就活で資格は必要ない。企業は伸び代のある就活生を求めている

就活 資格 必要ない 就活

自分のスキルを簡単に証明できるものとして「資格」があり、取得していることで就活が有利に働くと言われることが多いです。

しかし、資格を取得していない就活生でも大手企業や希望している企業から内定をもらっています。

では、本当に就活で資格は必要なのでしょうか?

この記事では就活で資格が必要なのか解説します。

企業が求めている就活生や求めている就活生になるためのポイントもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

就活で資格は必要ない

就活 資格 必要ない

就活では「資格を取得していると有利に働く」と言われることが多いのですが、就活で資格は必要ないです。
その理由はさまざまあるのですが、最も考えられる理由は資格を取得していなくても内定をもらえている就活生は大勢いるからです。
実際に周りに資格を取得していない状態で、希望している企業から内定をもらっている人はいると思います。
反対に資格を取得していても、内定をもらえていない人も大勢います。
そのため「資格を取得している有利」「取得していないと不利」ということは考えにくく、無理に資格を取得する必要はないです。

資格を有する職業の場合は例外

就活に資格は必要ないのですが、資格を有する職業は例外です。
例えば、運転免許を持っていない人がドライバーを募集している企業から内定をもらうことはできないと思います。ドライバーを募集している企業以外にも資格を有する職業はさまざまあり、そのような職業は例外です。
資格を有する職業を目指している方は、まずは資格を取得することに注力する必要があります。そして資格を有する職業の場合は、資格を取得していると高確率で内定をもらえます。その資格難易度が高ければ高いほど、確率は高まります。

資格を取得していると給与がアップすることはある

職種によって資格を取得していることで給与がアップすることがあります。
例えば、不動産会社に勤めている人は「宅建」を取得していると給与がアップします。このような手当ては「資格手当」と言われて、宅建以外にも該当する資格は存在します。
そのため内定をもらってから資格手当を目的に資格を取得することは良いと思います。
ただし、内定をもらう前から資格に関する勉強していると、内定をもらえる可能性が下がってしまいます。内定がもらえるまでは就活に集中することをおすすめします。

就活で資格が必要ない理由

就活 資格 必要ない 理由

就活で資格が必要ない理由は、
「企業が求めていない」
「学生の間に取得する必要がない」
「本当に必要な資格が判断できない」
という3つ挙げられます。
就活で資格が必要ない3つの理由について詳しくご紹介します。

企業は即戦力の人材を求めていない

企業側が就活生に求めているのは、即戦力で活躍できる人材ではありません
即戦力で活躍できる人材を求めている場合は、中途で採用します。
資格は自分のスキルを証明するものになるため、就活でアピールしても人事には響かないことがほとんどです。人事に響かないものをアピールしても内定率が高まりません。
そのため就活で資格は必要ないのです。
就活生に即戦力の人材を求めている企業はないと言っても過言ではありません。

社会人になっても資格は取得できる

資格は社会人になっても取得することが可能です。もちろん大学生の間でも取得することが可能なのですが、大学生には大学生の間にしかできないことがあります。
そのため無理に大学生の間で資格を取得する必要はないです。社会人になってからでも効率よく時間を使えば、資格は取得できます。

学生の間では必要な資格がわからない

大学の就活担当者などには「この職業には〇〇資格が役立つ」などと言われることが多いと思います。
しかし、実際に働いてみないと必要な資格はわかりません
一般的には必要と言われる資格でも自分には必要のない資格かもしれません。
そのため就活生で資格を取得することは、資格が無駄になる可能性が高いです。
社会人になってから本当に必要と感じる資格を取得することをおすすめします。

企業が求めている就活生とは?

企業 就活生 求める

企業は即戦力の人材ではなく、「伸び代」がある学生を求めています。
実際に入社して3年間は成績に期待していない企業が多いです。就活では3年後に成績を上げられる学生を探していて、面接や自己PRで伸び代を伝えられることができれば内定はもらえます。
しかし、企業が就活だけで伸び代のある学生なのか判断することは難しいです。
そのため学生から人事に「伸び代」があることを伝える必要があります。

伸び代のある学生と思ってもらうためのポイント

就活 伸び代 ポイント

企業に伸び代のある学生と判断してもらうことができれば、内定率は高まります。
伸び代のある学生と判断してもらうためには
「社会人になることに前向き」
「学生時代に何か目標を達成している」
「素直に努力できる」
という3つのポイントを抑える必要があります。3つのポイントについて詳しくご紹介します。

社会人になることに対して前向き

伸び代のある学生と判断してもらうためには、前提条件として社会人になることに対して前向きな気持ちである必要があります。
もし「社会人になりたくない」という後ろ向きな気持ちがあると、自然と人事に伝わります。社会人になりたくないと思っている学生に伸び代は感じないと思います。
そのため前提条件として、社会人になりたいと思う前向きな気持ちが大切です。

学生時代に何か目標を達成している

学生時代に何か目標を達成している場合は、伸び代があると判断されやすいです。
その理由は目標を達成できる力があるからです。達成したことが小さくても大きくても、達成したことには変わりありません。
もし就活で目標を達成した経験を伝えられないと、伸び代のある学生とは判断されにくいです。言い方を変えると、判断できないです。伸び代のある学生と判断してもらう材料として、小さくても目標を達成した経験を伝えることが大切です。

素直に努力できる

伸び代のある学生と判断してもらうためには、素直に努力できることをアピールする必要があります。
その理由は、ほとんどの企業が自社の育成能力に自信があるからです。
育成能力の自信があるため、素直に努力できる学生は企業が理想としている人材に育て上げることができます。
もし就活生の中ではスキルがあっても素直に努力できなければ、企業が理想としている人材には育ちません。それは企業が求めていない人材になるということです。
そのため伸び代があると判断してもらうためには、素直に努力できることを伝えることが大切になります。素直さが伝わるエピソードや目標を達成した努力の過程を伝えられれば、内定率はグンと高まると思います。

資格がなくても希望している企業から内定をもらえる

就活 資格 必要ない

就活では「資格を取得していると有利」と言われることが多いのですが、資格は必要ないです。

企業は即戦力で働ける人材を求めていないため、資格がなくても希望している企業から内定はもらえます。

内定をもらうために大切なことは「伸び代のある学生」と思ってもらうことです。

伸び代のある学生と思ってもらうことができれば、内定率はグンと高くなります。





この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB
タイトルとURLをコピーしました