就活ではビジネスホテルに宿泊すべき。格安の予約サイトをご紹介

就活 ビジネスホテル 宿泊 就活

地方から東京や大阪、名古屋などの企業に就職したいと考えている方は、説明会や面接がある度に、どこかに泊まる必要があります。

就活で宿泊するときには、カプセルホテルやネットカフェよりも「ビジネスホテル」がおすすめです。

しかし、ビジネスホテルの方が値段が高くなるので、「なぜ、ビジネスホテル?」と気になる方は多いのではないでしょうか?

この記事では、就活の宿泊先にビジネスホテルがおすすめの理由について解説します。

ビジネスホテルを予約するときのポイントや、格安の予約サイトなどもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

就活では「ビジネスホテル」に宿泊すべき

就活 ビジネスホテル 宿泊

就活でどこかに泊まらなければいけないときは、「ビジネスホテル」に宿泊すべきです。

「ビジネスホテル=質の割に高い」というイメージがあるかもしれませんが、ビジネスホテルは2,000円台から宿泊することが可能です。

また、近年のビジネスホテルは綺麗で値段以上のクオリティーを提供していることが多いです。

就活での宿泊先は「カプセルホテル・ネットカフェ」などが挙げられますが、それらの宿泊施設でも2,000円~3,000円は必要になり、ビジネスホテルよりさまざまな面でクオリティーが下がります。

就活で東京や大阪、名古屋などに行くときは、希望している企業の説明会や面接などがあると思うので、値段以上のクオリティーを提供している「ビジネスホテル」に宿泊すべきです。

就活でビジネスホテルをおすすめする理由

就活 ビジネスホテル おすすめ 理由

上記でお伝えした通り、就活ではビジネスホテルに宿泊すべきです。

値段以上のクオリティーを提供していること以外にも、ビジネスホテルをおすすめする理由はさまざまあります。

カプセルホテルやネットカフェと比較しながらご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

就活に集中できる環境が整っている

就活でビジネスホテルをおすすめする最大の理由は、「就活に集中できる環境が整っている」ということです。

ビジネスホテルでは、10平米~20平米の部屋を1人で使うことができるため、大きな声で自己PRの練習ができたり、面接対策をおこなうことができます。

カプセルホテルやネットカフェでは、そのような練習・対策をおこなうことは難しいです。

また、ビジネスホテルでは、部屋に洗面台が設けられているため、メイクや髪の毛を整えることが可能です。

就活では「身だしなみ」が大切と言われるため、洗面台が設けられていることは大きなメリットになります。

その他にも、
・ネット環境
・テレビ
・机・お風呂
・冷蔵庫 など
就活に集中できる環境が整えられています。

プライベート空間を確保できる

ビジネスホテルでは、1つの部屋を自分で使うことができるため、プライベート空間を確保できます。

地方から東京や大阪などに移動したときは、疲労が溜まりやすいので、プライベート空間で疲労回復させることが大切です。

また、プライベート空間があることで、長期間滞在することになっても、ストレスを抱えにくくなります

カプセルホテルやネットカフェでは、なかなかプライベート空間を確保できません。

長期間滞在になればなるほど、ビジネスホテルがおすすめです。

モーニングコールが設けられている

就活では午前中に説明会や面接が設けられることが多く、朝早くに起きなければいけないことがあります。

就活で寝坊することは許されないため、モーニングコールが設けられているビジネスホテルがおすすめです。

「スマホのアラームがあるから大丈夫」と思われるかしれませんが、地方から東京や大阪に移動したときは、自分が感じている以上に疲れている傾向があります。

疲れからスマホのアラームで起きれない可能性があるので、モーニングコールがあることで安心できます。

移動の疲れから寝坊しないためにも、ビジネスホテルがおすすめです。

就活会場の近くに宿泊できる

東京や大阪、名古屋などではさまざまな場所にビジネスホテルがあるため、説明会・面接会場の近くに宿泊することが可能です。

宿泊施設の中でもビジネスホテルが最も多く、希望している場所の近くで宿泊先を見つけられます。

カプセルホテルやネットカフェは、ビジネスホテルと比較すると、数が少ないため、就活会場から離れた場所に宿泊することになる可能性があります。

予約が埋まっている可能性も考えられるため、就活ではビジネスホテルに宿泊すべきです。

荷物の預かりサービスがある

ビジネスホテルは、ビジネスマンだけではなく、観光客もターゲットにしているため、「荷物の預かりサービス」が設けられていることが多いです。

宿泊する日であれば、チェックインの前から荷物を預かってもらうことができ、ロッカー代を削減することができます。

また、自宅から郵送した荷物を預かってもらうことも可能で、大きな荷物を持って移動する必要がありません

荷物の預かりサービスは、カプセルホテルやネットカフェには設けられていないです。

ビジネスホテルを予約するときに抑えておきたいポイント

就活 ビジネスホテル 予約 ポイント

就活でビジネスホテルを予約するときには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。

ビジネスホテルを予約したことを後悔しないためにも、下記からポイントを参考にしてみてください。

ビジネスホテルの公式サイトから予約しない

ビジネスホテルを予約するときには、「公式サイトから予約する」と思われるかもしれませんが、公式サイトからの予約はおすすめしません

基本的には、宿泊施設の予約サイトの方が安い値段で予約できます。

また、予約サイトから予約することで、ポイントが付与されたり、タイムセールが実施されていたりします。

宿泊にかかるお金を抑えるためにも、予約サイトからビジネスホテルを予約してください。

おすすめの予約サイトは下記にて解説しています。

ビジネスホテルのサービス内容を確認する

上記でお伝えした通り、東京や大阪、名古屋には数多くのビジネスホテルがあります。

ビジネスホテルによって設けられているサービス内容に多少の違いがあるので、予約するときはサービス内容を確認してください。

ビジネスホテルによっては、コインランドリーがなかったり、荷物の預かりサービスが設けられていないことがあるので、予約する前に確認することが大切です。

もし、詳しいサービス内容が記載されていない場合は、電話で問い合わせることをおすすめします。

「喫煙部屋」を予約しない

ビジネスホテルには、喫煙部屋と禁煙部屋があります。

どちらでも料金は変わらないのですが、就活で宿泊するときは、喫煙部屋を予約しないようにしてください。

喫煙する方でも、禁煙部屋を予約することが大切です。

喫煙部屋はタバコの匂いが部屋についていて、リクルートスーツやシャツなどに匂いが移ってしまう可能性が考えられます。

就活では匂いから採用担当者にマイナスな印象を与えることがあるため、ビジネスホテルを予約するときには「禁煙部屋」にすることをおすすめします。

就活での匂いに関することはこちらの記事を参考にしてみてください。

就活で香水をつけることはマナー違反?おすすめのエチケット方法を解説

事前にキャンセル料を確認しておく

説明会や面接などの日程が変更になる可能性は低いですが、万が一のときに備えて、事前にキャンセル料を確認しておくことをおすすめします。

事前にキャンセル料を確認しておくと、「いつまでにキャンセルすれば良いのか」ということを把握できます。

また、予約していたビジネスホテルよりも安いホテルを見つけたときにも、「キャンセルすべきなのか」ということを判断しやすいです。

万が一のときに備えて、キャンセル料は確認しておくべきです。

就活生におすすめ!ビジネスホテルの予約サイト

就活 ビジネスホテル 予約サイト

上記でお伝えした通り、ビジネスホテルは予約サイトから予約すべきです。

しかし、予約サイトは数多くあるので、「どのサイトが良いのかわからない」と悩まれる方が多いです。

就活生におすすめの予約サイトをいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

楽天トラベル

楽天トラベルは、大手企業である「楽天グループ」が運営している宿泊施設予約サイトです。

楽天トラベルでは、全国3万5,000以上の宿泊施設を取り扱っていて、全国各地のビジネスホテルに対応しています。

楽天トラベルには、約1,000万件以上の口コミが寄せられているため、「本当に良いビジネスホテルなのか」ということを予約前に判断することが可能です。

また、楽天トラベルでは、「楽天ポイント」が付与されて、タイムセールなども頻繁に開催されています。

楽天トラベルから、高速バスや飛行機を予約することも可能なので、就活生におすすめです。

一休.com

一休.comは、「株式会社一休」が運営している宿泊施設予約サイトです。

一休.comは高級ホテルや旅館を中心に取り扱っている予約サイトなのですが、全国4,700以上のビジネスホテルを取り扱っています

一休.comでは、一休専用のポイントと「Tポイント」を貯めることが可能で、予約する回数によってポイント付与率が高くなります。

また、一休.comはどの予約サイトよりもサイトがシンプルに作られているため、とても検索しやすいです。

ビジネスホテルの写真なども多数掲載されているため、就活生におすすめの予約サイトになります。

Yahoo!トラベル

Yahoo!トラベルは、検索エンジンを提供している「Yahoo!JAPAN」が運営している宿泊施設予約サイトです。

全国1万7,000以上の宿泊施設を取り扱っていて、1万以上のビジネスホテルを取り扱っています

Yahoo!トラベルでは、「PayPay」のポイントバック率が高く、ビジネスホテルによっては15%以上のポイントが返ってきます。

これほどのポイントバック率を誇る予約サイトは、Yahoo!トラベル以外ありません。

「Yahoo!JAPAN ID」を持っている方や、日頃からPayPayを利用している就活生には、Yahoo!トラベルがおすすめです。

まとめ

就活 ビジネスホテル 宿泊

この記事では、就活でビジネスホテルに宿泊すべき理由についてお伝えしました。
この記事でのポイントは以下です。

・ビジネスホテルには値段以上のクオリティーがある
・ビジネスホテルは就活に集中できる
・移動の疲れを回復できる
・会場の近くで探すことが可能
・ビジネスホテルは荷物を預けられる
・ビジネスホテルは公式サイトから予約しない
・禁煙部屋を予約すべき

就活でどこかに泊まらなければいけないときは、ビジネスホテルに宿泊すべきです。

カプセルホテルやネットカフェよりも少し値段は高いですが、値段以上のクオリティーを提供しています。

場所や時期によってはビジネスホテルでも2,000円台で宿泊することが可能です。

ビジネスホテルを予約するときは、
・楽天トラベル
・一休.com
・Yahoo!トラベル
を使ってみてください。

この記事でお伝えした内容を参考にして、ビジネスホテルに宿泊してみてください。


この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB
タイトルとURLをコピーしました