モチベーションの管理が転職を成功させる近道!

転職

モチベーションは、仕事・スポーツ・勉強など何事においても必要不可欠なものになります。「モチベーションは存在しない」という方も中にはいると思いますが、筆者はモチベーションは存在すると思いますし、モチベーション1つで成果が大きく変わると思います。
そんなモチベーションは転職活動においても大切なものになります。
しかし、転職活動中にモチベーションを管理するのは難しいです。
この記事では転職活動中にモチベーションを維持する方法ついてご紹介します。

転職活動においてモチベーション管理が大切

冒頭でもお伝えしたように、転職活動中はモチベーションの管理がとても大切になります。その理由は、妥協できないことだからです。
多くの転職希望者が働きながら転職活動をすると思います。働きながら転職活動をして転職先が決まってから退職するという流れが一般的になります。
そのため転職活動だけに注力することができずに、モチベーションを維持することが難しいです。スケジュールが忙しくなると、「もう転職は良いか…」「条件を減らして転職するか…」など妥協をしてしまいます。
転職は人生を左右する大事なことになるので、妥協することは許されません。
ただし、モチベーションを理由に転職を諦めることもおすすめしません。
人生を豊かに希望通りに転職するためには、高いモチベーションを維持して転職活動も現職の仕事も頑張る必要があります。

転職活動中にモチベーションを維持する方法

転職にはモチベーション管理が大切ということは理解していただけたと思いますが、大切なことはモチベーションを維持する方法です。モチベーションの維持はそう簡単なことではないので、下記の方法を参考にしてみてください。

常に転職したい理由を頭に入れておく

1つ目の方法が「常に転職したい理由を頭に入れておく」ということです。
転職活動をしている方は、転職したい理由があると思います。将来のために転職するのか、人間関係が理由で転職するのか、キャリアアップするために転職するのか、理由はさまざまだと思います。
転職する理由は何でも良いのですが、大切なことは転職したい理由を忘れないことです。今の会社を辞めてまで「転職したい」と思った理由を絶対に忘れないようにしてください。
その気持ちが薄れることがなければ、モチベーションは維持できます。
「なんで転職しようとしているんだろう?」と考えてしまうと、もう手遅れです。

転職後のビジョンを明確にする

2つ目の方法が「転職後のビジョンを明確にする」ということです。
転職することによって、転職者の希望は叶うと思います。
例えば、年収をあげたいと思い転職した場合は転職後に今よりも年収が上がっているでしょう。役職に付きたいと思い転職した場合は転職後に役職に付けているでしょう。このように転職後のビジョンを明確にすることによってモチベーションは維持しやすくなります。
さらに転職後の仕事についても考えると、モチベーションは維持しやすくなります。ビジョンや仕事をイメージする場合は、より明確にイメージするようにすることが大切です。

スケージュール管理を徹底する

3つ目の方法が「スケジュール管理を徹底する」ということです。
人にはそれぞれキャパシティがあるため、キャパシティを超えるスケジュール管理をしていると、モチベーションは維持されにくいです。
簡単にお伝えすると、スケジュールを埋めすぎないということです。
働きながら転職活動をするとスケジュールはパンパンになると思いますが、自分の中で制御するようにしましょう。
モチベーションを維持できるスケジュール管理ができるようになれば、転職後もスムーズに活躍できます。
自分のキャパシティを把握して、スケジュール管理をするようにしてください。

現職の仕事にも注力する

4つ目の方法が「現職の仕事にも注力する」ということです。
多くの転職希望者が働きながら転職活動をすると思いますが、転職活動だけに注力してしまうとモチベーションは維持されにくいです。
その理由は、転職活動の内容にモチベーションが左右されるからです。
1つの企業の選考に落ちただけでモチベーションは下がります。
しかし、現職に仕事にも注力できていると選考に落ちても、「よし!次だ!」というモチベーションになります。
モチベーションを仕事と転職活動に分けることによって、1つのことに左右されなくなります。少し複雑な話になりましたが、とにかく仕事と転職活動の両立が肝心になるのです!

モチベーションが下がる原因を把握することが大切

モチベーションを維持する方法を把握することも大切なのですが、そもそも下がることがなければ維持する必要もありませんよね。下がることがあるから維持する必要があるため、モチベーションが下がる原因も把握するようにしましょう。スケジュールがパンパンになればモチベーションが下がるのか、仕事がうまくいかなければモチベーションが下がるのか、原因を自分で把握できるようになりましょう。
そしてモチベーションを下げないようにすることによって、自然とモチベーションを維持できるようになります。
どのようなときにモチベーションが下がるのは考えてみてください。

モチベーションを上げる方法を見つける

モチベーションを維持する方法、モチベーションを下げる原因を把握することが大切とお伝えしましたが、モチベーションを上げる方法を見つけることも大切です。モチベーションが下がることがなければ上げる方法を見つける必要もないのですが、モチベーションを下げないということは難しいですよね。
そのためモチベーションを上げる方法を見つけ出しておきましょう。
そしてモチベーションを上げる方法に正解はありません。
自分の中でモチベーションを上げることができれば良いのです。独特の方法でも良いので、モチベーションを上げる方法を探してみてください。

モチベーションに左右されていては転職はうまくいかない

転職活動中はモチベーションの管理が大切になり、モチベーションに左右されていると転職はうまくいきません。
モチベーションを管理できるようになることで、転職はうまくいきます。
上記でもお伝えしましたが、転職は人生を左右する大切なことです。そのためモチベーションを自分自身で管理できるようになり、高いモチベーションで転職活動を行えるようにしましょう。
高いモチベーションを維持できるようになれば、希望通りに転職できる可能性は高まります!

この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
転職
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました