就活ではメガネよりもコンタクトを付けるべき!

就活 コンタクト メガネ 就活

就活では企業の採用担当者に与える印象がとても大切になります。

そんな印象は容姿が影響することがあり、就活ではメガネよりもコンタクトを付けるべきです。

この記事では、就活でメガネではなく、コンタクトを付けるべき理由について解説します。

就活でコンタクトを付けるときの注意点や、カラーコンタクトに関することもご紹介しているので、就活をきっかけにコンタクトを付けようか悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください。

メガネをかけていることで、マスクが曇りやすいなどのデメリットもあるので、就活ではコンタクトを付けることをおすすめします。
初めは不安が大きいかもしれませんが、コンタクトになれるとメガネよりも断然楽です!

就活ではコンタクトを付けるべき!

就活 コンタクト

就活では、メガネよりもコンタクトを付けるべきです。

メガネでは採用してもらえない」というわけではないのですが、コンタクトの方が採用担当者に良い印象を与えやすくなります。

就活では、採用担当者に与える印象で採用結果が変わることが多々あるので、少しでも良い印象を与えられるコンタクトを付けることをおすすめします。

ただし、人によってはコンタクトよりもメガネの方が良い印象を与えられる可能性があるので、注意してください。

就活でメガネよりもコンタクトをおすすめする理由

就活 コンタクト おすすめ

就活でメガネよりもコンタクトをおすすめする理由は大きく4つあります。

メガネからコンタクトにしようかな?」と悩んでいる方は、下記に記載されている内容を参考にしてみてください。

面接で良い印象を与えやすい

上記でお伝えした通り、コンタクトはメガネよりも良い印象を与えやすいです。

その理由は、表情が伝わりやすいからです。

人は相手の顔が全て見えている方が安心し、好印象を抱く傾向があります。

例えば、「顔が見えている人」と「マスクをして眼鏡をしてあまり顔が見えない人」、どちらに良い印象を抱くでしょうか。

多くの方が、前者と答えると思います。

極端な例かもしれませんが、少しでも相手の顔が見えて、表情が汲み取りやすい方が良い印象を抱きます。

メガネは自分の顔を見えなくするアイテムとして考えられるので、就活ではコンタクトがおすすめです。

メガネの汚れなどから悪い印象を与えない

就活でコンタクトをおすすめする理由として、「メガネの汚れなどから悪い印象を与えない」ということが挙げられます。

就活でメガネをかけていると、レンズの汚れなどから採用担当者に「清潔感がない」と判断されてしまい、悪い印象を与えてしまう可能性があります。

就活では、「清潔感」ということが重要視される傾向があるので、メガネからコンタクトに変えて「清潔感がない」と判断される可能性を低くすることが大切です。

「メガネ」という印象がつかない

就活では採用担当者に強い印象を与えて、記憶に残ることが大切です。

〇〇君がよかったね」と名前を覚えてもらうことができていれば、高確率で選考は通過できます。

名前や人柄を覚えてもらうことが大切になるのですが、メガネをかけていると「メガネの人」という印象がついてしまい、名前や人柄を覚えてもらうことができません。

就活でメガネをかけている割合は少ないので、「メガネの人」という印象がつきやすい傾向があります。

就活で名前や人柄を覚えてもらうためにも、メガネよりもコンタクトをおすすめします。

Web面接で表情を伝えやすい

新型コロナウイルスの感染拡大によって、対面での面接は減り、Web面接が多くなっています。

Web面接では画面越しになるので、自分の表情が伝わりにくいという傾向があります。

また、メガネをかけていると、「光がレンズに反射して、表情が見えない」ということが多々あります。

表情が見えない状態での面接は採用担当者に良い印象を与えられないので、就活ではメガネからコンタクトに変えるべきです。

コンタクトであれば、Web面接で光が反射することはありません

就活でコンタクトを付けるときの注意点

就活 コンタクト 注意点

就活でコンタクトを付けるときには、いくつか注意すべきことがあります。

メガネからコンタクトに変えたことを後悔しないように、下記の注意点を参考にしてみてください。

証明写真のときからコンタクトにする

就活では「エントリーシートを送る→面接」という流れになっています。

就活で提出するエントリーシートには、事前に撮影した「証明写真」を貼る必要があります。

そのため、証明写真を撮るときには、コンタクトに変えておくことが大切です。

もし、メガネの状態で証明写真を撮っていると、面接当日に「違う人なのか?」と疑問を抱かれてしまいます。

エントリーシートの写真と異なる容姿でも問題ありませんが、スムーズに面接を進めてもらうためには、証明写真のときからコンタクトにすることが大切です。

予備のコンタクトを持っておく

コンタクトを付けている状態でホコリやゴミが目に入ってしまうと、強い痛みを感じます。

場合によっては目を開けられないほど痛くなるときがあり、目を洗うときや擦るときにコンタクトが外れてしまうことがあります。

外出先でコンタクトを付け直すことは難しいので、就活中は予備のコンタクトを持っておくことが大切です。

予備のコンタクトを持っていれば、痛くなったときや、外れてしまったときでも、すぐに新しいものを付けられます。

目に違和感がある状態では就活に集中できないので、予備のコンタクトは大切です。

すぐにコンタクトを付けられるようにする

メガネからコンタクトに変えて間もないときは、コンタクトを付けることに時間がかかります。

初めてコンタクトを付けるときは、30分以上の時間がかかることもあるので、就活が始まるまでに素早く付けられるようになっておくことが大切です。

また、コンタクトを付けている状態で生活することにも慣れることが大切なので、就活が本格的に始まる2週間~3週間前にはメガネからコンタクトに変えることをおすすめします。

就活で「カラーコンタクト」は付けて良い?

就活 カラーコンタクト

メガネをかけている女性や、無色のコンタクトをしている女性は、「就活でカラーコンタクトを付けても良いのかな?」と悩まれることがあると思います。

結論からお伝えすると、就活でカラーコンタクトは付けて良いです。

人によって目の色は変わるため、面接の場だけでカラーコンタクトを付けていることがバレることはありません。

もし、採用担当者に気付かれてしまっても、マイナスな印象を与えることは考えにくいです。

ただし、派手なカラーコンタクトは付けるべきではありません。

就活はフォーマルな場だと考えられているため、黒や茶色のカラーコンタクトを付けるようにしてください。

就活向きのカラーコンタクトは下記の通りです。

・エルージュ「アーバンブラウン」
・フランミー「カカオワッフル」
・カラーズ「ナチュラルブラウン」
・フォモミ「ジェムブラウン」
・キャラアイ「ラッセルブラウン」

これらのカラーコンタクトであれば、就活で付けても問題ありません。

職種によってカラーコンタクトはNG

「就活でカラーコンタクトは付けて良い」とお伝えしましたが、職種によってはNGです。

カラーコンタクトがNGと言われている職種は下記の通りです。

・公務員
・銀行員
・医療関係
・教育関係 など

これらの職種では、お客様からの「信頼」が最も大切になるため、カラーコンタクトはNGと言われています。

上記の職種への就職を希望する場合は、無色のコンタクトを付けるようにしてください。

就活生が知っておきたいコンタクトに関する知識

就活 コンタクト 情報

メガネからコンタクトに変えるときは、事前にコンタクトに関する知識を身に付けておくことが大切です。

就活生が知っておきたいコンタクトに関する知識をいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

コンタクトを購入するまでの流れ

コンタクトは「高度管理医療機器」に分類されているため、眼科で処方箋をもらう必要があります。

眼科で視力や眼圧などを検査してもらうことで、自分にあったコンタクトを知ることができます。

初めてコンタクトを購入するときは、眼科で付け方やケア方法などを教えてもらうことが可能です。

眼科で処方箋をもらうことができれば、指定されたコンタクトを購入します。

ネットでも購入することが可能ですが、コンタクトを購入したいときは眼科で検査してもらうようにしてください。

眼科での検査の流れや料金などはこちらの記事を参考にしてみてください。
【コンタクトレンズの処方箋のもらい方】眼科の受診方法や費用などを解説

就活におすすめのコンタクトのタイプ

コンタクトは大きく3つのタイプの分けられます。

コンタクトの3つのタイプは下記の通りです。

・1Day(1日使い捨て)
・2Week(2週間使い捨て)
・1Month(1カ月使い捨て)

コスパを重要視するには、「2Week・1Month」がおすすめなのですが、コンタクトに慣れるまでは「1Day」がおすすめです。

1日で使い切るコンタクトなので、痛みを感じたときに新しいものに変えやすい特徴があります。

また、ケアが不要で衛生的なコンタクトになっています。

コンタクトに慣れてくると、「2Week・1Month」へ変更することをおすすめします。

コンタクトの相場

コンタクトの料金は、上記でお伝えしたタイプによって異なります。

タイプ別の相場は下記の通りです。

1Day:12,000円~15,000円(3カ月分)
2Week:4,000円~6,000円(3カ月分)
1Month:5,000円~6,000円(3カ月分)

コンタクト料金は1Dayタイプが最も高いですが、2Weekと1Monthはケア用品が必要になるため、コンタクト料金に加えて、2,000円ほど高くなります。

コンタクトを付ける頻度や料金などを考えて、どのタイプを購入するか判断してみてください。

まとめ

この記事では、就活でコンタクトを付けるべき理由についてお伝えしました。

この記事でのポイントは以下です。

・コンタクトは面接で良い印象を与えやすい
・コンタクトにすることで名前や人柄で覚えてもらいやすい
・Web面接でも反射しない
・就活中は予備のコンタクトを持つ
・職種によってはカラーコンタクトでも良い
・就活生には「1Day」がおすすめ

メガネよりもコンタクトの方が、採用担当者に良い印象を与えやすくなります。

その他にもメガネからコンタクトに変えるメリットがあるので、就活をきっかけに変えてみることをおすすめします。

この記事でお伝えした内容を参考にし、メガネからコンタクトに変更してみましょう。

メガネからコンタクトに変えることは少し勇気が必要かもしれませんが、慣れてしまうとコンタクトの方が楽です。
メガネをかけていることが不採用につながることはありませんが、コンタクトの方が良い印象を与えられます!
私もコンタクトを付けていますが、メガネをかけていた時よりも、周りの印象が変わったと実感しています。
希望している企業から内定をもらうためにも、メガネからコンタクトへ変えてみてください!


職LABライター「AKito」がおすすめする就活コラム!
就活でTwitterがバレることはある?人事にアカウントを特定されることには注意が必要

就活とバイトは両立すべき?両立するコツと注意点を解説

就活の趣味欄にはサウナと書くべき!人事との距離を縮められる



この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました