就活では新聞を読むべき!新聞は多くの情報を得られる

就活 新聞 読むべき 就活

就活の面接では、経済・政界・教育などさまざまなジャンルの質問をされる可能性があります。

また、希望している業界・企業の動向を確認することが大切なので、就活では新聞を読むべきです。

この記事では、就活で新聞を読むべき理由と、おすすめの電子版アプリについて解説します。

就活のために新聞を読むときのポイントなどもご紹介しているので、就活生はぜひ最後までご覧ください。

新聞を読むことに前向きな就活生は少ないと思いますが、新聞を読んでマイナスなことはありません。
就活において新聞を読むことはメリットしかないです!
周りの就活生と差をつけるためにも、新聞を読むことをおすすめします。

就活では新聞を読むべき

就活 新聞 読むべき

就活の準備としても就活が始まっても、新聞は読むべきです。

就活のために新聞を読むことはとても大切で、日常生活では得られない情報を得ることができます。

また、業界の動向や経済の流れを簡単に把握でき、就活で役立たせることが可能です。

また、就活生は毎日新聞を読むことが大切になります。

今日は読むけど、明日は読まない」となると、業界の動向や経済の流れが把握しづらくなると考えられます。

希望している企業からスムーズに内定をもらいたい就活生は、毎日新聞を読むようにしてください。

就活で新聞を読むべき理由

就活 新聞 読むべき 理由

就活のために新聞を読もうと考えている方は、「なぜ、新聞を読むべきなのか」ということを理解することが大切です。

就活のために新聞を読むべき理由を理解することで、より新聞を読む価値が生まれます。

就活で新聞を読むべき理由をいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

自分の知識が増える

新聞には、日本・世界の経済や政界、業界の動向、教育などさまざまなことが記載されています。

日常生活では得られない情報がさまざまな記載されているため、自分の知識を増やすことが可能です。

新聞では自分の興味がない情報を得ることもでき、知識の幅がグンと広がります。

また、新聞は「テレビのニュース番組」よりも詳しく書かれていることが多いため、深い部分まで知ることが可能です。

就活では身に付いている知識量が大切になるので、就活のために新聞は読むべきです。

時代の流れをキャッチできる

新聞は常に最新の情報が記載されていて、過去の事柄は記載されていないです。

毎日発刊されていて、「今の日本で起きている経済問題」や「世界中で流行っている商品」など時代の流れを中心に書かれているため、時代の流れをキャッチできます。

時代の流れをキャッチすることは就活生にとって大切なことで、「どの業界が安定しているのか」「どのようなことにニーズがあるのか」などということを新聞から把握できます。

SNSからでも時代の流れはキャッチできますが、経済や政界に関する流れをキャッチするには新聞を読むべきです。

ボキャブラリーが増える

就活のために新聞を読むべき理由の1つとして、「ボキャブラリーが増える」ということが挙げられます。

ボキャブラリーとは、「語彙・言葉」を指す言葉になります。

就活生にボキャブラリーが必要なの?」と思われるかもしれませんが、グループディスカッションや面接のときには、多くのボキャブラリーを備えておくことが大切です。

特に、グループディスカッションのときに、周りの就活生を圧倒できるボキャブラリーを持っていれば、「この人はしっかりと勉強している」と採用担当者に判断してもらいやすくなります。

また、ボキャブラリーが増えることによって「話す」ということが上達します。

知っている言葉が増えれば増えるほど、話し方は上達し、相手にも伝わりやすくなります。

自分の強みとしてアピールできる

就活のために新聞は読むべきなのかな?」と悩まれている方は多いですが、実際に毎日継続している読んでいる方は少ないです。

毎日継続できている方は全体の1%にも満たないと考えられます。

そのため、新聞を読むことで自分の強みとしてアピールすることが可能です。

また、「新聞の内容で気になったことをノートにまとめている」などという工夫をしていると、より強みとしてアピールしやすくなり、採用担当者から高い評価を受けられます。

「新聞を読んでいる」ということは、「甲子園に出場した」「国公立に在籍している」などという派手さはありませんが、就活で良い評価を得られる強みです。

就活のために新聞を読むときに抑えておきたいポイント

就活 新聞 読む ポイント

就活のために新聞を読むときは、いくつか抑えておきたいポイントがあります。

就活のために新聞を読んだことが無駄にならないように、下記のポイントを参考にしてみてください。

全面を読むべきではない

就活のために新聞を読むときは、「全面読むべき」と考えられる方が多いのですが、全面は読むべきではありません。

新聞の全面を読むことには多くの時間がかかってしまい、効率が悪いです。

新聞は就活生に向けて発刊されていないので、就活で役立たない情報もたくさん記載されています。

そのため就活生が新聞を読むときには、必要な情報だけをピックアップすることが大切です。

人それぞれ必要な情報は異なるので、「どんな情報を得たいのか」ということを考えて、効率よく新聞を読むべきです。

希望する業界に関する情報を確認する

就活のために新聞を読むときは、「希望する業界に関する情報を確認する」ということを抑えておくことが大切です。

例えば、不動産業界への就職を希望しているのであれば、不動産業界に関するニュースや、不動産会社の動向などを詳しく確認する必要があります。

希望する業界に関する情報を詳しく確認することで、業界への志望度が高いことを面接でアピールできます。

また、業界に関する言葉や内容でわからないことがあれば、自身で調べるようにしてください。

知らないことをそのままにしておくと、就活のために新聞を読んでいる意味がなくなります。

新しい情報を得るためにも、わからない言葉や内容はすぐに調べることが大切です。

新聞を読むことを継続させる

新聞は常に最新の情報を記載しているため、就活生は毎日継続して読むべきです。

もし、1日おきに新聞を読んでいると、途切れ途切れで情報を得ることになります。

新聞は毎日継続して読むことで就活で役立たせる情報を得られるので、頑張って継続するようにしてください。

また、主要ニュースは絶対に読むべきです。

新聞の一面には就活生が得る必要のある情報が記載されているので、希望している業界・職種とは関係ないことでも読むことをおすすめします。

就活生には電子版がおすすめ

就活 新聞 電子版 おすすめ

新聞は「紙」と「電子」に分けられます。

どちらの新聞を読んでも良いのですが、就活生には電子版がおすすめです。

電子版の新聞であれば、いつどこからでもスマホで簡単に読むことができます。

紙の新聞は常に持ち歩く必要があり、電子版よりもコスパが悪いです。

また、電子版であれば、検索機能が設けられていることが多く、自分の知りたい情報を簡単に見つけ出すことができます。

「新聞は紙で読むべきだ」と言われることもありますが、スマホやタブレットなどに慣れている就活生は、電子版で読むべきです。

就活生におすすめの新聞が読めるアプリ

就活 新聞 おすすめ アプリ 電子版

就活生には電子版の新聞がおすすめなのですが、「どの新聞が良いのかわからない」と悩まれることが多いと思います。

基本的に電子版の新聞はアプリを介して提供されていることが多いので、就活生におすすめのアプリをいくつかご紹介します。

各アプリの特徴や、料金などもご紹介しているので、新聞を読みたい就活生はぜひ参考にしてみてください。

日本経済新聞 電子版

日本経済新聞 電子版は、経済新聞として高い人気を集めている日本経済新聞の電子版アプリです。

写真が大きくすっきりとしたデザインになっていて、紙の新聞よりも興味のあるものを見つけやすい傾向があります。

紙の新聞には記載されていないアプリオリジナル記事を読むことが可能です。

また、日本経済新聞 電子版は、自分の気になるニュースをチェックしておくことで、アプリが自動的に記事をピックアップしてくれるため、記事を探す手間が省けます。

日本経済新聞 電子版の会員プランは下記の通りです。

無料会員
一定数の有料記事の閲覧が可能

有料会員
月額4,277円
有料記事が読み放題
(その他特典もある)

日本経済新聞 電子版は1カ月の無料体験期間が設けられているので、一度登録してみることをおすすめします。

産経プラス

産経プラスは、「産経新聞・サンケイスポーツ・夕刊フジ」などを発刊している産経新聞グループの電子版アプリです。

産経プラスは新聞のデータを読み込めるようになっていて、読み込んでいるものであれば、オフラインでも読めます。

Wi-Fiがあるときにデータを読み込んでいれば、通信制限を気にすることなく、新聞を読むことが可能です。

また、1年~4年までの一面を読むことができ、過去の主要ニュースにも触れることができます。

産経プラスの会員登録プランは下記の通りです。

産経新聞
月額1,980円

サンケイスポーツ
月額2,200円

夕刊フジ
月額1,100円

就活のために新聞を読むのであれば、産経新聞への会員登録がおすすめです。

朝日新聞デジタル

朝日新聞デジタルは、朝日新聞の電子版アプリです。

朝日新聞デジタルでは、左右にスワイプするだけで前後の記事に移動できるようになっているので、通学中や入浴中などでも簡単に読むことができます。

また、画面の上部に記事のジャンル、下部に速報ニュースなど4つのタブが設置されているので、片手だけで画面の変更が可能です。

朝日新聞デジタルの会員プランは下記の通りです。

無料会員
会員記事が毎月5本まで
(有料会員記事は読めない)

ベーシックコース
月額980円
毎月50本まで

スタンダードコース
月額1,980円
無制限

プレミアムコース
月額3,800円
無制限(その他特典あり)

朝日新聞デジタルの無料会員では、就活で役立つ情報を得ることが難しいので、就活生には「ベーシックコース・スタンダートコース」がおすすめです。

毎日新聞ニュース

毎日新聞ニュースは、毎日新聞の電子版アプリです。

毎日新聞ニュースでは、朝刊と夕刊がまとめて掲載されているので、効率よく情報収集できます。

注目されているニュースなどはリアルタイムで配信される機能が搭載されていて、最新情報をいち早くキャッチすることが可能です。

また、毎日新聞ニュースに会員登録すると、同時に5台以上の端末で閲覧できます。

家族や友人と一緒にシェアできるようになっているので、就活生におすすめアプリです。

毎日新聞ニュースの会員登録プランは下記の通りです。

スタンダード
月額980円

プレミアム
月額3,200円

スタンダートとプレミアムの大きな違いは、「紙面ビューアーがあるのか」「過去の記事を閲覧できるのか」ということなので、就活生にはスタンダードプランがおすすめです。

上記のアプリの中では、比較的安い料金で多くの記事を読むことができるため、コスパを重要視する就活生には、毎日新聞ニュースが最適です。

就活生は「本」も読むべき?

就活 本 必要ない YouTube

就活では新聞だけではなく、「本も読むべき」と言われることがあります。

「新聞を読むべきなら、本も読むべき」と思われる就活生が多いのですが、本を読む必要はないです。

本を読むことでさまざまな知識や考え方を学ぶことができるのですが、「就活のために本を読む」と考えているのであれば、効率が悪いです。

最近は、YouTubeで本の内容がまとめて配信されています。

その15分程度の動画を見れば、就活で必要な本に関する情報を得ることができます。

ただし、「社会人になるために本を読む」と考えているのであれば、YouTubeでは不十分です。

「なぜ、本を読むのか」ということを考えてから、本を読むべきなのか考えてみてください。

就活で本を読むべきなのか悩んでいる方はこちらの記事を参考にしてみてください。
就活で読書は必要ない!読書よりもすべきことがある

まとめ

就活 新聞 読むべき

この記事では、就活のために新聞は読むべき理由についてお伝えしました。

この記事でのポイントは以下です。

・就活のために新聞は読むべき
・新聞から多くの情報を得られる
・新聞を読むことで話し方が上達する
・強みの1つとしてアピールできる
・自分に関連している内容だけを読むべき
・就活生には電子版の新聞がおすすめ

新聞を読むことはさまざまなメリットがあるので、就活では新聞を読むべきです。

新聞を継続して読んでいれば、希望している企業から内定をもらえる可能性が高くなります。

この記事でお伝えした内容を参考にして、新聞を読み始めてみてください。

テレビのニュース番組などでも経済や政界に関する情報は得られますが、ニュース番組では浅い内容しか得られません。
希望している企業から内定をもらうには、深い内容の情報を得ることが大切になるので、新聞を読むことをおすすめします!
初めは面倒くさいかもしれませんが、継続して読むようにしてみてください。

shokulabライター「Akito」おすすめの就活コラム!
就活ではメガネよりもコンタクトを付けるべき!

就活で香水をつけることはマナー違反?おすすめのエチケット方法を解説

就活とバイトは両立すべき?両立するコツと注意点を解説

キャリアアップなど、当てはまる理由をご記入ください。※転職活動中、またはこれから転職活動を始められる方のみ
就活中またはこれから就活を始める学生の方のみご記入ください。
転職サイト・転職エージェント・就職支援サービスなど、既に利用(登録)している方はご記入ください。※無しの場合は「無し」とご回答ください。

この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました