就活の靴下を購入するときのポイントとおすすめのお店をご紹介

就活 靴下 購入 就活

就活では身だしなみを重要視されることが多く、その1つとして「靴下」を確認されます。

就活マナーに適している靴下でなければ、採用担当者にマイナスな印象を与えてしまうことがあるのですが、「どんな靴下を購入すれば良いんだろう?」と悩まれることがあるのでないでしょうか?

この記事では、就活の靴下を購入するときのポイントについて解説します。

靴下を購入できるおすすめのお店や、マイナスな印象を与える靴下などもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。



就活の靴下を購入するときに抑えておきたいポイント

就活 靴下 購入 ポイント

就活で履く靴下を購入するときには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。

就活のマナーに反していない靴下を購入するポイントを4つのポイントに分けてご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

ポイント①:色

就活で履く靴下を購入するときに最も抑えておきたいポイントが「」です。

就活のマナーでは、黒や紺など暗い色の靴下を履くように定められています。

就活の靴下は、「白でも良い」という認識を持っている就活生が多いのですが、白は完全にマナー違反です。

黒のリクルートスーツ との相性も良くないため、就活では黒・紺の靴下を選ぶようにしてください。

ポイント②:デザイン

一般的に販売されている黒や紺の靴下には、さまざまなデザインがあります。

就活で履く靴下は「デザイン」もマナーとして定められていて、無地の靴下もしくは、縦じまでリブ編みになっている靴下を購入することが大切です。

基本的にシンプルなデザインであれば、就活のマナー違反になることはありません。

ただし、ワンポイントのある靴下には注意が必要です。

靴下にあるワンポイントは見えたときに良い印象を与えないため、シンプルなデザインでもワンポイントのある靴下はおすすめしません。

ポイント③:長さ

就活に関わらず、スーツを着用するときは、すねの中央部分までが隠れる「ミドル丈」の靴下を履くことが一般的とされています。

そのため、就活で履く靴下もミド丈以上を購入することが大切です。

長い靴下を履く理由としては、座ったときにすねが見えないようにするためです。

すねが見えない靴下であれば、ミドル丈以下でも良いですが、ズレてしまったときにも見えないように、ミドル丈以上を履いておくことをおすすめします。

就活では座る機会が多いため、靴下の長さは忘れずに抑えておくことが大切です。

ポイント④:素材

就活マナーでは定められていないのですが、靴下を購入するときには「素材」を意識することをおすすめします。

リクルートスーツに合わせることを優先するのであれば、綿とポリエステルの混紡など、薄手のものが一般的です。

ただし、冬場で薄手の靴下で寒いと感じることがあるので、冬場は保温効果のある靴下などを購入することをおすすめします。

季節によって靴下を使い分けて、体温調整するようにしてください。

就活生におすすめ!リーズナブルな靴下を購入できるお店

就活 靴下 購入 お店

就活中はあまりアルバイトができないことから、「安い値段で靴下を購入したい」と考える方が多いと思います。

靴下は消耗品になるため、リーズナブルな価格で販売されている靴下を購入すべきです。

就活に最適な靴下を購入できるお店をいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

スーツ量販店

スーツ量販店では、就活に適している靴下がリーズナブルな価格で販売されています。

基本的にどのスーツ量販店でも、500円程度で一足購入することができ、派手な靴下は少ないです。

ビジネスシーン・就活で使えるものが中心に販売されているため、効率よく就活に適している靴下を購入できます。
おすすめのスーツ量販店は下記の通りです。

・洋服の青山
・AOKI
・スーツセレクト
・コナカ
・はるやま

これらのスーツ量販店は全国展開しているため、比較的購入しやすいです。

ユニクロ

ユニクロは世界最大規模を誇るファストファッションブランドです。

スーツを専門に販売しているブランドではないですが、就活に適している靴下を購入できます。

ユニクロでは、400円程度で一足購入することができ、3足セットでは990円で販売されています。

リーズナブルな価格で購入できるのですが、「就活に適しているのか」ということを見極める必要があります。

プライベートソックスを中心に展開しているため、安易に購入する靴下を選ぶことには注意してください。

Tabio(タビオ)

Tabioは靴下を専門に販売しているアパレルブランドで、機能性や素材を重要視した靴下を販売しています。

Tabioの靴下は一足約1,000円以上の価格で販売していて、スーツ量販店やユニクロと比較すると、高額です。

ただし、靴下を専門に販売しているブランドということもあり、機能性が長けています。
Tabioでは、「靴下は消耗品」という概念を壊すことを目指しているため、就活の期間だけで穴が空くことは考えにくいです。

何度も何度も靴下を購入するのであれば、Tabioの靴下を一足購入した方がお得になるかもしれません。

靴下のネット購入はおすすめしない

靴下 ネット購入 おすすめしない

就活に適している靴下は、Amazonや楽天市場などのオンラインショップでも販売されていますが、実店舗以外での購入はおすすめしません

オンラインショップでは、写真から靴下の色合いを判断する必要があり、光の当たり方などで見え方が変わってしまいます。

上記でお伝えした通り、就活の靴下は「色」が大切になるため、ネット購入することはおすすめしないです。

また、オンラインショップで販売されている靴下は、機能性に優れていない傾向があります。

実店舗で購入するよりも安いことが多いですが、何度も何度も購入しなければいけない可能性が考えられます。
靴下によっては、1日履いただけで穴が空くこともあります。

ただし、スーツ量販店やユニクロ、Tabioなどの公式オンラインショップでは、購入しても損をするケースは少ないです。

靴下をネット購入したい場合は、公式オンラインショップをおすすめします。

就活で靴下は身だしなみの1つとして評価されている

就活 靴下 身だしなみ 評価

就活では「身だしなみ」が重要視されていて、その1つとして靴下が挙げられます。

「株式会社リクナビ 」が採用担当者330人を対象に「就活生の身だしなみについて、どんな点が気になるか」というアンケートを実施した結果、約33%の割合で靴下と回答されています。

このアンケートから分かるように、就活で靴下は身だしなみの1つとして評価されています。

就活の身だしなみでは、「リクルートスーツ」や「ネクタイ」などに意識が偏ることが多いですが、靴下も意識することが大切です。

就活での身だしなみはこちらの記事を参考にしてみてください。
就活で内定を決めるには「身だしなみ」が大切なのか!?

採用担当者にマイナスな印象を与える靴下

採用担当者 マイナスな印象 靴下

上記でお伝えした通り、就活では身だしなみの1つとして靴下が確認されています。

そこで、採用担当者にマイナスな印象を与える靴下をいくつかご紹介します。

靴下1つで不採用につながることがないように、下記から参考にしてみてください。

すねの中央部分よりも短い靴下

就活に関わらず、スーツを着用するときに、すねが見えることはマナー違反です。

就活では座ったり、立ったりする機会が多く、すねが見えてしまうケースがあるため、すねの中央部分よりも短い靴下は採用担当者にマイナスな印象を与えます。

社会人によってはカジュアルスーツが認められていることがあり、短い靴下ですねが見えていることもありますが、就活ではマイナスな印象につながるので、注意してください。

ずるずる落ちている靴下

靴下は特別頑丈な素材で作られていないため、数カ月使っていると、歩いているうちにくるぶしぐらいまで落ちてきます。

本来はすねの中央部分以上ある靴下でも、ずるずる落ちてきてしまうと、座ったときにすねが見えてしまい、採用担当者にマイナスな印象を与えます。

また、すねが見えなくても、たるんでいる靴下は採用担当者に良い印象を与えません。

購入したばかりのときは落ちてきていなくても、使っているうちに落ちてくるようになるため、靴下は定期的に購入することが大切です。

色あせている靴下

上記でお伝えした通り、就活で履く靴下は黒や紺など暗い色が最適なのですが、暗い色は「色あせ」が目立ちます。

色あせても就活に適している色であれば、問題ないのですが、やはり採用担当者には良い印象を与えません。

靴下の色あせまで確認している採用担当者は少ないかもしれませんが、マイナスな印象を与える可能性はあるので、注意すべきです。

靴下の色あせは光に当たることでより目立つので、家で履くときに色あせていないか光に当てて確認するようにしてください。

穴の空いている靴下

就活では靴を脱ぐケースが少ないため、穴の空いている靴下を履いてしまうことがあると思います。

靴を脱がなければ穴が空いていることがバレることはありませんが、バレたときにはマイナスな印象を与えます。

就活に限らず、靴下に穴が空いていたときに与える印象は最悪です。

靴下に穴が空くタイミングがわからないため、常に穴の空いていない靴下を準備しておくことをおすすめします。

もし、予備がない状態で穴が空いていることに気付いた場合は、すぐに購入するようにしてください。

まとめ

就活 靴下 購入

この記事では、就活で履く靴下についてお伝えしました。
この記事でのポイントは以下です。

・就活では黒や紺の靴下を履く
・シンプルなデザインの靴下が購入すべき
・すねが見える靴下はマナー違反
・季節によって靴下の素材を選ぶことが大切
・約33%の採用担当者が靴下を確認している
・スーツの裾からすねが見えるとマイナスな印象を与える
・色あせている靴下は最悪

就活では身だしなみが重要視されるので、靴下まで気を配ることが大切です。

就活に適している靴下をリーズナブルな価格で販売しているのは、「スーツ量販店・ユニクロ・Tabio」になります。

靴下を選ぶときには、長さや色を意識する必要があるため、ネットでの購入はおすすめしないです。

この記事でお伝えした内容を参考にして、就活マナーに適している靴下を履きましょう。





この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました