就活で香水をつけることはマナー違反?おすすめのエチケット方法を解説

就活

夏場にリクルートスーツを着用していると、汗をかくことが多くなり、「自分の匂いが気になる」という方は多いです。

また、喫煙者はタバコの臭いが気になることもあると思います。

自分の匂いで採用担当者にマイナスな印象を与える可能性があるため、「就活で香水はつけても良いのかな?」と悩まれる方が多いのはないでしょうか?

この記事では、就活で香水をつけることがマナー違反になるのか、ということについて解説します。
おすすめのエチケット方法などもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

就活で香水をつけることはマナー違反?

就活 香水 マナー違反

就活中に匂いが気になることから、「香水をつけても良いのかな?」と悩まれることがあると思いますが、就活で香水はつけることはおすすめしません

一般的な就活マナーでは、香水をつけても問題ないかもしれませんが、香水をつけることでのデメリットが多いです。

メリットとして働くことが少ないので、就活で香水はつけるべきではありません。

ただし、業界によっては、「香水をつけても良い」と言われることがあります。
美容系の企業や、アパレル系の企業では、「堅苦しい就活」というイメージとはかけ離れるため、香水をつけても問題はないです。

就活で香水をつけることをおすすめしない理由

就活 香水 おすすめしない理由

就活で香水をつけることをおすすめしないことには、いくつかの理由があります。

就活で香水をつけるべきではない理由をいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

人それぞれ香りの好みが違う

就活で香水をおすすめしない最大の理由が、「人それぞれ香りの好みが違う」ということです。

香水の中には、甘い香りから自然体の香りまで幅広くあるのですが、人それぞれ好みの香りが異なります。

すべての人が好む香水は存在しないため、就活ではおすすめしないです。

もし、つけていた香水の香りが採用担当者の苦手な香りだった場合には、マイナスの印象を与えてしまうことになります。
それでは、内定獲得から遠ざかってしまいます。

特に、面接では採用担当者に与える印象が肝心なので、好みが分かれる香水はつけない方が良いです。

就活の場に適していないと判断する人がいる

日本では、香水をつけることに対して「オシャレ」とイメージする方が多いです。

就活はオシャレをする場所ではないので、香水をつけていることで、「就活の場に適していない」と判断される可能性があります。

すべての採用担当者が、そのような判断をするわけではないですが、マイナスの印象を与える可能性がある行動は避けるべきです。

「社会人は香水をつけている」と思われるかもしれませんが、社会と就活は別世界になるので、注意してください。

香水の匂いはなかなか消えない

香水の匂いはなかなか消えないため、つけ過ぎてしまったときに対処することができません

例えば、スーツに香水をつけすぎてしまうと、その香りのまま就活をおこなうしかないです。

それでは採用担当者に良い印象を与えることはできません。

就活で香水をつけ過ぎてしまったときに対処できないので、就活では香水をつけることをおすすめしないです。

香水以外に就活で注意すべき臭い

就活 注意すべき臭い

就活では香水の香り以外にも、注意しなければいけない臭いがあります。

臭いから採用担当者にマイナスな印象を与えることがないように、下記の臭いを参考にしてみてください。

タバコの臭い

就活で「清潔感のない人」と判断されることにつながる臭いが「タバコ」です。

タバコの臭いは、喫煙者でも好まないと言われているので、高確率でマイナスな印象を与えることになります。

特に、禁煙者はタバコの臭いに敏感なことが多いので、採用担当者と会うことがあるときにはタバコを吸わないようにしてください。

紙タバコ以外の、電子タバコでも衣服には臭いがつくので、面接などが終わるまでは我慢することをおすすめします。

汗の臭い

夏場の就活では、汗の臭いに注意しなければいけません。

夏場にリクルートスーツを着用して移動していると、高確率で汗をかくと思います。

また、企業の待機部屋が暑かったり、緊張から汗をかいたりすることもあると思うので、「汗の臭い」には注意してください。

汗の臭いは、自分では気付きにくいことが多いので、他の臭いよりも意識することが大切です。

日傘をさして汗をかかないようにしたり、タオルで汗を拭くなどの対策をすることをおすすめします。

防虫剤の臭い

就活以外の機会でリクルートスーツを着用することはないので、長い間タンスにしまっていることが多いと思います。

そのようなときに注意すべき臭いが「防虫剤」です。

「防虫剤に臭いはあるの?」と思われるかもしれませんが、臭いに敏感な方は気付きます。

また、「防虫剤の臭いが苦手」という方も多いので、就活では防虫剤の臭いにも注意する必要があります。

防虫剤の臭いは、「クリーニングに出す」もしくは「消臭剤をかける」ことで対策できます。

就活でおすすめの匂いのエチケット方法

就活 おすすめ エチケット方法

就活で香水はつけるべきではないのですが、「自分の匂いが気になる」という方は多いです。

そこで、就活でおすすめの匂いのエチケット方法をいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

香りの強くないボディミスト

香水よりも香りの強くない「ボディミスト」は、就活でおすすめのエチケット方法として挙げられます。

ボディミストは、ワンプッシュで広範囲に噴射できるので、上方向にプッシュした後に、体全体で浴びるようにくぐると、香りが分散されて全身に香りづけができます。

香水よりも香りは強くないですし、持続性も短くなっているので、一時的な臭い対策として最適です。

また、ボディーミストは、「自然体の香り(せっけん・シトラス系)」のものが多いので、好まない方は少ない傾向にあります。

ただし、採用担当者に会う30分前はつけないことをおすすめします。

ボディミストをつけて間もないときは、香りが目立つかもしれないので、注意してください。

おすすめのボディミストはこちらの記事を参考にしてみてください。
いい匂いのボディミスト人気ランキング30選!今話題のおすすめを厳選!

柔軟剤の匂いにこだわる

就活では、シャツや肌着など家で洗濯できる衣類も着用するので、柔軟剤の匂いにこだわることがエチケット方法として挙げられます。

「柔軟剤で匂いのエチケットができる?」と思われるかもしれませんが、汗の臭いなどは柔軟剤でカバーすることが可能です。

最近では、汗の臭いに反応していい香りを出すタイプの柔軟剤なども発売されています。

就活で着用するシャツや肌着などは、通常時よりも多くの柔軟剤を入れると、良い香りを出すことができます。

しかし、香りの強い柔軟剤はマイナスな印象を与える可能性が考えられるので、柔軟剤の入れ過ぎには注意してください。

肌着やシャツなどの着替えを持っておく

夏場の就活で汗をかくことが多い場合は、肌着やシャツなどの着替えを持っておくと良いです。

面接会場などに到着する前に着替えることで、汗の臭いを気にする必要がなくなります。

また、汗ばんでいる肌着やシャツから着替えることで、気持ちの良い状態で面接や説明会に挑むことができます。

実際に夏場の就活では、着替えを持ち歩いている就活生は多いです。
少し荷物が多くなりますが、匂いのエチケット方法としてはおすすめです。

家族や友人に匂いを確認してもらう

自分の匂いには気付きにくい傾向があるので、家族や友人に匂いを確認してもらうことが大切です。

周りの人が「臭い」と思う匂いでも、毎日嗅いでいると鼻がその臭いに慣れてしまうことがあるので、家族や友人に確認してもらうことはおすすめのエチケット方法になります。

匂いを確認してもらった人が「臭い」と感じる場合は、採用担当者にもマイナスな印象を与える可能性があるので、ボディーミストをつけるなど対処するようにしてください。

就活でやりがちなマナー違反

就活 マナー違反

就活ではさまざまなマナーが定められています。
そのマナーに反していた場合には、採用担当者に良い印象を与えられません。

就活でやりがちなマナー違反をいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

髪型を整えていない

就活では「身だしなみ」を整えることが1つのマナーとされているのですが、意外にも髪型を整えていない就活生が多いです。

髪型を整えないことは、マナー違反になるので注意してください。

男性の場合はワックスや、ジュルでスタイリングすることをおすすめします。
ただし、「オシャレ」なスタイリングは不要で、清潔感を出すためのスタイリングを意識してください。

女性の場合は、頭を下げても前髪が下りてこないようにすることが大切です。
就活では頭を下げることが多いため、前髪が下りてくると身だしなみが整っているとは判断されません。

髪型は印象を大きく左右するので、しっかり整えることが大切です。

腕時計を付けていない

就活でやりがちなマナー違反として、腕時計を付けていないということが挙げられます。

「就活で腕時計を付けることはマナーなの?」と思われたかもしれませんが、就活マナーにおいて腕時計は付けるべきです。

特に、面接時には腕時計の有無を確認されることがあるので、必ず付けるようにしてください。

また、付けている腕時計を確認されることがあります。
一般的には、シルバーの腕時計や、革ベルトのシンプルな腕時計が良いとされています。

近年は、Apple Watchなどのスマートウォッチも就活で付けて良いとされているので、Apple Watchなどを持っている方は、新しい腕時計を購入する必要はないです。

就活でApple Watchを付けるときはこちらの記事を参考にしてみてください。
就活でApple Watchを着けても問題ない?Apple Watchを着けるときの注意点を解説

ビジネスバッグを持っていない

就活では、履歴書やノート、手帳、パソコンなど荷物が多いので、リュックを利用している方は多いと思いますが、リュックはマナー違反になります。

就活では、ビジネスバッグを利用することがマナーとされていて、ブリーフケースなどの取手が付いているバッグが最適です。

就活のバッグで必要なのは、オシャレさではなく、清潔感やマナーになるので、黒で無地のブリーフケースが適しています

男性は「ナイロン素材」、女性は「合成素材」がおすすめです。

ブリーフケースは社会人になっても使うことができるので、機能性や耐久性を重要視して購入してみてください。

就活でリュックがマナー違反になる理由はこちらの記事を参考にしてみてください。
就活においてリュックはあり?なし?就活でリュックを避けるべき理由を考えてみた

まとめ

就活 香水

この記事では、就活で香水をつけることについてお伝えしました。
この記事でのポイントは以下です。

・就活で香水をつけることはおすすめしない
・香水の香りによって好みが分かれる
・香水は就活という場に適していない
・就活ではタバコや汗の臭いにも注意すべき
・就活中は「ボディミスト」がおすすめ
・肌着やシャツは着替えを持っておくと良い
・自分の匂いは周りに確認してもらうべき

夏場の就活などでは、匂いが気になると思いますが、香水をつけることはおすすめしません

香水をつけているだけで、採用担当者からマイナスな印象を受ける可能性があります。

自分の匂いが気になる方は、香りの弱いボディミストや、新しい着替えを持っておくなどのエチケット方法をおすすめします。

就活では、採用担当者に良い印象を与えることが大切なので、香水以外の就活マナーにも注意が必要です。
この記事でお伝えした内容を参考にして、就活マナーに反することがないようにしましょう。

この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

  1. […] 5つ目の項目が「匂い」です。実は匂いも身だしなみの1つとして扱われます。匂いで抑えておきたい点は、「相手が不快にならない匂い」ということです。タバコの匂いなどは大きく印象を下げてしまいます。また夏場になると「体臭」にも意識を向ける必要があります。そして「香水」は人それぞれ好みが違いますし、就活の場に適していないと判断されることがあります。そのため就活に香水は付けないことをおすすめします。就活での匂いに関することは「こちらの記事」を参考にしてみてください! […]

タイトルとURLをコピーしました