記事内に広告が含まれています。

【就活で好印象につながるエピソードの話し方】簡単にできるコツを解説

就活 エピソード 話し方 就活

新しい就活のカタチ!企業情報からエントリーまで全てが動画で完結!就活版Netflix【JOBTV】

就活で内定をもらうには、面接選考で良い印象を与えることが大切です。特に、面接で話すエピソードによって採用担当者が抱く印象は大きく変わります。

その中で「好印象につながるエピソードの話し方を知りたい」と悩まれることがあるのではないでしょうか。

この記事では、就活で話すことの多いエピソードトークから好印象を与える方法について解説します。

採用担当者に伝わりやすいエピソードを作るコツも併せてご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください!

就活で好印象を与えるには話し方が大切

就活 エピソード 話し方

就活で話すことの多いエピソードから好印象を与えるには「話し方」が大切です。エピソードの内容も大切になりますが、言語情報(内容)は人間に7%の影響しか与えません。

話し方の部分に該当する「聴覚情報」からは38%の影響を与えます。つまり、エピソードの内容よりも話し方に注力することが大切です。

メラビアンの法則では、視覚・聴覚・言語情報の3つに分けられています。

また、就活生によってエピソードの内容は異なりますが、話している言葉は全員が「日本語」です。そのため話し方が上手なのか、下手なのかということを判断しやすくなっています。

就活で好印象につながるエピソードの話し方は下記にてお伝えしています!

身だしなみも大切になる

人間が最も影響を受ける情報が、視覚情報です。視覚情報とは、自分の目で見て得る情報を指し、就活においては「身だしなみ」が該当します。

そのため就活で好印象を与えるには、身だしなみを整えることが大切です。話し方も大切ですが、身だしなみが整っていなければ、好印象を与えることが難しいと考えられます。

就活では、全員がリクルートスーツを着用するため、リクルートスーツの着こなしには重要視することが大切です。

リクルートスーツから好印象を与える方法は、こちらの記事で詳しく解説しています!

就活で好印象につながるエピソードの話し方

就活 エピソード 話し方

採用担当者に好印象を与えるには、まず「話し方」に注力することが大切です。就活の面接で話すことの多いエピソードの話し方で大切なポイントをいくつかご紹介します。

ガクチカや自己PRでも今までのエピソードを話すので、ぜひ参考にしてみてください。

語尾を言い切る

面接でエピソードを話すときに、「~と思います」「~だったと記憶しています」という語尾で締める方は多いです。

しかし、自分のエピソードであるにも関わらず、「~と思います」などという曖昧な話し方は、採用担当者に好まれません。事実を伝えているので、「~です」と語尾を言い切るようにしてください。

面接では自分をアピールする場なので、謙遜している話し方はおすすめしないです。

「多分・~だった気がする」などの曖昧な表現も面接ではおすすめしないです!

間を大切にする

就活の面接で質問される内容はある程度推測でき、事前に話すエピソードを準備することがあると思います。事前準備は良いことですが、早口になってしまうことが多いです。

そのため準備したエピソードを話すときは、間を大切にしてください。

間を使う話し方は、企業のプレゼン映像やお笑い芸人のエピソードトークを参考にすると良いです。

また、間のある話し方をすることで、自分自身に余裕を持てます。緊張を緩和し、自分の言葉を噛み締めながら話すことができ、相手の反応を見ることも可能です。

間を使って話すことは少し難易度が高いので、事前に練習するようにしてください!

結論ファーストを心がける

面接で好印象を与えるエピソードの話し方として、結論ファーストが挙げられます。結論ファーストとは、質問に対する結論を初めに伝えることです。

例えば、「学生時代に頑張ったことは何ですか?」という質問に対して、「宅建の取得です。私は宅建を~」と話します。

「私は社会人に向けて、何をすべきかを考えて~」など、エピソードの部分から話すことはNGです。

結論ファーストは、面接だけではなく、社会人になっても大切なことです。

特に、話すことが仕事になる「営業職・販売職」などでは、結論ファーストの話し方を確認されます。

結論ファーストを心がけることで、話もまとめやすくなります!

大きな声で表情を豊かに話す

エピソードの話し方から好印象を与えるには、基礎的な部分を抑えることが大切です。基礎的な部分とは、大きな声で表情豊かに話すことになります。

特に、大切なことが表情豊かに話すことです。事前に準備したエピソードを話すときは、顔が強張ってしまう方が多くなります。

だからこそ、表情豊かに話すことを意識することが大切です。すぐに実践できる話し方ではないので、面接までに習得できるように、練習するようにしてください。

面接対策はキャリアパーク就職エージェントへ

キャリセン就活エージェント

好印象につながるエピソードの話し方を習得したい方は、キャリアパーク就職エージェントの利用をおすすめします。

キャリアパーク就職エージェントは、プロの就活アドバイザーが内定獲得までサポートしてくれるサービスです。

今までに2万人以上の学生が登録しています。

キャリアパーク就職エージェントでは、「内定」をゴールとしているため、企業紹介だけではなく丁寧に面接対策のサポートをしてくれます。

もちろん、面接対策以外にも、ESの添削や企業選びのアドバイスを受けることも可能です。

就活を1人で乗り切る必要はないので、キャリアパーク就職エージェントでサポートを受けることをおすすめします。

キャリアパーク就職エージェントは、オンラインによるサポートにも対応しています!

キャリアパーク就職エージェントへの無料会員登録はこちら!

伝わりやすいエピソードを作るコツ

就活 エピソード 話し方

エピソードは話し方も大切になりますが、内容の部分を意識することも大切です。そこで、採用担当者に伝わりやすいエピソードを作るコツをご紹介します。

明日からでも意識できるコツをご紹介するので、すぐに実践してみることをおすすめします。

成功体験のあるエピソードを選ぶ

まず、就活の面接で話すエピソードは成功体験のあるものが良いです。

成功体験とは、物事を目的通りに成し遂げることを指します。

つまり、目標達成したエピソードが好ましいということです。

例えば、「学生時代に頑張ったことは何ですか?」という質問に対しては、「〇〇という資格を取得した」「サッカー部でレギュラーになった」などの成功体験が必要です。

仮に、「資格の勉強を頑張りましたが、落ちてしまいました。」というエピソードは、結果的に印象が悪くなってしまいます。

就活の面接で質問されることはある程度推測できるので、質問に対する成功体験を事前に考えておくことをおすすめします。

成功体験が思いつかいない場合は、その経験から成長した点に焦点を当てるようにしてください!

数字を入れる

伝わりやすいエピソードを作るには、数字を入れることが大切です。エピソードにまつわる具体的な数字を入れることで、採用担当者がイメージしやすくなります。

例えば、「資格取得に向けて勉強したい」「資格取得に向けて毎日2時間勉強した」の2通りの話し方があります。この場合は、多くの方が後者の話し方を選ぶと思います。

具体的な数字を入れることで、一気に内容がイメージできます。

また、エピソードにまつわる感情・想いを入れることも大切です。感情・想いを入れることで、唯一無二のエピソードを作ることができます。

唯一無二のエピソードは採用担当者の印象に残りやすくなり、好印象につながりやすいです。

数字を入れることは、面接全体で意識すべきことです!

興味の引ける内容を意識する

採用担当者に伝えるためには、内容から興味を引くことが大切になります。そのため採用担当者の興味を引ける内容を意識してみてください。

簡単に興味を引く具体的な方法が、珍しい内容を意識することです。

例えば、「高校野球の地方大会で優勝しました」「フェンシングの地方大会で優勝しました」という2つのエピソードでは、フェンシングの方が興味を引けます。

人口規模や知名度を考えると、高校野球の方がすごいかもしれませんが、「また、野球か」と思われる可能性が高いです。

ただし、話せるエピソードは限られていると思うので、興味の引けるワードチョイスや伝え方を意識するようにしてください。

就活のご相談はShokuLab公式LINEへ

就活 エピソード 話し方

就活は人生で初めて行うことになるので、分からない点や悩まれることが多いと思います。そのような悩み・疑問を抱えている方は、気軽にShokuLab公式LINEへご相談ください。

ShokuLab公式LINEでは、専任の就活アドバイザーが丁寧にサポートしています。また、登録者に合った就職支援サービス等の紹介も行っています。

就活で悩まれることがある方は、ぜひShokuLab公式LINEを登録してみてください。

ShokuLab公式LINEの特徴について詳しくご紹介します!

ShokuLab公式LINEの特徴

ShokuLabでは、就活生が抱える悩みの解決・有益な情報を提供する「公式LINE」を開設しています。

就活は情報戦とも言われるほど情報が大切になり、自分の力だけで内定を目指す必要はありません。ShokuLabの公式LINEでは、登録者が内定を獲得できるように全力でサポートします。

ライターAkito
ライターAkito

公式LINEから情報商材・能力開発商材への誘導は一切ありません!

ShokuLab公式LINEの対応スタッフ

ShokuLabの公式LINEでは、専任の就活アドバイザーが全力でサポート。就活アドバイザーはShokuLabメディアのコラムも執筆しています。

就活アドバイザーの経歴例

  • 大学在学中にビジネススクールに入校
  • 約2年間、就職活動・ビジネスについて学ぶ
  • リーダーボジションで多くの新卒就活生を輩出
  • Shokulabライターとしてコラム執筆中

ShokuLabの公式LINEでは、他社の就活アドバイザーよりも「就活生に寄り添うこと」を大切にしています。

ShokuLab公式LINEの使い方

ShokuLab公式LINEの使い方は下記の通りです。

  1. ShokuLab公式LINEを友達追加
  2. 就活に関する悩み・疑問を相談
  3. 24時間以内に就活アドバイザーが返信
  4. 悩み・疑問解決

就活生による悩み・疑問の相談以外にも、定期的に「日本の就活生が持つQ&A」「新卒採用を募集する企業情報」「就活に活きる鮮度の高いニュース」などを発信しています。

ライターAkito
ライターAkito

ShokuLabの公式LINEでは、価値のある質の高い情報だけを共有します!

お悩み相談に関する内容

ShokuLabの公式LINE最大の特徴は、就活アドバイザーへの悩み相談です。就活生が抱える悩み・疑問を就活アドバイザーが24時間以内にお答えします。

悩み・疑問の解決をゴールとしているため、何度も何度もメッセージのやり取りが可能です

また、就職活動にまつわる相談・疑問だけではなく、ESの添削や将来のキャリアプラン、大学生活に関することにも対応しています。

ShokuLabの公式LINEを友達追加するだけで、いつでも気軽に相談することが可能です。

友だち追加

まとめ

就活 エピソード 話し方 まとめ

この記事では、好印象につながるエピソードの話し方についてお伝えしました。就活の面接では、今までのエピソードを話すことが多々あります。

その中で好印象を与えるには、内容よりも「話し方」に注力することが大切です。人間は言語情報よりも聴覚情報を受け取りやすいので、まずは話し方を工夫することをおすすめします。

この記事でお伝えした内容を参考にし、面接で好印象につながるエピソードの話し方を習得してみてください。

shokulab Instagram
この記事を書いた人

学生時代、大手ビジネススクールへ入校後、リーダーポジションに就任。
学生生活・就職活動・就職後に活きるスキルを身に付けるためのレッスンを受け持ち、新卒就活生を輩出。
現在は就活系ライターとして、あらゆるメディアで就職活動にまつわる情報を奇稿・発信している。
ShokLabでは、編集長としてビジネスニュースやキャリアハックについて活動中。

ShokuLabのSNSをチェック
就活
ShokuLabのSNSをチェック
ShokuLab

コメント

タイトルとURLをコピーしました