就活でApple Watchを着けても問題ない?Apple Watchを着けるときの注意点を解説

就活 Apple Watch バンド 就活

就活では、腕時計を着けることがマナーになっています。
一般的にはステンレス素材のシルバーの腕時計や、革素材のシンプルな腕時計を着けることがマナーとなっていますが、そのような腕時計を持っていない就活生は多いと思います。

就活生の中で持っている割合が多いのは、「Apple Watch」ではないでしょうか?

この記事では就活でApple Watchを着けても良いのか解説します。
Apple Watchを着けるときの注意点などもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

就活でApple Watchを着けても問題ない?

就活 Apple Watch 面接

Apple Watchは古くから販売されている腕時計ではないため、「就活でも使えるのかな?」と悩む就活生が多いですが、就活でApple Watchを着けても問題ないです。

Apple WatchはApple社から、「腕時計」の1種として販売されているため、就活のマナー違反にはなりません。

就活で腕時計を着ける理由は、いつでも時間を確認できるようにするためです。
現代ではスマホで時間を確認することが多いですが、社会人になるとスマホを出すことがビジネスマナーに反するケースがあり、いつでも腕時計で時間を確認できるようにする必要があります。

そのため時間を確認できる腕時計であれば何でも良く、就活でApple Watchを着けても良いのです。
新しい腕時計を購入する必要はないので、Apple Watchで就活を行なってください。

人事がApple Watchを着けていると話が盛り上がる

Apple Watchは社会人の中でも着けている方が増えているため、人事が着けていることがあります。

その場合は、Apple Watchという共通の話題ができ、人事と話が盛り上がる可能性が考えられます。社会人は大学生ほどの割合でApple Watchを着けていないため、面接中に「Apple Watchを着けているの?」と話を振られる可能性があります。

Apple Watch以外にも、人事と共通していることがあれば、面接とは関係のない話で盛り上げることがあり、良い印象を与えられます
この点を踏まえても、就活でApple Watchは問題ないです。

就活でApple Watchを着けるときの注意点

就活 Apple Watch 注意点

就活でApple Watchを着けても問題ないですが、いくつか注意すべき点があります。

Apple Watchを着けていることで、人事からマイナスな評価を受けないために、下記の注意点を参考にしてみてください。

Apple Watchをマナーモードに設定する

Apple Watchはスマホと連携されることで、LINEやメールなどの通知を受けられるため、就活ではマナーモードに設定するように注意してください。

Apple Watchはスマホ同様に、マナーモードに設定できて、設定していなければ通知音が鳴ります。
もし、就活の場でApple Watchの通知音が鳴ってしまうと、人事に与える印象は最悪です。

就活ではスマホをマナーモードに設定することは覚えている方が多いのですが、Apple Watch設定は忘れてしまう方が多いので、注意してください。

Apple Watchの充電を満タンにする

Apple Watchは電子機器の1つになるため、バッテリー持続時間が決められています。

Apple Watchのシリーズによって持続時間は異なりますが、就活で着ける場合は、充電が切れないように注意してください。

もし、就活で充電が切れてしまうと、本来の目的であった「時間を確認する」ということができなくなります。

特にグループディスカッション中は腕時計で時間を確認する必要があるため、注意が必要です。就活でApple Watchを着けるときは、前日までに充電を満タンにしておきましょう。

派手なバンドはマナー違反になる

就活でApple Watchを着けても良いのですが、バンドのカラーには注意が必要です。

Apple Watchにはピンクや黄色、オレンジなど派手なカラーのバンドが発売されていますが、派手なカラーやオシャレなバンドは就活のマナーに適していません
就活でApple Watchを着けるときには、黒や紺などの暗い色のバンドにする必要があります。

そして、プライベートで派手なバンドを着けている就活生は、暗い色のバンドに変えることを忘れないようにしてください。

Apple Watchはどこで購入するべき?

Apple Watch 購入 就活

就活に向けてApple Watchを購入しようと考えている就活生は、「どこで購入するべきかな?」と悩まれることがあると思います。

Apple Watchは正規品ではなく、偽物も出回っているため、Appleの店舗もしくは、公式のオンラインストアで購入することをおすすめします。

楽天やYahooなどのネットショッピングなどで偽物を購入してしまった場合には、返金などには応じてもらえないケースが多く、正規品でもApple Watchに傷が入っていたり、充電器が入っていない可能性があるので、注意してください。

ただし、「Amazon」はApple社と締結しているため、Apple社が出品しています。
急いで欲しい方には、Amazonで購入することをおすすめします。

バンドは正規品にこだわる必要はない

Apple Watchは正規品の購入をおすすめしましたが、バンドは正規品にこだわり必要はありません

Apple社が販売していないバンドでも、問題なく着けることができ、電子機器ではないため「使えない」という状況に陥ることが考えにくいです。

また、正規品よりも他社が販売しているバンドの方が安いため、就活生にとっては購入しやすいかもしれません。
正規品以外を購入する場合は、レビューを確認することをおすすめします

就活向きのApple Watchバンド3選

就活向き Apple Watch バンド 腕時計

上記でお伝えした通り、Apple Watchのバンドは正規品にこだわる必要がないので、選択肢が山のようにあります。

「どのバンドにしようかな?」と悩まれる方が多いと思うので、おすすめのバンドを3種類ご紹介します。

就活向きのバンドを探している人は、ぜひ参考にしてみてください。

革素材

Apple Watch アップルウォッチ バンド

出典:https://amzn.to/2RR7dXZ

1つ目のおすすめバンドが、革素材のものです。
「Apple Watchに革素材?」と思われるかもしれませんが、革素材のバンドは就活に向いていて、社会人になってからでも使いやすいです。

また、革素材のバンドはリクルートスーツに合わせやすく、Apple Watchだけが目立つことを避けられます。

そして、革素材のバンドは値段が高くなるイメージがあるかと思いますが、2000円程度で購入できます。

就活以外のプライベートでも使いたい人には、革素材のApple Watchバンドがおすすめです。

革素材のバンド購入はこちらから!

ステンレス素材

Apple Watch アップルウォッチ バンド

出典:https://amzn.to/3uQWPhe

Apple Watchということに気付かれたくない人は、ステンレス素材のバンドがおすすめです。

ステンレスは、一般的な腕時計の素材になるので、Apple Watchということが人事にバレにくい傾向があります。

また、革素材のバンド同様に、リクルートスーツに合わせやすいです。

ステンレス素材のバンドは耐久性や防水性に長けているため、長持ちさせたい方にもステンレス素材がおすすめです。

ステンレス素材のバンドは革素材より少し高くなり、2,500円程度で購入することができます。

ステンレス素材のバンド購入はこちらから!

ブレイデッドソロループ

Apple Watch アップルウォッチ バンド

出典:https://amzn.to/3tGFztS

最後のおすすめバンドが、ブレイデッドソロループです。
「ブレイデッドソロループ?」と疑問に感じられた方が多いでしょう。

ブレイデッドソロループとは、シリコン糸を織り込んだ素材で作られていて、留め具などが一切ないバンドです。
Appleの公式サイトでは、「驚くほど快適な着け心地を追求した伸縮性のあるデザイン」と紹介されています。

ナイロン素材のバンドと似ているのですが、ブレイデッドソロループの方が高級感があり、就活向きのバンドになります。

ただし、Appleの正規品を購入すると約1万円します。
この値段は就活生には厳しいものがあると思うので、非正規品の購入をおすすめします。

非正規品でも質の良いものを選べば、不具合を感じることなく、使うことができます。
非正規品のブレイデッドソロループの値段は、2,500円程度です。

ブレイデッドソロループの購入はこちらから!

就活で腕時計以外に抑えておきたいポイント

就活 腕時計以外 ポイント

就活では腕時計以外にも抑えておきたいポイントがあります。

人事に与える印象によって選考結果が変わるため、下記でご紹介するポイントを参考にしてみてください。

身だしなみを整える

就活の面接では、就活生と人事が初めて直接会うことになるケースが多いため、良い第一印象を与えることが大切です。

良い第一印象を与えるには、身だしなみを整えることが大切で、身だしなみは就活マナーの1つになります。

また、相手に与える影響の55%が「視覚情報」と言われていて、身だしなみで自分の印象の55%が決まります。就活の面接では、それだけ身だしなみが大切です。

身だしなみは就活生でも完璧に整えることができるため、人事にマイナスな印象を与えることがないようにしてください。

就活の面接での身だしなみに関しては「就活で内定を決めるには「身だしなみ」が大切なのか?!」の記事を参考にしてみてください。

結論から話す

就活の面接では人事から学生時代に力を入れたことや、入社してやりたいことなど、さまざまな内容の質問をされますが、全ての質問に対して「結論」を初めに話すことが大切です。

結論を初めに話すことで、結論を理解している状態で内容を聞くことができ、就活生が伝えたいことを伝えやすくなります。
伝えたいことが人事に伝わらなければ意味がないため、どんな質問に対しても結論から話すようにしてください。

そして、「結論→内容→結論」の流れで話すことができれば、人事にインパクトを残すことができます。

オンライン面接の対策をしておく

新型コロナウイルスの感染拡大によって、就活の面接はオンラインで実施されることが増えています。
そのため就活生は、オンライン面接の対策しておくことが大切です。

大学でもオンライン授業が増えていることで、PCを使うことに慣れていると思いますが、面接ではさまざまなことを意識・注意しなければいけません。

特に注意しなければいけないのが、タイムラグです。
就活の面接では人事と会話のキャッチボールをする必要があるため、タイムラグが生じることはマイナスな印象を与えることになります。
就活でオンライン面接を受ける前に、しっかりとインターネット環境を整えるようにしてください。

オンライン面接に関しては「主流になっている「オンライン面接」の落とし穴に注意を!」を参考にしてみてください。

まとめ

就活 Apple Watch アップルウォッチ 面接 腕時計 スマートウォッチ

この記事では就活でのApple Watchについてお伝えしました。
この記事でのポイントは以下です。

・就活でApple Watchは着けて良い
・Apple Watchをきっかけに人事と盛り上がる可能性がある
・満タンまで充電してマナーモードに設定する
・就活では黒もしくは紺のバンドにする
・Apple Watchは正規店が購入すべき
・バンドはやすさを重視することがおすすめ
・就活の面接は身だしなみが肝心

Apple Watchは腕時計の1種になるため、就活で着けても一切問題ありません。
しかし、就活に適しているApple Watchを着けることが大切です。

この記事でお伝えした内容を参考にして、就活でApple Watchを着けるようにしてみてください。

この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

  1. […] 就活の身だしなみでは、腕時計や靴下で人事に悪い印象を与えてしまうケースが多いです。そのため就活の場に適している腕時計や、靴下を身に付ける必要があります。「人事がそこまで見てる?」と思われるかもしれませんが、就活の身だしなみにおいて腕時計や靴下は重要視されるポイントです。意識していない人が多いと思いますが、「就活の場に適しているのか」ということを考えて、身に付けるようにしてください。そして、就活生はApple Watchを持っていることが多く、「付けて良いのかな?」と悩まれることが多いです。就活の場に適していないと思われがちですが、Apple Watchは就活で付けても問題ありません。就活でのApple Watchに関することは「こちら」の記事を参考にしてみてください。 […]

タイトルとURLをコピーしました