【就活はコンタクトがおすすめ】メガネは不利になることがある

就活 コンタクト メガネ 身だしなみ

新しい就活のカタチ!企業情報からエントリーまで全てが動画で完結!就活版Netflix【JOBTV】

就活では採用担当者に与える印象が採用結果を左右することがあります。人間は第一印象の55%を容姿(見た目)から判断するため、好印象を与えるには容姿にこだわることが大切です。

その中で「就活ではコンタクトとメガネ、どっちが良い?」「就活中はコンタクトにすべき?」などと悩まれることがあるのではないでしょうか。

この記事では、コンタクトとメガネ、どちらが就活におすすめなのかということについて解説します。

就活では1つの印象で不採用になることがあるので、コンタクトとメガネで迷っている学生はぜひ最後までご覧ください!

就活はコンタクトがおすすめ

就活 コンタクト メガネ

就活では、メガネよりもコンタクトがおすすめです。メガネよりもコンタクトの方が好印象を与えやすく、選考通過・内定率を高くすることにつながります。

実際に就活生はメガネよりもコンタクトの割合が多いです。

ただし、「就活でメガネはNG」というわけでありません。「メガネの学生は採用しない」という企業は存在しないので、メガネで就活に取り組んでも問題ないです。

少しでも選考通過・内定率を高くしたい方には、メガネよりもコンタクトをおすすめします。

社会人になってからのことを考えても、メガネよりもコンタクトがおすすめです!

就活でコンタクトをおすすめする理由

就活 コンタクト メガネ

就活でコンタクトをおすすめすることには、いくつかの理由があります。就活でメガネよりもコンタクトをおすすめする理由をご紹介します。

面接で好印象を与えやすい

就活でコンタクトをおすすめする最大の理由は、面接で好印象を与えやすいことです。コンタクトにすることで顔の前にフレームがなくなり、素顔・表情を採用担当者に伝えやすくなります。

人は相手の顔が全て見えている状態に安心感を抱き、信頼を寄せる傾向があります。例えば、「顔が見えている人」と「マスク・眼鏡をしてあまり顔が見えない人」がいたとします。

この場合は、多くの方が前者に好印象を抱くと思います。特に、就活の面接では表情を伝えることが大切になるので、メガネよりもコンタクトをおすすめします。

昨今はマスクをした状態での面接が増えているため、コンタクトにし少しでも表情を伝わりやすくすべきです!

就活生への負担が少ない

就活は夏でもリクルートスーツを着用する必要があり、汗をかくケースが多いです。

その中でメガネをしているとレンズが曇ったり、より暑さを感じることになるので、就活ではコンタクトをおすすめします。メガネからコンタクトに変えるだけで、就活生への負担が少なくなります。

また、感染症の拡大防止としてマスクの着用が義務付けられているため、夏以外でもレンズが曇りやすいです。楽な思いをするためにも、就活ではコンタクトをおすすめします。

私自身、メガネよりもコンタクトの方が負担が少ないため、外出時はコンタクトをしています!

身だしなみで評価されやすくなる

就活でコンタクトをおすすめする3つ目の理由は、「身だしなみで評価されやすくなる」ということです。メガネということで身だしなみに対する評価が下がるわけではありません。

しかし、メガネをつけていることで、レンズが汚れてしまう可能性は大いに考えられます。もし、面接中にメガネのレンズが汚れていると、「清潔感がない」と判断されてしまいます。

コンタクトは透明になるので、身だしなみにマイナスの影響は与えません。

上記でお伝えした通り、人間は容姿(見た目)から第一印象の55%を決めるため、少しの汚れでも評価が下がってしまいます。

就活では「清潔感」が重要視されるため、メガネよりもコンタクトがおすすめです!

就活でメガネが不利になるケース

就活 コンタクト メガネ 不利

就活ではコンタクト・メガネのどちらでも内定をもらえるのですが、メガネは不利になることがあります。就活でメガネであることから不利になるケースをいくつかご紹介します。

メガネという印象になる

就活では採用担当者に強い印象を与えて、記憶に残ることが大切です。

名前や人柄を覚えてもらうことが大切になるのですが、メガネをかけていると「メガネの人」という印象がついてしまい、名前や人柄を覚えてもらうことができません。

就活でメガネをかけている割合は少ないので、「メガネの人」という印象がつきやすいです。

メガネという印象がついてしまうことは、就活において不利になることです。自分自身をアピールし採用担当者の記憶に残ることにおいては、メガネが邪魔になってしまうかもしれません。

メガネという印象になることは、就活に限らず社会人になってからでも考えられることです。

Web面接でメガネが反射する

最近はWeb面接を実施する企業が増えています。Web面接でメガネをかけていると、レンズが光に反射してしまうことがあります。

Web面接でレンズが反射することは就活において不利になり、採用担当者に良い印象は与えないです。

レンズが反射していると、表情が伝わりにくくなります。

感染症が終息してもWeb面接を実施し続ける企業が多いと言われているため、就活をきっかけにメガネからコンタクトに変えるべきです。

Web面接ではイヤホンとヘッドホンで悩まれる方が多いです、、

こちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

視力や見た目を重視する業界がある

就活でメガネが不利になる最後のケースが、視力や見た目を重要する業界にエントリーしたときです。

例えば、医療業界では業務の特性上、視力が重要になるため、メガネが不利に働く可能性が考えられます。

医療業界以外に視力・見た目を重視する業界・職種は下記の通りです。

  • 航空業界
  • アパレル業界
  • 化粧品業界
  • 接客業界
  • 警察官
  • 消防士 など

これらの業界・職種では、メガネをかけていることが不利に働く可能性があります。

shokulab Instagram

就活でコンタクトを付けるときのポイント

就活 コンタクト メガネ

就活をきっかけにメガネからコンタクトに変える方は少なくないと思います。そこで就活でコンタクトを付けるときのポイントをいくつかご紹介します。

コンタクトに変えたことを後悔しないためにも、下記のポイントを参考にしてみてください。

証明写真からコンタクトにする

就活では「エントリーシートを送る→面接」という流れになっています。

エントリーシートには事前に撮影した「証明写真」を貼る必要があるので、証明写真を撮るときにはコンタクトに変えておくことが大切です。

提出した証明写真から容姿はそれほど変えないようにすべきです。

もし、メガネの状態で証明写真を撮っていると、採用担当者が戸惑う可能性が高いです。少しでもスムーズに面接を進めるためにも、証明写真のときからコンタクトにすべきです。

証明写真はエントリーシート提出の1週間~1カ月前に撮ることをおすすめします!

予備のコンタクトを持ち歩く

コンタクトを付けている状態でホコリやゴミが目に入ってしまうと、強い痛みを感じます。

場合によっては目を開けられないほど痛くなるときがあり、目を洗うときや擦るときにコンタクトが外れてしまうことがあります。

外出先で付け直すことは難しいので、就活中は予備のコンタクトを持っておくことが大切です。

予備のコンタクトを持っていれば、万が一のことがあっても安心です。

目に違和感がある状態では就活に集中できないので、予備のコンタクトは大切です。

素早く付けられるようになる

メガネからコンタクトに変えて間もないときは、付けることに時間がかかります。

初めてコンタクトを付けるときは、10分以上の時間がかかることもあるので、就活が始まるまでに素早く付けられるようになることが大切です。

コンタクトに慣れれば、1分程度で両目付けることができます。

また、コンタクトを付けている状態で生活することにも慣れることが大切です。就活に集中するためにも、2週間~3週間前にはメガネからコンタクトに変えることをおすすめします。

メガネからコンタクトに変えることは、可能な限り早くすべきです!

1Dayコンタクトがおすすめ

コンタクトは大きく3つのタイプに分けられます。

  • 1Day
  • 2Week
  • 1Month

コスパを重要視する方には「2Week・1Month」がおすすめなのですが、コンタクトに慣れるまでは「1Day」がおすすめです。

1日で使い切るタイプなので、痛みを感じたときに新しいものに変えやすい特徴があります。また、ケアが不要で衛生的なコンタクトになっています。

コンタクトに慣れ始めてから、「2Week・1Month」へ変更することをおすすめします!

派手なカラーコンタクトはつけない

女性に限り、「カラーコンタクトは付けて良い?」と悩まれると思いますが、就活でカラーコンタクトは問題ありません

カラーコンタクトはメイクの1つになるので、採用担当者から指摘されることは考えにくいです。ただし、派手なカラーコンタクトは就活で付けるべきではありません。

就活はフォーマルな場だと考えられているため、黒や茶色のカラーコンタクトを付けるようにしてください。就活向きのカラーコンタクトは下記の通りです。

  • エルージュ アーバンブラウン
  • フランミー カカオワッフル
  • カラーズ ナチュラルブラウン
  • フォモミ ジェムブラウン
  • キャラアイ ラッセルブラウン

これらのカラーコンタクトであれば、就活で付けても問題ありません。

ShokuLab公式LINEの特徴

ShokuLabでは、就活生が抱える悩みの解決・有益な情報を提供する「公式LINE」を開設しています。

就活は情報戦とも言われるほど情報が大切になり、自分の力だけで内定を目指す必要はありません。ShokuLabの公式LINEでは、登録者が内定を獲得できるように全力でサポートします。

公式LINEから情報商材・能力開発商材への誘導は一切ありません!

ShokuLab公式LINEの対応スタッフ

ShokuLabの公式LINEでは、専任の就活アドバイザーが全力でサポート。就活アドバイザーはShokuLabメディアのコラムも執筆しています。

就活アドバイザーの経歴例

  • 大学在学中にビジネススクールに入校
  • 約2年間、就職活動・ビジネスについて学ぶ
  • リーダーボジションで多くの新卒就活生を輩出
  • Shokulabライターとしてコラム執筆中

ShokuLabの公式LINEでは、他社の就活アドバイザーよりも「就活生に寄り添うこと」を大切にしています。

ShokuLab公式LINEの使い方

ShokuLab公式LINEの使い方は下記の通りです。

  1. ShokuLab公式LINEを友達追加
  2. 就活に関する悩み・疑問を相談
  3. 24時間以内に就活アドバイザーが返信
  4. 悩み・疑問解決

就活生による悩み・疑問の相談以外にも、定期的に「日本の就活生が持つQ&A」「新卒採用を募集する企業情報」「就活に活きる鮮度の高いニュース」などを発信しています。

ShokuLabの公式LINEでは、価値のある質の高い情報だけを共有します!

お悩み相談に関する内容

ShokuLabの公式LINE最大の特徴は、就活アドバイザーへの悩み相談です。就活生が抱える悩み・疑問を就活アドバイザーが24時間以内にお答えします。

悩み・疑問の解決をゴールとしているため、何度も何度もメッセージのやり取りが可能です

また、就職活動にまつわる相談・疑問だけではなく、ESの添削や将来のキャリアプラン、大学生活に関することにも対応しています。

ShokuLabの公式LINEを友達追加するだけで、いつでも気軽に相談することが可能です。

まとめ

就活 コンタクト メガネ まとめ

この記事では、コンタクトとメガネのどちらが就活におすすめかということをお伝えしました。

どちらでも内定をもらうことはできますが、メガネよりもコンタクトをおすすめします。就活においてはメガネよりもコンタクトの方がメリットが多く、採用担当者に好印象を与えやすいです。

場合によってはメガネが不利になることもあるので、就活をきっかけにコンタクトに変更することをおすすめします。

この記事でお伝えした内容を参考にし、メガネからコンタクトへの変更を検討してみてください。

shokulab Instagram
この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
身だしなみ
西川秋斗をフォローする
ShokuLab

コメント

タイトルとURLをコピーしました