【就活に向けて読書する必要はない】質問に対して的確に答えるコツを解説

就活 読書 必要ない 就活

新しい就活のカタチ!企業情報からエントリーまで全てが動画で完結!就活版Netflix【JOBTV】

就活では「最近、読んだ本は何ですか?」と質問されることがあります。

面接でよくある代表的な質問でもあり、「就活に向けて読書しないと…」と悩まれる方が多いのではないでしょうか。

この記事では、就活に向けて読書する必要はあるのか、ということについて詳しく解説します。

最近、読んだ本は?」という質問に対して的確に答えるコツも併せてご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください!

就活に向けて読書は必要ない

就活 読書 必要ない

就活の面接で「最近、読んだ本は何ですか?」と質問されることは多いですが、就活に向けて読書する必要はありません

読書していなくても質問に回答することはでき、読書をしても内定率は上がらないです。

読書しない人でも、大手企業から内定をもらっています。

「この人は、日頃から読書をしているから採用しよう」と採用担当者が判断するケースはないので、わざわざ就活に向けて読書する必要はありません。

希望する企業から内定をもらうためには、読書よりもすべきことがたくさんがあります。

読書を趣味としている人は、無理に辞める必要はないです!

社会人に向けた読書は大切

就活に向けて読書する必要はないですが、社会人に向けた読書は大切です。読書からはさまざまな知識を取り入れることができ、社会人としてレベルアップできます。

読書することは、多くの成功者が推奨していることです。

社会人に向けて読書するときは、オーディオブックがおすすめです。本の内容を耳で聴く方法で、通学時間など手軽に聴くことができます。

大学生におすすめのオーディオブックは、「Amazonオーディブル」です。30日間の無料体験も設けられているので、まずは登録してみて、耳からの読書を体験してみてください。

Amazonオーディブルの詳細はこちらからご覧ください!

就活に向けて読書が必要ない理由

就活 読書 必要ない

就活に向けて読書が必要ないことには、いくつか理由があります。就活に向けた読書を検討している方は、下記の理由を参考にしてみてください。

効率が悪い

就活に向けて読書が必要ない理由として、効率の悪さが挙げられます。就活に向けて読書を検討している方は、今までに読書の経験があまりないと考えられます。

その状態で読書を始めても、1冊を読み切るまで時間がかかり、得られる情報も少ないです。期限の決められていることの多い就活の中で、効率の悪い読書を1つの質問のためにすべきではありません。

もし、大学1~2年生で就活を数年後に控えている場合は、語彙力や発想力を豊かにするために読書を始めても良いかもしれません。

就活後はそれほど時間に追われないので、読書に時間を割くことは良いです!

採用担当者の印象に残らない

就活において、読書は好印象につながることです。しかし、就活のための読書では、好印象を得られるほどのアピールをすることが難しくなります。

例えば、高校生の時から読書が趣味で1カ月で5冊を読む人と、就活のために10冊読んだ人がいたとします。この場合は、採用担当者の印象に残るのは前者です。

社会人経験豊富な採用担当者には、「本当に読書してきたのか」ということは簡単に判断されてしまうため、就活のための読書では好印象を与えられません。

本当に読書を続けている方は、間違いなく好印象を与えられます

読書よりもすべきことがある

就活に向けて読書が必要ない最後の理由として、読書よりすべきことがあります。上記でお伝えした通り、就活のために読書をしても内定率は上がりません。

もし、その時間を面接対策に充てると、就活のための読書よりかは内定率が上がります。内定率を上げるために読書よりもすべきことは下記の通りです。

  • 業界研究
  • 自己分析
  • インターン参加
  • 企業探し
  • SPI対策 など

特に、おすすめなのは、長期インターンへの参加です。長期インターンに参加することで、業界・職種について深く研究でき、就活において高い評価も得られます。

内定率を上げたいのであれば、長期インターンへの参加をおすすめします。

長期インターンに参加するメリット・デメリットはこちらの記事にて詳しくお伝えしています!

「最近、読んだ本は?」という質問に答えるコツ

就活 読書 必要ない

上記でお伝えした通り、面接では「最近、読んだ本は何ですか?」と質問されます。読書をせずに、その質問に対して的確に答えるコツを大きく2つご紹介します。

下記のコツを抑えるだけで、読書をしなくても的確に回答することが可能です。

YouTubeから情報を得る

「最近、読んだ本は何ですか?」という質問に対して、「読んでいません。」と答えることはNGです。読書せずに的確な回答をするには、YouTubeからの情報収集をおすすめします。

YouTubeには、本の要約・解説をしているチャンネルが多くあります。そのようなチャンネルから、情報を得ることで「最近、読んだ本は何ですか?」という質問に的確に答えられます。

おすすめのYouTubeチャンネルは、「中田敦彦のYouTube大学」です。中田敦彦のYouTube大学では、面白く要約・解説してくれるので、読書経験がない方でも情報を得やすくなっています。

就活生におすすめの本は下記にてお伝えしています!

本から感じたことを伝える

読書をせずに的確に回答する2つ目のコツとして、本から感じたことを伝えることです。「最近、読んだ本は何ですか?」という問いに対して、本の内容を詳しく伝える必要はありません。

その本から自分自身が感じたことや得たことを伝えることが大切です。本から感じたこと・得たことを伝えることで、採用担当者は「質問の意図を理解している」と判断します。

「私は〇〇という本を読み、~のようなことを感じました」という伝え方がおすすめです。

概要の説明を求める採用担当者もごく稀にいるので、おおよその内容は頭に入れておくようにしてください!

就活生におすすめの本3選

就活 読書 必要ない

おすすめのYouTubeチャンネルである「中田敦彦のYouTube大学」で要約・解説されてる本の中で、就活におすすめの本を3つご紹介します。

それぞれの本の特徴をご紹介するので、気になる本の要約・解説動画を確認してみてください。

嫌われる勇気

嫌われる勇気は、20世紀初頭に活躍した心理学者「アドラー」の教えをもとに記された自己啓発本です。

この本では、「自分がいまこの環境におかれているのは、過去のせいなのではなく、いま抱いている目的のせいなのだ」という考え方が紹介されています。

また、タイトルにもあるように、対人関係の悩みを乗り越える手段なども紹介されていて、自分の環境を変えるきっかけになるかもしれません。

心理学を中心に紹介されているので、自分が感じたことを伝えやすいです!

7つの習慣 人格主義の回復

7つの習慣 人格主義の回復は、世界中で最も読まれているビジネス本です。

この本では、「真の成功を果たすために必要な、世の中の仕組みに対する解釈の仕方と身につけるべき7つの習慣」が紹介されています。

大きく7つの習慣が分けられて紹介されているため、その1つをピックアップして面接で伝えることができます。

すぐに実行できるポイントも紹介されているので、実体験としても面接で伝えることが可能です!

話したくなる人 ならない人

話したくなる人 ならない人は、2020年9月に発売された本です。この本では、「話しかけやすい人になるメリットや、話しかけられない人の特徴」などが紹介されています。

話しかけられることには数多くのメリットがあり、社会人で必要な具体的なスキルを身につけることができます。

また、2020年9月に発売されたことで、この本を知らない採用担当者が多く、概要や自分が感じたことを伝えやすいです。

話しかけられやすい人になりたい方は、ぜひ読みたい1冊です!

面接のご相談はShokuLab公式LINEへ

就活 読書 必要ない

読書に対する回答以外にも、ガクチカや自己PRなどで悩まれることが多くあると思います。そのような悩みを抱えている場合は、ShokuLab公式LINEへご相談ください。

ShokuLab公式LINEでは、専任の就活アドバイザーが、就活生が抱える悩みの解決につながるアドバイスをしています。

また、悩み相談だけではなく、履歴書の添削・面接対策・就職支援サービス等の紹介にも対応しています。就活にまつわることで悩むことがあれば、ShokuLab公式LINEをご利用ください。

ShokuLab公式LINEの特徴について詳しくご紹介します!

ShokuLab公式LINEの特徴

ShokuLabでは、就活生が抱える悩みの解決・有益な情報を提供する「公式LINE」を開設しています。

就活は情報戦とも言われるほど情報が大切になり、自分の力だけで内定を目指す必要はありません。ShokuLabの公式LINEでは、登録者が内定を獲得できるように全力でサポートします。

ライターAkito
ライターAkito

公式LINEから情報商材・能力開発商材への誘導は一切ありません!

ShokuLab公式LINEの対応スタッフ

ShokuLabの公式LINEでは、専任の就活アドバイザーが全力でサポート。就活アドバイザーはShokuLabメディアのコラムも執筆しています。

就活アドバイザーの経歴例

  • 大学在学中にビジネススクールに入校
  • 約2年間、就職活動・ビジネスについて学ぶ
  • リーダーボジションで多くの新卒就活生を輩出
  • Shokulabライターとしてコラム執筆中

ShokuLabの公式LINEでは、他社の就活アドバイザーよりも「就活生に寄り添うこと」を大切にしています。

ShokuLab公式LINEの使い方

ShokuLab公式LINEの使い方は下記の通りです。

  1. ShokuLab公式LINEを友達追加
  2. 就活に関する悩み・疑問を相談
  3. 24時間以内に就活アドバイザーが返信
  4. 悩み・疑問解決

就活生による悩み・疑問の相談以外にも、定期的に「日本の就活生が持つQ&A」「新卒採用を募集する企業情報」「就活に活きる鮮度の高いニュース」などを発信しています。

ライターAkito
ライターAkito

ShokuLabの公式LINEでは、価値のある質の高い情報だけを共有します!

お悩み相談に関する内容

ShokuLabの公式LINE最大の特徴は、就活アドバイザーへの悩み相談です。就活生が抱える悩み・疑問を就活アドバイザーが24時間以内にお答えします。

悩み・疑問の解決をゴールとしているため、何度も何度もメッセージのやり取りが可能です

また、就職活動にまつわる相談・疑問だけではなく、ESの添削や将来のキャリアプラン、大学生活に関することにも対応しています。

ShokuLabの公式LINEを友達追加するだけで、いつでも気軽に相談することが可能です。

友だち追加

まとめ

就活 読書 必要ない まとめ

この記事では、就活に向けて読書は必要なのか、ということについて詳しくお伝えしました。

就活では「最近、読んだ本は何ですか?」と質問されることが多いですが、就活に向けて読書する必要はありません。就活に向けて読書は、効率が悪く、採用担当者の印象に残りません。

質問に対して的確に回答するには、YouTubeからの情報収集がおすすめです。この記事でお伝えした内容を参考にし、読書に関する質問に対して的確に回答できるようにしてみてください。

shokulab Instagram
この記事を書いた人

学生時代、大手ビジネススクールへ入校後、リーダーポジションに就任。
学生生活・就職活動・就職後に活きるスキルを身に付けるためのレッスンを受け持ち、新卒就活生を輩出。
現在は就活系ライターとして、あらゆるメディアで就職活動にまつわる情報を奇稿・発信している。
ShokLabでは、編集長としてビジネスニュースやキャリアハックについて活動中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ShokuLab

コメント

タイトルとURLをコピーしました