテストを自分で受験するメリットをご紹介します。

下記のメリットを参考にし、替え玉受験するのか検討してみてください!

印象が悪くなる可能性がない

Webテストが採用担当者にバレることは考えにくいですが、「この人は、替え玉受験しているのでは?」と疑いの目で見られる可能性があります。

採用担当者に疑いの目で見られてしまうと、印象が悪くなってしまいます。しかし、自分で受験していると疑いの目で見られることはなく、印象が悪くなることもありません

就活では、採用担当者からの印象が大切になります。

替え玉受験して通過しても、採用担当者からの印象が悪くなっては意味がありません。

入社後のミスマッチを防げる

Webテストを替え玉受験することで、自分の力以上の評価を得ることになります。そのため入社後にミスマッチが生じるかもしれません。

例えば、適性検査の内容から配属する部署を決めている会社の場合は、自分の能力に合っていない部署に配属されることが考えられます。

自分で受験していれば、入社後のミスマッチを防ぐことができます。また、Webテストは採用時だけではなく、その後のキャリアにも影響を与えます。

替え玉受験し入社できても、満足した状態で働けない可能性があります、、

自信を持って面接を受けられる

Webテストの替え玉受験はバレにくいですが、「バレるのでは?」「勘づかれているかな?」など不安な気持ちで面接を受けることになります。

しかし、自分で受験していれば、不安な気持ちを抱えることなく、自信を持って面接を受けることができます。

面接時の不安は採用担当者にまで伝わってしまいます。

自信を持って面接を受けることは大切なことで、内定率を高くすることにもつながります。

社会で活躍できる可能性が高くなる

Webテストを自分で受験するメリットとして、社会で活躍できる可能性が高くなることが挙げられます。替え玉受験した人は、努力せずに選考を通過したことになります。

しかし、自分で受験した人はしっかりと努力をし選考を通過したため、よりも社会で活躍しやすいです。

一度努力を怠ってしまうと、社会人になっても努力できない人になってしまいます。

Webテストはそれほど難しいものではないので、しっかりと対策すれば通過することができます。

選考を通過することよりも、社会で活躍することを優先すべきです!

ペーパーテストにも対応できる

WebテストはSPIの一種で、企業によっては会場で試験が実施されます。

会場で試験が実施されるSPIは「ペーペーテスト」と言われるのですが、自分で受験する準備をしているとペーパーテストにも対応することが可能です。

替え玉受験を考えている方は、ペーパーテストに対応できません。

ペーパーテストを替え玉受験することは難しく、企業側にもバレやすいです。

また、企業によっては替え玉受験の防ぐために、SPIの再受験を実施することがあります。自分で受験していると、SPIの再受験でも同じ得点を取ることができ、無事に通過できます。

企業側も替え玉受験の存在は把握しているので、再受験が実施されることはよくあります!

無駄な出費を抑えられる

自分で受験する最後のメリットは、無駄な出費を抑えられることです。Webテスト代行サービスの料金は1社で8,000円~15,000円と高額なうえに、選考の通過が保証されているわけではありません。

自分で受験する場合は、1,500円~2,000円程度のSPIの対策本を買えば良いので、無駄な出費を抑えることができます。

ShokuLab公式LINEの特徴

ShokuLabでは、就活生が抱える悩みの解決・有益な情報を提供する「公式LINE」を開設しています。

就活は情報戦とも言われるほど情報が大切になり、自分の力だけで内定を目指す必要はありません。ShokuLabの公式LINEでは、登録者が内定を獲得できるように全力でサポートします。

公式LINEから情報商材・能力開発商材への誘導は一切ありません!

ShokuLab公式LINEの対応スタッフ

ShokuLabの公式LINEでは、専任の就活アドバイザーが全力でサポート。就活アドバイザーはShokuLabメディアのコラムも執筆しています。

就活アドバイザーの経歴例

  • 大学在学中にビジネススクールに入校
  • 約2年間、就職活動・ビジネスについて学ぶ
  • リーダーボジションで多くの新卒就活生を輩出
  • Shokulabライターとしてコラム執筆中

ShokuLabの公式LINEでは、他社の就活アドバイザーよりも「就活生に寄り添うこと」を大切にしています。

ShokuLab公式LINEの使い方

ShokuLab公式LINEの使い方は下記の通りです。

  1. ShokuLab公式LINEを友達追加
  2. 就活に関する悩み・疑問を相談
  3. 24時間以内に就活アドバイザーが返信
  4. 悩み・疑問解決

就活生による悩み・疑問の相談以外にも、定期的に「日本の就活生が持つQ&A」「新卒採用を募集する企業情報」「就活に活きる鮮度の高いニュース」などを発信しています。

ShokuLabの公式LINEでは、価値のある質の高い情報だけを共有します!

お悩み相談に関する内容

ShokuLabの公式LINE最大の特徴は、就活アドバイザーへの悩み相談です。就活生が抱える悩み・疑問を就活アドバイザーが24時間以内にお答えします。

悩み・疑問の解決をゴールとしているため、何度も何度もメッセージのやり取りが可能です

また、就職活動にまつわる相談・疑問だけではなく、ESの添削や将来のキャリアプラン、大学生活に関することにも対応しています。

ShokuLabの公式LINEを友達追加するだけで、いつでも気軽に相談することが可能です。

まとめ

Webテスト 替え玉受験 まとめ

この記事では、Webテストの替え玉受験について詳しくお伝えしました。替え玉受験が採用担当者にバレる可能性は低く、違法な行為にも該当しないとも言われています。

日本にはWebテスト代行サービスも存在しますが、替え玉受験はおすすめしないです。採用担当者にバレないかもしれませんが、不正行為をして内定を獲得してもメリットは少ないです。

自分で受験した方がメリットが多いので、替え玉受験することはおすすめしません。この記事でお伝えした内容を参考にし、Webテストの替え玉受験を検討してみてください。

shokulab Instagram
この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ShokuLab
タイトルとURLをコピーしました