就活で日焼けしている肌は印象が悪い?日焼けしたときの注意点をご紹介

就活 日焼け 就活

5月~10月頃までの紫外線が強い時期には、肌が日焼けすることがあると思います。

日焼けは紫外線を浴びることによって引き起こる自然な現象なのですが、「就活中の日焼けは印象が悪いのかな?」と悩まれることがあるのではないでしょうか?

この記事では、就活の日焼けは印象が悪くなるのか、ということについて解説します。

日焼けしたときの注意点や、採用担当者に印象が悪くなる行動などもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

就活で日焼けしている肌は印象が悪い?

就活 日焼け 印象

就活では採用担当者に与える印象が大切になるので、「就活中の日焼けは印象が悪くなるのかな?」と悩まれるかもしれませんが、日焼けをしても印象は悪くなりません

そもそも、就活ではリクルートスーツを着用しているため、顔以外の肌は見えていないです。

履歴書で提出した顔写真より日焼けをしていても、「日焼けしているから、この人はダメ」とはならないでの、安心してください。

実際に社会人でも日焼けをしている方は存在しますし、採用担当者自身が日焼けをしている可能性も少なくないです。

ただし、日焼けしていることが悪い印象につながる会社があります。
それは「日焼け止め」などを発売している化粧品会社や、美白を売りにしている美容エステなどです。

それらの会社では、日焼けしていることが自社のブランドイメージダウンにつながるので、日焼けをしている就活生は好まれない可能性があるので、注意してください。

就活で日焼けしていても問題がない理由

就活 日焼け 理由

就活で日焼けをしていても問題ないことには、いくつか理由があります。

就活で日焼けをしていても問題がない理由をいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

日焼けすることは自然なこと

日焼けとは、紫外線を皮膚が浴びることによって、皮膚が赤く炎症を起こすことを指します。

日焼けをした後には、紫外線から肌を守るために、メラニンという黒い色素を大量に作り出し、どんどん肌の色が黒くなります。

これら一連の流れは、人間の体が勝手におこなっていることで、外には紫外線があるので、日焼けすることは自然なことです。

採用担当者や、会社の社長でも日焼けをするため、印象が悪くなることはありません。

就活マナーに反していない

就活にはさまざまなマナーが定められていますが、「日焼けをしたらいけない」というマナーは定められていません

基本的に就活マナーに反していないことは、おこなっても問題がないので、就活で日焼けをしても問題がないと考えられます。

また、就活では「容姿(見た目)」から採用結果を判断するケースは少ないので、日焼けをしていても問題ありません。

日焼けから話が広がる可能性がある

提出していた顔写真より日焼けをしていた場合には、「日焼けしているね」などと話を振られることがあります。

そのときに、採用担当者が興味のある話題を提供できれば、一気に話が広がります。

例えば、サーフィンを趣味としていて、日焼けをしたとしましょう。
もし、採用担当者もサーフィンを趣味としていた場合には、「君もサーフィンするの?」「どこでするの?」「どんな板を使っているの?」と話が広がり、採用担当者との距離を縮められる可能性があります。

採用担当者との距離を縮められれば、就職成功率はグンと高くなります

日焼けは内定獲得の近道になる可能性があるので、日焼けをしていても問題ないと考えられます。

就活中に日焼けしたときに抑えておきたい注意点

就活中 日焼け 注意点

就活で日焼けをしても問題ないのですが、いくつか抑えておきたい注意点があります。

日焼けをしたことで悪い印象につながることがないように、下記から注意点を参考にしてみてください。

体調を崩さないようにする

上記でお伝えした通り、日焼けしたということは皮膚が紫外線を浴びています。

紫外線を浴びると、身体の中には「活性酸素」という物質が増えます。
この活性酸素には、外敵を撃退するなどの大切な働きもあるのですが、増えすぎると正常な細胞も傷つけ、体にストレスを与えてしまいます。

その結果、体調を崩してしまう可能性があるので、日焼けをしたときには「ビタミンC」を摂取して、体調を崩さないように注意してください

就活の説明会や面接などは、体調不良で日程変更してもらうことができないので、日焼けを理由に体調を崩さないことが大切です。

肌のケアを忘れない

日焼けをすると、肌の表面は余分な角質が滞った状態になり、肌の内部はバリア機能が低下し、乾燥しやすくなってしまいます。

バリア機能が低下した肌は、無防備な状態でさまざまな肌トラブルを引き起こす可能性が高くなります。

就活に集中できないほど大きな肌トラブルに発展する可能性も考えられるので、日焼け後は肌のケアを忘れないことが大切です。

紫外線を浴びるときには、日焼け止めを塗るようにして、日焼けをしてしまった肌は冷やして、炎症を抑えるようにしてください。

また、日焼け後の回復や紫外線によるダメージ予防のためには、抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eを含む野菜・果物を積極的に食べることをおすすめします。

日焼け後の肌のケアはこちらの記事を参考にしてみてください。
守るだけではダメ!日焼け後のアフターケアで夏老け知らずの肌へ

日焼けに関する質問の回答を準備しておく

就活で日焼けをしても問題ないのですが、「なんで日焼けしているの?」「日焼けしているね」など、日焼けに関する質問にはしっかりと回答できるようにしておくことが大切です。

もし、「あ、え、これは…」などと詰まってしまうと、「遊んでいることを隠したいのか」などと悪い印象につながる可能性があります。

上記でお伝えした通り、日焼けをすることは自然なことなので、「ゴルフで焼けました」「友人と海に行き、日焼けしました」など、隠すことなくはっきりと回答するようにしてください。

就活中に遊んでいることがマイナスな印象につながることはないので、本当のことを伝えると良いです。

就活で採用担当者からの印象が悪くなること

就活 採用担当者 印象が悪くなる

就活では採用担当者からの印象がとても大切です。

印象が悪いと採用される可能性は低くなるので、就活中で採用担当者からの印象が悪くなることをいくつかご紹介します。

採用率を高くするためにも、下記から参考にしてみてください。

集合時間に遅刻をする

就活の説明会や面接などでは、必ず集合時間が決められています。

社会人で時間を守ることは、当たり前のマナーとされているため、就活で集合時間に遅刻することは採用担当者からの印象が悪くなります。

1分の遅刻でも採用担当者からの印象は悪くなるので、集合時間の15分前には到着することが大切です。

また、交通機関の遅れによって集合時間に遅刻する場合は、事前に会社に連絡するようにしてください。

就活で遅刻することがないように、日頃から10分前行動を意識することをおすすめします。

声が小さい

就活の面接で採用担当者が確認している1つの項目として、「声の大きさ」が挙げられます。

面接では多くの就活生が、大きな声でハキハキと受け答えをするため、声が小さいと採用担当者からの印象は悪くなります。

また、採用担当者の目を見て話すことが大切です。
「人の目を見て話す」ということを大切にしている採用担当者は多く、目を見ていないことがマイナスな印象につながることもあるので、注意してください。

ただし、やり過ぎには注意が必要です。
とても大きな声でずっと目を見ていると、不信感を覚えるため、適切な声量で適度に目を見るように心がけることをおすすめします。

身だしなみが整っていない

就活では、「身だしなみ」を重要視するケースが多いです。

就活では、全員がリクルートスーツを着用しているため、身だしなみが整っているのか、整っていないのかをすぐに判断できます。

身だしなみを整えることは社会人にとって当たり前のことになるので、面接の場では厳しくチェックされ、整っていないと採用担当者に悪い印象を与えてしまいます。

また、リクルートスーツ以外にも、髪型や靴なども身だしなみの一部として確認されるので、些細な部分まで整えることが大切です。

身だしなみは採用結果を左右することもあるので、完璧に整えることをおすすめします。

就活での身だしなみはこちらの記事を参考にしてみてください。
就活で内定を決めるには「身だしなみ」が大切なのか?!

清潔感がない

採用担当者の多くは、就活生の「清潔感」を確認します。
お客様に接客したり、取引先企業に営業したりするときなどに清潔感がとても大切になるからです。

社会人にとって大切になる清潔感が欠けている場合は、採用担当者からの印象は悪くなります。

採用担当者の立場になって考えると、清潔感のない不潔な人を「採用したい」とは感じることはないと思います。

男性の場合は、髪の毛を短くしたり、肌のケアをしたりすることで清潔感を出せます。

女性の場合は、髪の毛のケアをしたり、ナチュラルメイクを意識したりすることで、清潔感を出すことが可能です。

誰でも清潔感は出すことができるので、「不潔だな」と思われないように工夫してみてください。

まとめ

就活 日焼け

この記事では就活での日焼けについてお伝えしました。
この記事でのポイントは以下です。

・就活での日焼けは気にしなくて良い
・化粧品会社などは日焼けを好まない可能性がある
・日焼けから採用担当者と距離が縮まることがある
・日焼けをして就活中に体調を崩さないようにする
・日焼けをした後は肌のケアをすべき
・日焼けした理由を隠す必要はない

日焼けをするのは自然なことなので、就活でマイナスな印象につながることはないです。

ただし、「日焼けしているね」と話を振られる可能性があるので、「なぜ、日焼けしているのか」ということをはっきりと伝えられるようにしておく必要があります。

就活中の日焼けは、しっかりと肌のケアを忘れずにおこない、体調を崩さないようにしてください。

この記事でお伝えした内容を参考にして、日焼けから採用担当者との距離を縮められるようにしましょう。

この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB
タイトルとURLをコピーしました