【就活で単位は確認される?】単位不足の対処法と面接での回答例をご紹介

就活 単位 就活

新しい就活のカタチ!企業情報からエントリーまで全てが動画で完結!就活版Netflix【JOBTV】

大学3年生の冬ごろから本格的に就活が始まります。

説明会に参加したり、エントリーする企業を探したりし始めると思うのですが、「就活で企業に単位が確認される?」「単位が不足していると、就活にマイナスの影響を与える?」などと、悩まれることがあるのではないでしょうか。

この記事では、就活で単位は確認されるのか、単位が足りないときの回答例について詳しく解説します。

単位が足りないときの対処法などもご紹介しているので、就活に向けて平均以上の単位を取得できていない方はぜひ最後までご覧ください!

就活で単位は確認される?

就活 単位 確認

就活ではエントリーした企業から、「成績証明書」の提出を求めらて、単位を確認されることがあります。その理由は、単位が就活生の大学生活を確認するための1つの指標となるからです。

授業に出席していたのか、勉学に励んでいたのか、など単位から読み取れることは多いです。

もし、平均以上の単位を取得できていなければ、採用担当者にマイナスの印象を与えることとなります。

自分が採用担当者の立場になって考えると、単位が不足している学生に良いイメージは抱かないと思います。ただし、平均以上の単位を取得できていれば、マイナスの印象を与えることにならないです。

希望している企業から内定をもらうには、「平均以上の単位を取得する必要がある」ということです!

大学2年までに80単位以上は必要

就活にマイナスの影響を与えないためには、大学2年までに80単位以上が必要です。1年間で47単位取得できる大学が多いと思うので、14単位は落としても問題ありません。

また、単位数だけではなく「GPA」という数値を意識することが大切です。

GPAとは、大学の成績を簡単に数値化した評価方法で、「Grade Point Average」の頭文字を取った略語です。

取得している単位数よりもGPAを重要視している企業があるので、「単位が取れていれば良い」というわけではありません。

GPAはアメリカでよく使われる指標なので、外資系の企業を希望している方は、GPAを少しでも高くすることが大切です!

単位が足りないときに与える就活への影響

就活 単位 影響

大学の単位が足りないことで就活にマイナスの影響を与えるのですが、「具体的にどんな影響を与えるのだろう?」と悩まれる方が多いと思います。

単位が足りないときに与える就活への影響を大きく3つご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

就活に割ける時間が少なくなる

大学の単位が足りないことで最も与えるマイナスの影響が、就活に割ける時間が少なくなることです。

単位が足りていない分、履修しなければいけない授業が多くなり、自ずと就活に割ける時間が少なくなります。

就活に割ける時間が少なくなれば、就活はスムーズに進みにくいです。

また、説明会やインターンシップが授業と被ってしまい、参加できないケースも考えられます。就活は多くの時間を必要とするため、授業に時間を使ってしまうことは避けたいです。

面接で突かれることがある

就活では企業に「成績証明書」の提出を求められるケースが多く、面接を担当する採用担当者は就活生が取得している単位数を把握しています。

そのため、面接で「なんで単位取れていないの?」「この授業はなんで落としたの?」などと、足りない単位について突かれることが多いです。

就活までに単位を取得できていない原因は自分にあるため、採用担当者に悪い印象を与えることになります。もし、単位を落とした理由が明確にある場合は、しっかりと伝えるようにしてください。

採用担当者に突かれたときの回答例は下記にて詳しくお伝えしております!

内定が取り消される

大学4年になって卒業が見込める単位を取得できていない場合は、内定が取り消されることがあります。

「そんなことあるの?」と思われるかもしれませんが、大学を卒業できない可能性がある学生に内定を出し続ける企業は少ないです。

また、「自己管理能力がない」と判断されて、内定が取り消される可能性も考えられます。

単位数の不足で内定を取り消すことは、法律上問題のないことです。

ただし、大学4年までに100単位以上を取得できていれば、内定取り消しになることは考えにくいです。

shokulab Instagram

単位が足りないときの回答例

就活 単位 回答例

上記でお伝えした通り、就活で単位が足りないときは面接で突かれることがあります。採用担当者に良い印象を与えるには、面接での回答内容が大切です。

就活で単位が足りないときの回答例をいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

単位不足の回答例①

現在、単位が不足している理由としましては、優先順位を間違えてしまったからです。私はスポーツ推薦で入学したこともあり、大学1年生のときはとにかくサッカーに夢中でした。

サッカーの練習をするために、授業を欠席することも多々あり、私にとって授業よりもサッカーが大切でした。

しかし、大学1年生が終わるときに「このままでは卒業できない」と伝えられて、サッカーと授業に優先順位はなく、同じ基準で両立する必要があると気付きました。

この経験から、優先順位を決める大切さを学び、大学2年生からはしっかりと単位を取得できています。

社会人になると会社・周りの社員に迷惑をかけることになるので、優先順位を慎重に決めることを大切にしたいです。

単位不足の回答例②

単位が不足している理由として私は、危機感の無さだと思います。大学1年生の頃は「授業に出席していれば、単位がもらえる」という甘い考え方でした。

単位を取得しなければ卒業できないことは知っていましたが、そこに対する「危機感」が全くありませんでした。そのことから、大学1年生では31単位、大学2年生では36単位しか取れませんでした。

大学3年生に進級するときに自分を見つめ直し、「このままではいけない」と思い、しっかりと計画を立てて授業に出席するようになりました。

危機感を持って生活することで、前期は履修した全ての単位を取得でき、危機感を持って生活する大切さを学びました。

この経験を忘れることなく、社会人になってからでも常に危機感を持ち計画を立てて仕事に取り組みたいです。

単位不足の回答例③

私は一人暮らしをしているのですが、時間通りに起きることが苦手でした。その結果、単位が不足していて、大学1年生では20単位しか取得できませんでした。

大学2年生に進級するタイミングで、「今後のために、時間通りに起きるようにならなければいけない」と思い、「なぜ、起きられないのか」ということを徹底的に考えました。

原因として私は、日によって起きる時間が異なることだと思いました。そのため授業・アルバイトの有無は関係なく、毎日8:00に起床することを始めた結果、約2か月後にはアラームなしで8:00前後に起きられるようになりました。

もちろん授業に遅刻することもなくなり、大学2年生では44単位、大学3年生の前期で20単位取れています。

時間通りに起きられないことで周りとの差が生まれてしまいましたが、「原因を追求し、対策する」ということを学びました。

ShokuLab公式LINEの特徴

ShokuLabでは、就活生が抱える悩みの解決・有益な情報を提供する「公式LINE」を開設しています。

就活は情報戦とも言われるほど情報が大切になり、自分の力だけで内定を目指す必要はありません。ShokuLabの公式LINEでは、登録者が内定を獲得できるように全力でサポートします。

公式LINEから情報商材・能力開発商材への誘導は一切ありません!

ShokuLab公式LINEの対応スタッフ

ShokuLabの公式LINEでは、専任の就活アドバイザーが全力でサポート。就活アドバイザーはShokuLabメディアのコラムも執筆しています。

就活アドバイザーの経歴例

  • 大学在学中にビジネススクールに入校
  • 約2年間、就職活動・ビジネスについて学ぶ
  • リーダーボジションで多くの新卒就活生を輩出
  • Shokulabライターとしてコラム執筆中

ShokuLabの公式LINEでは、他社の就活アドバイザーよりも「就活生に寄り添うこと」を大切にしています。

ShokuLab公式LINEの使い方

ShokuLab公式LINEの使い方は下記の通りです。

  1. ShokuLab公式LINEを友達追加
  2. 就活に関する悩み・疑問を相談
  3. 24時間以内に就活アドバイザーが返信
  4. 悩み・疑問解決

就活生による悩み・疑問の相談以外にも、定期的に「日本の就活生が持つQ&A」「新卒採用を募集する企業情報」「就活に活きる鮮度の高いニュース」などを発信しています。

ShokuLabの公式LINEでは、価値のある質の高い情報だけを共有します!

お悩み相談に関する内容

ShokuLabの公式LINE最大の特徴は、就活アドバイザーへの悩み相談です。就活生が抱える悩み・疑問を就活アドバイザーが24時間以内にお答えします。

悩み・疑問の解決をゴールとしているため、何度も何度もメッセージのやり取りが可能です

また、就職活動にまつわる相談・疑問だけではなく、ESの添削や将来のキャリアプラン、大学生活に関することにも対応しています。

ShokuLabの公式LINEを友達追加するだけで、いつでも気軽に相談することが可能です。

就活で単位が足りないときの4つの対処法

就活 単位 対処法

就活で単位が足りない場合の対処法を4つご紹介します。就活までにあまり単位を取得できていない方は、ぜひ下記の対処法を参考にしてみてください。

早期での内定を目指す

近年、早期の採用をおこなっている企業が増えていています。早期の採用をおこなっている企業は、大学の単位やGPAなどよりも、就活生の考え方や人柄を重要視する傾向があります。

早期採用している企業では、大学3年生の冬ごろに内定を出しています。

そのため、就活時に単位が足りていない場合は、周りよりも早く就活を始めるようにしてください。周りよりも早く始めることで、就活や将来に対する意識の高さを企業にアピールできます。

一般的に大学3年の冬から就活を始める方が多いので、大学3年の春ごろから始めることをおすすめします!

就活支援サービスを活用する

就活時に単位が足りていない方は、就活支援サービスを活用してみてください。

就活支援サービスとは、無料で就活に関するサポートをしてくれるサービスです。

就活支援サービスでは、企業の紹介や面接の対策などのサポートを受けられるため、授業と両立しながらでもスムーズに就活を進めることが可能です。

また、就活支援サービスを活用することで、早期での内定を獲得できる可能性が高くなります。就活生が就活支援サービスを活用するデメリットはないので、気軽に登録してみることをおすすめします。

おすすめの就活サービスはこちらの記事よりまとめてご紹介しています!

授業と就活の両立を目指している方は、こちらの記事を参考にしてみてください!

授業を1つの曜日に集中される

上記でお伝えした通り、単位が足りていない場合は就活に割ける時間が少なくなるため、対処法として「授業を1つの曜日に集中させる」ということが挙げられます。

授業を1つの曜日に集中させることで、就活と授業を両立しやすくなり、マイナスの影響を与えません。

ただし、単位を落とした授業によっては、1つの曜日に集中させることが難しいです。そのような場合は、単位を取得しやすい授業を中心に履修し、両立しやすい環境を作り出すことをおすすめします。

出席点が加えられている授業は、比較的単位を取得しやすい特徴がありますよ!

集中講義を受ける

大学には「集中講義」という制度が設けられています。

集中講義とは、短期間で15コマの授業を実施する制度です。

集中講義は長期休暇中に実施されることが多く、3日連続で1日5コマの授業を受けます。つまり、3日で2単位を取得できるということです。

大学や授業によっては、1カ月間の土曜日に3コマずつ授業を実施するケースなどもあります。この集中講義を受けることで、就活までに2~6単位程度は増やすことが可能です。

集中講義を実施していない大学もあるので、単位が足りない方は大学の生活課に問い合わせてみてください。

就活の大学単位に関するQ&A

Q
単位数で採用結果が決まりますか?
A

単位数だけで採用結果が決められることはほとんどないです。
ただし、取得している単位数を評価基準に設けられていることはあり、極端に少ない場合は単位数だけで採用結果が決まってしまう可能性が考えられます。

Q
就活で問われる「GPA」とは?
A

就活で重要視されることの多い「GPA」とは、大学の成績を簡単に数値化した評価方法で、「Grade Point Average」の頭文字を取った略語です。
GPAの算出方法は複雑で、成績ごとに大学のGPA基準で定められたポイントを合計し、合計単位数で割ったものになります。
大学から渡される成績表にGPAは記載されているので、そちらから確認してください。

Q
面接で単位について聞かれたときは、どうすれば良いですか?
A

正直に自分の非を認めることをおすすめします。
人事の多くが大学を卒業しているため、単位を落とした言い訳が通用するケースは少ないです。
ただし、単位を落とした原因が就活生側にない場合は、そのまま原因を伝えるようにしてください。

Q
取得単位数を就活でアピールできますか?
A

就活で取得単位数をアピールすることは難しいです。多くの大学で取得できる上限の単位数が定められているため、周りとの差別化ができないです。
ただし、GPAはアピールできます。
GPAの平均は2.4~2.8と言われているので、3.3以上の場合はアピールできると考えられます。

Q
いつまでに何単位が必要ですか?
A

大学3年までに80単位以上は取得しておきたいです。大学4年までに110~115単位を取得できていると、スムーズに就活を進められます。
1年生~2年生の間で可能な限り取得しておきたいです。

まとめ

就活 単位 影響 まとめ

この記事では、就活における単位事情について詳しくお伝えしました。就活では「成績証明書」の提出を求められるケースが多く、採用担当者に単位を確認されることがあります。

平均以上の単位を取得できていない場合は、就活にマイナスの影響を与えることになります。単位は大学生生活を表した指標になるので、大学2年までに80単位以上を取得しておきたいです。

この記事でお伝えした内容を参考にし、単位不足がマイナスの印象を与えないように工夫してみてください。

shokulab Instagram
この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ShokuLab

コメント

タイトルとURLをコピーしました