就活においてリュックはあり?なし?就活でリュックを避けるべき理由を考えてみた

就活 リュック あり 就活

就活では、「リクルートスーツを着用する」「髪色は黒にする」など、さまざまなマナーが定められています。

そのマナーに反していた場合は、企業の人事担当者にマイナスな印象を与えます。

そんな就活マナーの1つとして、「リュックはあり?なし?」と悩まれることがあるのではないでしょうか?

この記事では、就活でリュックがありなのか、なしなのか解説します。
就活に適しているバッグや、リュック以外に注意すべきマナーなどもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

就活でリュックはあり?なし?

就活 リュック あり

就活では、履歴書や企業のパンフレット、パソコンなど持ち物が多くなることから、「リュックはあり?」と悩まれることが多いでしょう。

結論からお伝えすると、リュックは就活に適していないです。

リュックはカジュアルな印象を与えることから、就活には適していません。

「社会人で使っている人を見たことがある」と思われたかもしれませんが、社会人のルールと就活生のルールは異なります

「社会人が利用している=就活でもあり」ということではないので、就活に適しているのか、ということをしっかりと考える必要があります。

就活に適しているのは「ビジネスバッグ」

就活に適しているのは、「ビジネスバッグ」です。

ビジネスバッグとは、ブリーフケースなどの取手が付いているバッグのことを指します。

就活のバッグで必要なのは、オシャレさではなく、清潔感やマナーになるので、黒で無地のブリーフケースが適しています。

ビジネスバッグは、ブリーフケース以外にも、「3WAYタイプ」や「トートバッグ」などが挙げられますが、就活では無難にブリーフケースが良いでしょう。

男性は「ナイロン素材」、女性は「合皮素材」がおすすめです。
ブリーフケースは社会人になっても使うことができるので、機能性や耐久性を重要視して購入してみてください。

就活でリュックを避けるべき理由

就活 リュック 避ける 理由

就活でリュックを避けるべき理由は、さまざまな考えられます。

就活生としてリュックがありではない理由を把握しておくことは大切です。

就活でリュックを避けるべき理由として考えられるものをいくつかご紹介します。

就活マナーに適していない

上記でお伝えした通り、リュックは就活マナーに適していません

カジュアルな印象を与えるリュックは、フォーマルな場になる就活にはふさわしくないです。

就活マナーに対して不満を抱くことは多いと思いますが、リュック1つで不採用になることは、もったいないので、ビジネスバッグを活用するようにしてください。

スーツが傷む

リュックはたくさんの荷物が入って、重たいものでも楽に運ぶことができるのですが、肩で背負うため、スーツが傷みやすいです。

スーツの肩の部分と腰の部分はリュックと面する箇所になり、その部分だけ糸がほつれたり、色が剥げたりします。

リクルートスーツはそれほど頑丈に作られていないので、数カ月リュックを背負っただけで、傷みが目立ってきます。
そのようなスーツは、人事担当者に良い印象を与えないので、就活でリュックは避けるべきと考えられます。

床に置くと倒れやすい

リュックを使っている方はイメージできると思いますが、リュックは自立して立たせることが難しいです。

就活ではバッグを床に置くケースが多く、自立しないリュックは見栄えがとても悪くなります。

椅子や机に立て掛けられないケースが多いので、自立できないリュックは就活で避けるべきと考えることができます。
上記でお伝えしたビジネスバッグ「ブリーフケース」は、どれだけ荷物を入れても、自立して立たせることが可能です。

大切な書類などが反ってしまう可能性がある

リュックはたくさんの荷物を入れることに向いているバッグですが、書類などの「紙」を入れることには向いてません

書類などを入れると折れ曲がってしまうことや、反ってしまう可能性が高いです。

就活では、履歴書やエントリーシードなど折れ曲がったり、反ったりしてはいけない書類が多いので、リュックは適していないと考えられます。

それに比べて、ブリーフケースは「書類を入れるバッグ」として作られているため、サイズが適している書類であれば、絶対に折れたり、反ったりすることはありません。

就活でリュックがありなシーンとは?

就活 リュック あり シーン

ここまで就活でリュックは適していないとお伝えしましたが、就活でリュックがありなシーンがあります。

下記でご紹介するシーンでは、リュックを利用しても問題ありません。
就活でリュックがありなシーンをいくつかご紹介するので、参考にしてみてください。

合同企業説明会

合同企業説明会とは、その名の通り、たくさんの企業が集まって合同でおこなう説明会です。

就活生が気になる企業の説明会だけを聞くことができ、リクナビやマイナビなどの大手人材紹介会社が開催しているイベントになります。

そんな合同企業説明会は、リュックがありです。

合同企業説明会は、就活生の自由度が高いので、カジュアルな印象を与えるリュックでも問題ありません。

また、合同企業説明会に参加している企業は、「1人でも多くの就活生に自社を知ってもらいたい」という目的があるので、就活生のバッグはあまり気にしていないです。

OB訪問

OB訪問とは、働く社会人を訪問して、その企業の情報や職場の雰囲気、働き方などについて話を聞くことです。

OB訪問をすることで、その企業の内情を知ることができ、就活生の半分以上がおこなっていると言われています。

そんなOB訪問は、リュックがありです。
企業の人事担当者に会うわけではありませんし、自分をアピールするシーンでもないので、リュックでも問題ありません。

ただし、服装はリクルートスーツを着用してください。
リュックがありなら、服装も自由」という考え方には注意が必要です。

服装に関する縛りがない業界

就活では服装に関する縛りがない業界があり、そのような業界ではリュックがありです。
服装に関する縛りがない業界は下記の通りです。

・アパレル業界
・美容業界
・マスコミ業界
・IT業界

これらの業界は服装に重きを置いていないため、リュックでもマイナスな印象を与えることはありません。

また、上記の業界以外でも、「私服で来てください」と指定された企業では、ビジネスバッグにこだわらず、リュックでも大丈夫です。

ただし、大手企業になればなるほど、服装に重きを置くので、しっかりと企業に関する情報を調べてから、リュックでも問題ないのか判断するようにしてください。

就活に向けてリュックを購入するときに抑えておきたいポイント

就活 リュック 購入 ポイント

合同企業説明会やOB訪問のときには、たくさん荷物が入るリュックが活躍します。

また、大学やカフェで就活に関することをするときは、リュックがあった方が楽に持ち運びができます。

就活に向けてリュックを購入するときに、抑えておきたいポイントをご紹介します。
リュックを購入したことを後悔しないためにも、下記のポイント参考にしてみてください。

15Lの容量があるリュックを選ぶ

就活ではパソコンや書類、書籍など多くの荷物を持ち運ぶので、リュックの容量を意識することが大切です。
容量とは、リュックに入る量を指します。

就活に向けてリュックを購入するときは、15L以上を選ぶことをおすすめします。
15L以上の容量があれば、就活で困ることはないと思います。

容量が30L以上になるとリュック自体が大きくなり、持ち運びに困るので、大きくても30L以下のものを選ぶようにしてください。

そして、パソコン専用の収納が備わっているものであれば、パソコンを安全に持ち運ぶことが可能です。

防水などの機能性を重要視する

就活に天候は関係ないので、撥水や防水などの機能が備わっているリュックを選ぶことが大切になります。

就活で必要になるエントリーシートや履歴書が濡れると、大きなトラブルに発展してしまう可能性があるので、機能性に長けているリュックがおすすめです。

リュックには、防水・撥水・耐水の3種類の機能が分けられるため、自分の用途にぴったりな機能を選ぶようにしてください。

黒や紺など色を選ぶ

リュックがありなシーンでも、「就活」ということに変わりはないので、派手な色は避けるようにしてください。

リクルートスーツに合わせることを考えても、リュックの色は黒や紺など、暗めな色を選ぶことが大切です。

また、奇抜な形をしているリュックなどは就活には適していないため、シンプルな作りで暗めな色を選ぶようにしてください。

リュック以外に身だしなみで注意すべき点

身だしなみ 注意すべき点 就活

就活の身だしなみで注意すべきことは、リュックだけではありません。

リュック以外にも身だしなみで注意すべきことはさまざまあるので、最低限抑えておきたい身だしなみをいくつかご紹介します。

身だしなみは就活で大切な項目になるので、下記の注意点を参考にしてみてください。

サイズ感の合っているスーツを着る

就活生は全員「リクルートスーツ」を着ることがマナーになっています。

その中で人事担当者に好印象を与えるには、サイズ感の合っているリクルートスーツを着ることが大切です。

少しでも大きかったり、小さかったりすると、「身だしなみが整っていない」と判断される可能性があり、マイナスな印象を与えてしまいます。

体型が変化して、リクルートスーツのサイズ感が合っていない人は、購入し直すことをおすすめします。
「これぐらいなら、大丈夫だろう」という安易な考え方が、不採用につながるので、注意してください。

そして、サイズ感が合っていない人は、レンタルスーツを考えると思いますが、レンタルサービスは購入するよりも損をしてしまう可能性が高いです。

1カ月以上、就活する場合は、新しいスーツを購入することをおすすめします。

レンタルスーツに関する内容はこちらの記事を参考にしてみてください。

髪の毛を整える

就活の身だしなみとして重要視されていることが、「髪型」です。

面接は就活生と人事担当者が初めて会う機会になり、容姿から第一印象が左右される傾向があるので、髪型はしっかりと整えることが大切になります。

男性は、ワックスやジュルでスタイリングをして、おでこが見えるようにしてください。
オシャレなスタイリングを意識するのではなく、清潔感を意識することが大切です。

そして、女性は頭を下げても前髪が下りてこないように整えてください。
就活では頭を下げることが多いため、前髪が下りてくると身だしなみが整っているとは判断されません。

就活の髪型についてこちらの記事を参考にしてみてください。

腕時計を着け忘れない

就活生が忘れてしまいがちなのが、腕時計を着けることです。

就活において腕時計は着けることがマナーとされていて、付けていないことで人事担当者にマイナスな印象を与えてしまうことがあります。

一般的には、ステンレス素材のシルバーの腕時計や、革素材のシンプルな腕時計を着けることがマナーになっていますが、Apple Watchなどのスマートウォッチを着けても問題ありません
Apple Watchなどのスマートウォッチでも良いので、着け忘れることがないように注意してください。

就活でApple Watchを着けるときはこちらの記事を参考にしてみてください。

まとめ

就活 リュック あり

この記事では就活でリュックがありなのかお伝えしました。
この記事でのポイントは以下です。

・就活でリュックは適していない
・就活ではブリーフケースを利用すべき
・リュックはスーツを傷める可能性が高い
・リュックだと大切な書類が折れたりする
・合同企業説明会やOB訪問はリュックがあり
・就活で利用する場合は容量と機能性を重視すべき
・就活ではリュック以外にも注意すべきことがある

就活で「リュックはあり?なし?」と悩まれることあると思いますが、就活においてリュックは適していないです。
取手の付いているビジネスバッグを利用することが就活マナーになります。

また、リュックはリクルートスーツが傷んだり、大切な書類が反ったりする可能性がありので、就活にはあまり向いていないバッグです。

ただし、リュックはたくさんの荷物が入るので、合同企業説明会やOB訪問のときには、利用することをおすすめします。

この記事でお伝えした内容を参考にして、就活マナーに適したバッグを利用するようにしてください。


この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました