記事内に広告が含まれています。

【強みのない就活生必見】強みを作る方法とアピールするときのポイントを解説

就活 強み ない 就活

新しい就活のカタチ!企業情報からエントリーまで全てが動画で完結!就活版Netflix【JOBTV】

就活では、「あなたの強みは何ですか?」と強みを問われることが多いです。エントリシートや面接で問われることが多く、その内容は採用結果を大きく左右します。

就活において強みは大切なのですが、「強みがない」と悩まれることがあるのではないでしょうか。

この記事では、強みのない就活生に向けて、強みを作る方法を詳しく解説します。

就活で強みをアピールするときのポイントも併せてご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください!

強みがないと内定は難しい

就活 強み ない

就活では、高確率で強みを問われます。そのため強みがないと、内定をもらうことは難しいです。

強みを問われたときに、「自分自身、強みはありません」と答えるような人に対して、良い印象を抱く採用担当者はいません。

強みと自己PRは同じ認識で問題ありません。

また、強み以外にも、自分の弱みも把握しておくことが大切です。弱みについても問われることが多いので、強みと同じように考えておくようにしてください。

就活に向けて強みを作る方法

就活 強み ない 作る

強みがないことに悩まれる就活生は多いですが、強みは簡単に作ることができます。強みは他者よりも優れている点ではなく、自分の中で優れている点です。

つまり、自分の魅力を企業に伝えるだけで良いのです。就活に向けて強みを作る具体的な方法を3つのステップに分けてご紹介します。

①:強みにしたいことを考える

就活に向けて強みを作るには、まず「何を強いとしてアピールしたいか」ということを考えます。強みにしたいことが決まらなければ、ゼロから強みを作ることはできません。

もし、就職したい業界・職種が決まっている場合は、その業界・職種に一致する強みを作ることをおすすめします。

例えば、金融業界への就職を希望しているのであれば、行動力よりも自己管理能力をアピールすべきです。営業職であれば、行動力を強みとしてアピールした方が良いです。

このように業界・職種に一致する強みを作ることができれば、採用担当者への印象は良くなります。

強みとして使われることの多いキーワードは下記にてまとめてお伝えしています!

②:強みとしてアピールできる実績を残す

強みにしたいことが決まれば、就活でアピールできる実績を残します。

例えば、「努力家」を強みとしている人は「ベンチ外からスタメンになった」「志望していた国公立に入学できた」など、努力家ということをアピールできる実績を持っています。

強みのアピールにつながる実績を伝えることができなければ、「この強みは本当かな?」と疑われてしまいます。

採用担当者からの信頼を得ることができなければ、内定は難しいです。

些細な実績でも問題ないので、「この人の強みは〇〇なんだな」と信頼してもらえるような実績を意識してみてください。

③:その強みを活かした経験を積む

ある程度強みを作ることができれば、その強みを活かした経験を積むことが大切です。「私は〇〇という強みから、~なことをしました」という経験があれば、就活でアピールする強みとしては十分です。

例えば、部活動の実績から努力家という強みをアピールした場合、「私は努力できるという強みを活かして、バイトリーダーにもなりました」という経験を積むことが大切です。

強みを活かした経験を伝えることで、「入社後もその強みを活かしてくれる」と判断してもらえます。

また、その経験は継続していることが好ましいです。すでにバイトリーダーを辞めていれば、それほど高い評価は得られないので、注意してください。

強みは以上の3ステップで作ることができます!

周りの意見を参考にする

上記でお伝えした3ステップで強みは作ることはできますが、過程で悩まれることはあると思います。そのようなときは、周りの意見を参考にしてみてください。

家族や友人、恋人は自分では気付いていない強みを知っているかもしれません。第三者に対して「強みは何だと思う?」と聞くことは照れ臭いかもしれませんが、強みを作るうえでは大切なことです。

スムーズに強みを作るためにも、第三者の意見は積極的に取り入れるようにしてください。

就活で強みをアピールするときのポイント

就活 強み ない

魅力的な強みがあっても、アピールの仕方によっては良い印象を与えられません。

内容よりも伝え方を重要視している採用担当者も少なくないので、強みをアピールするときに抑えておきたいポイントをご紹介します。

結論から話す

就活で強みをアピールするときは、結論から話すことが大切です。結論から話すことで、強みを的確かつ効果的に伝えることができます。

もし、内容の部分を初めに話してしまうと、「強みは何なの?」という気持ちを抱かせたまま、伝えることとなります。

結論から話すことは、就活全体において大切なことです。

また、最後にもう一度結論を話すようにしてください。「結論→内容→結論」の構成で話すことで、採用担当者の印象に残ることができます。

結論から話すことで、自分自身も内容をまとめやすくなります!

数字を交えてアピールする

強みが採用担当者に伝わらなければ意味がないので、数字を交えてアピールするようにしてください。数字を交えるだけで、一気に伝わりやすくなります。

例えば、「資格勉強を継続している」「資格勉強を4ヶ月以上、継続している」の2通りの伝え方があったとします。この場合は、数字を交えている後者の方がイメージしやすいと思います。

また、固有名詞を使うこともおすすめの方法です。固有名詞は数字同様に、強みが伝わりやすくなります。

数字・固有名詞以外にも、感情を加えると、唯一無二の強みになります!

自信を持って伝える

上記でお伝えした通り、強みは自分の中で優れている点で、企業にアピールしたい魅力的なことです。そのため自信を持って強みを伝えるようにしてください。

「私にはこんな強みがあります」という内容にも関わらず、自信なさげに伝えていると良い印象は抱きません。

就活で自信があるように見せには、下記のことを参考にしてみてください。

  • 背筋を伸ばす
  • アイコンタクトをとる
  • 語尾を言い切る
  • 力強く話す など

これらを意識することで、面接に対して緊張・不安があっても、自信があるように見せることができます。

企業によって強みを変える

いくつかの強みを作ることができれば、企業によって使い分けてみることをおすすめします。上記でお伝えした通り、業界・職種によって好まれる強みは異なります。

また、企業の経営理念によっても好まれる強みは異なるので、使い分けることができれば高い評価を得やすいです。

ただし、無理に強みを使い分ける必要はありません。内容が薄くなってしまうと、かえって評価が下がるので、最も自信のある強みを選ぶようにしてください。

同じような強みでも、キーワードを変えることで、伝わり方が変わります!

就活で好まれやすい強みキーワード30選

就活 強み ない キーワード

就活で好まれやすい強みのキーワードを30個ご紹介します。今から強みを作る方は、下記のキーワードから強みとしたいことを見つけてみてください。

  • 集中力
  • 向上心
  • 積極性
  • ハングリー精神
  • 継続力
  • 傾聴力
  • リーダーシップ
  • 気配り
  • 対応力
  • 笑顔
  • 忍耐力
  • 社交性
  • 理解力
  • 発想力
  • 記憶力
  • 文章力
  • ポジティブ
  • 真面目さ
  • 誠実さ
  • 計画性
  • 自己管理能力
  • 素直
  • 判断力
  • 謙虚
  • プラス思考
  • コミュニケーション能力
  • 冷静さ
  • 慎重さ
  • 協調性
  • 実行力

周りの就活生と強みが被ってしまうことはあると思いますが、それほど気にする必要はありません。強みのキーワードで差別化するのではなく、内容の部分で差別化を図ることが大切です。

就活のご相談はShokuLab公式LINEへ

就活 強み ない

強み以外にも、ガクチカや志望動機などの回答で悩まれることは多くあると思います。そのような悩みを抱えている場合は、ShokuLab公式LINEへご相談ください。

ShokuLab公式LINEでは、専任の就活アドバイザーが、就活生が抱える悩みの解決につながるアドバイスをしています。

また、悩み相談だけではなく、履歴書の添削・面接対策・就職支援サービス等の紹介にも対応しています。就活にまつわることで悩むことがあれば、ShokuLab公式LINEをご利用ください。

ShokuLab公式LINEの特徴について詳しくご紹介します!

ShokuLab公式LINEの特徴

ShokuLabでは、就活生が抱える悩みの解決・有益な情報を提供する「公式LINE」を開設しています。

就活は情報戦とも言われるほど情報が大切になり、自分の力だけで内定を目指す必要はありません。ShokuLabの公式LINEでは、登録者が内定を獲得できるように全力でサポートします。

ライターAkito
ライターAkito

公式LINEから情報商材・能力開発商材への誘導は一切ありません!

ShokuLab公式LINEの対応スタッフ

ShokuLabの公式LINEでは、専任の就活アドバイザーが全力でサポート。就活アドバイザーはShokuLabメディアのコラムも執筆しています。

就活アドバイザーの経歴例

  • 大学在学中にビジネススクールに入校
  • 約2年間、就職活動・ビジネスについて学ぶ
  • リーダーボジションで多くの新卒就活生を輩出
  • Shokulabライターとしてコラム執筆中

ShokuLabの公式LINEでは、他社の就活アドバイザーよりも「就活生に寄り添うこと」を大切にしています。

ShokuLab公式LINEの使い方

ShokuLab公式LINEの使い方は下記の通りです。

  1. ShokuLab公式LINEを友達追加
  2. 就活に関する悩み・疑問を相談
  3. 24時間以内に就活アドバイザーが返信
  4. 悩み・疑問解決

就活生による悩み・疑問の相談以外にも、定期的に「日本の就活生が持つQ&A」「新卒採用を募集する企業情報」「就活に活きる鮮度の高いニュース」などを発信しています。

ライターAkito
ライターAkito

ShokuLabの公式LINEでは、価値のある質の高い情報だけを共有します!

お悩み相談に関する内容

ShokuLabの公式LINE最大の特徴は、就活アドバイザーへの悩み相談です。就活生が抱える悩み・疑問を就活アドバイザーが24時間以内にお答えします。

悩み・疑問の解決をゴールとしているため、何度も何度もメッセージのやり取りが可能です

また、就職活動にまつわる相談・疑問だけではなく、ESの添削や将来のキャリアプラン、大学生活に関することにも対応しています。

ShokuLabの公式LINEを友達追加するだけで、いつでも気軽に相談することが可能です。

友だち追加

まとめ

就活 強み ない まとめ

この記事では、強みのない就活生に向けて、強みを作る方法をお伝えしました。就活において強みは採用結果を左右する大切なことで、強みがなければ内定をもらうことは難しいです。

しかし、強みは簡単に作ることができます。「強みにしたいことを考える→実績を残す→強みを活かす」という3ステップで就活でアピールできる強みを作り上げられます。

そして、強みをアピールするときは、自信を持つようにしてください。この記事でお伝えした内容を参考に、就活に向けて強みを作りましょう!

shokulab Instagram
この記事を書いた人

学生時代に現職であるコンテンツ制作会社を起業。現在はコンテンツ制作から運用を主な事業としている。
世の中では常に変革期が起きているからこそ、莫大な情報を「集めて編む」仕事である編集者として「本当に役に立つ情報発信」をモットーに、ShokuLabを運営中。

ShokuLabのSNSをチェック
就活
ShokuLabのSNSをチェック
ShokuLab

コメント

タイトルとURLをコピーしました