就活で趣味はゴルフと答えるべき!人事から良い印象を得られる

就活 ゴルフ 就活

就活では、「あなたの趣味は何ですか?」と問われることが多いです。

就活で趣味を問われたときには、「ゴルフ」と答えることで人事から良い印象を得ることができます。

しかし、「なぜ、ゴルフと答えることで良い印象を得られるの?」と疑問に感じている方は多いのではないでしょうか?

この記事では、就活で趣味をゴルフと答えるべき理由について解説します。

ゴルフをアピールするときのポイントや、ラウンドを回るまでのステップなどもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

就活では「趣味=ゴルフ」と答えるべき

就活 趣味 ゴルフ

就活では、履歴書や面接などで「趣味は何ですか?」と問われることが多いです。
就活で趣味を問われたときには、「ゴルフ」と答えることをおすすめします。

「ゴルフ?」と思われたかもしれませんが、趣味をゴルフと答えるだけで、一気に内定が近づきます。

ただし、ウソをつくことはおすすめしません。
就活で趣味が問われる理由としては、就活生の人柄を探る目的があるので、深掘りされる可能性が高く、ウソはバレれてしまうことが多いです。

就活で「趣味=ゴルフ」と答えるには、実際に始める必要があります。

就活で「趣味=ゴルフ」と答えるべき3つの理由

就活 趣味 ゴルフ 理由

就活で「趣味=ゴルフ」と答えるべきとお伝えしましたが、「なんで?」と疑問に感じている人が多いでしょう。

就活で趣味をゴルフと答えるべき理由は、大きく3つあります。
就活で趣味をゴルフと答えるべき3つの理由を詳しくご紹介します。

人事と共通の話題を提供できる

企業によって異なりますが、人事は40歳以上の方が勤めているケースが多く、ゴルフを趣味としている可能性がとても高いです。

社会人になると、接待としてゴルフをおこなうことがあるので、人事を務めるほどの方であれば、高確率でゴルフを趣味としています。

そのため趣味をゴルフと答えることは、人事と共通の話題を提供できるということです。

人事と共通の話題を提供することができれば、「ゴルフはいつからやっているの?」「スコアはどれぐらい?」とゴルフにまつわるコミュニケーションを取れます

もし、就活で「趣味はゲーム」と答えると、人事が共感することができずに、「そうですか」で終わってしまいます。

趣味に対する質問は人事とコミュニケーションを取る絶好の機会になるので、趣味をゴルフと答えべきなのです。

社会人になってからでも通用する趣味

就活では、社会人になってから活躍するであろう人材を探しています。
趣味に関する質問は、活躍するであろう人材を見つける判断材料として扱われることがあり、ゴルフと答えることで、「社会人になっても通用する趣味」と思わせることができます。

上記でお伝えした通り、社会人ではゴルフをしている方が多く、接待でゴルフをおこなうこともあるので、「社会人でも通用する」と思わせることはとても大事なことです。

他にも、社会人で通用する趣味はありますが、ゴルフよりも好印象を与えられるものを答えることは難しいでしょう。

強い印象を残すことができる

就活で趣味を質問されて、「ゴルフ」と答える割合はとても少ないです。

そのためゴルフと答えるだけで、人事に強い印象を残すことができます。
強い印象を残すことができれば、内定は近づきます。

また、上記でお伝えした通り、ゴルフは人事と共通の話題になるので、より強い印象を残すことができるでしょう。

面接が終わってから、「〇〇さんがよかったね」と記憶に残っていれば、高確率で通過・内定をもらえます。
人事に強印象を残すためにも、ゴルフと答えるべきです。

就活でゴルフをアピールするときに抑えておきたいポイント

就活 ゴルフ アピール ポイント

就活で趣味がゴルフということをアピールするときには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。

ゴルフをアピールすることでマイナスなイメージにつながらないように、下記のポイントを参考にしてみてください。

ゴルフに関する知識を身に付けておく

ゴルフは人事と共通の話題になるため、話を広げられる可能性が高いです。

「どこのクラブを使っているの?」「最近回ったコースは?」「好きなゴルファーは?」など、さまざまな質問をされる可能性があるので、ゴルフに関する知識をつけておくことが大切です。

もし、「どこのクラブを使っているの?」という質問に対して、「貰ったものなので、あまりわかりません」などと答えると、話を広げてくれたことを無駄にしてしまいます。

それでは、就活でゴルフをアピールする意味がなくなるので、クラブのメーカーや一流のゴルファー、近辺のゴルフ場、ゴルフのあるあるなどは、しっかりと抑えておくことが大切です。

人事よりも優位な立場を取らない

就活の面接では、人事に良い印象を与えることが大切になるので、人事よりも有意な立場を取らないようにしてください。

例えば、人事がゴルファーに関する情報を間違っていたとしましょう。
その場合に間違っている情報を指摘したい気持ちはわかるのですが、指摘をしてしまうと人事に恥をかかせることになってしまいます。

就活で恥をかかされた人事は就活生に対して良い印象を抱くことはありません

他にも、ゴルファーに関する知識ばかりを話したり、高級なクラブを自慢したりすることは人事よりも優位な立場を取ってしまうかもしれないので、注意してください。

人事に質問を投げかける

就活で趣味を質問されたときは、一気に人事との距離を縮める絶好の機会になるので、自分の話ばかりではなく、質問を投げかけることが大切です。

例えば、「どこのクラブを使っているの?」と質問をされると、「ミズノのクラブを使っています。〇〇さん(人事)はどこのクラブを使っていますか?」と質問を投げかけることで、人事は上機嫌になります。

人間は自分の話をすることが好きなので、就活生から質問を投げかけることが大切です。

しかし、人事は友達ではありません。面接の雰囲気や、人事の顔色を伺いながら、質問を投げかけるタイミングを図るようにしてください。

人事がゴルフに関する話を広げれば広げるほど、「質問を投げかけてOK」というサインです。

就活でアピールするときにスコアは意識すべき?

就活 アピール スコア 意識

ゴルフはスコア競うスポーツなので、「スコア=ゴルフの上手さ」と考えることができます。

就活でアピールするときには、「スコアを意識すべきかな?」と悩まれるかもしれませんが、スコアはあまり意識しなくても良いです。

しっかりとゴルフに関する知識があり、ゴルフが好きという気持ちがあれば、就活でアピールして問題ありません。

しかし、1年以上続けて、スコアが130以上の場合は、「あまり上手ではない」と判断されて、話を広げられない可能性があるので、1年以上続けている場合はスコア130以下を目指すことをおすすめします。

1年間でスコア100前後にすることは可能

ゴルフを始めて間もないときは、「130を切ることは難しい」と思われるかもしれませんが、1年間しっかりと練習すれば、スコアは100前後を目指すことが可能です。

しっかりとした練習といっても、1週間に1度練習場に訪れていれば十分なので、授業やアルバイトがある就活生でも取り組めると思います。

ゴルフには「100の壁」と言われるものがあるので、1年でスコア100を切ることは難しいかもしれません。

すぐにゴルフを上達させる方法は下記にてお伝えしています。

ゴルフを始めて間もないときはスコアを気にしなくて良い

上記では「スコア130以下を目指すべき」とお伝えしましたが、始めて間もないときであれば、スコアは気にしなくて良いです。

ゴルフを経験したことがある人事ですと、始めて間もないときは、150、160といったスコアでも話を広げてくれます。

ただし、ラウンドに回ったことがない場合は、「趣味=ゴルフ」として認めてくれない場合があるので、就活でアピールするには、1度で良いのでラウンドを回ることをおすすめします。

そして、ゴルフを始めて間もないときは、人事にアドバイスを求めると良いでしょう。

「1度しかラウンドを回ったことがないのですが、知っておくべきルールなどはありますか?」などとアドバイスを求めると、人事は上機嫌になって教えてくれる可能性が高いです。

ゴルフのラウンドを回るまでの3ステップ

ゴルフ ラウンド 回る ステップ

社会人になる準備として、「ゴルフを始めたい」と思っている就活生は多いでしょう。

そこで、ゴルフのラウンドを回るまでのステップをご紹介します。
3つのステップに分けてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

①ゴルフで必要になるクラブやウェアを購入する

ゴルフを始めるには、まず必要になるクラブやウェアを購入する必要があります。

友人や親にクラブやウェアを借りることも可能ですが、社会人になっても続けることを考えている人は、初めから購入することをおすすめします。
ゴルフを始めるために必要になるものの相場は下記の通りです。

・クラブセット:3万円~8万円
・キャディバッグ:5,000円~1万5,000円
・ウェア(上下セット):5,000円~1万円
・靴:4,000円~1万円
・帽子:2,000円~5,000円

合計金額は、4万6,000円~12万円になります。

ウェアはゴルフメーカーのものを着用しなくても、無地のプロシャツとスラックスで問題ありません。
また、帽子に関しても派手なものでなければ、メーカーにこだわる必要はないです。

そして、初心者の場合は、中古のクラブセットをおすすめします。
中古のクラブを使いながら、自分に合った硬さや長さなどを決めるようにしてください。

②ゴルフの練習をする

ゴルフで必要になるものを準備できれば、実戦練習です。
いきなり1人で練習をしても上達するスピードが遅いので、ゴルフ経験者の友人や親に教えてもらいながら練習することをおすすめします。

もし、周りにゴルフ経験者がいない場合は、レッスンを受けるという選択肢もあります。
レッスン1回あたりの費用は3,000円程度なので、就活生でも月に数回はレッスンを受けることができるでしょう。

初心者の状態でラウンドを回ることは、迷惑になるので、1カ月~2カ月ほど練習を積みかせる必要があります。

③ラウンドを回るときのルールを覚える

ゴルフの技術が上達してくると、ラウンドを回るときのルールを覚える必要があります。

「順番に打つだけじゃないの?」と思われるかもしれませんが、ラウンドを回ることには意外にもたくさんのルールが存在します。

ルールを覚えることはゴルファーとして当たり前のことで、社会人になるまでには完璧に身に付けておきたいことです。
ラウンドを回るときの基本的なルールは下記の通りです。

・誰かが打つときには静かにする
・OBになったときは「ファー」と叫ぶ
・前のホールのスコア順に打つ
・バンカーにクラブを付けてはいけない
・グリーンでは走らない
・前の組との距離を空ける など

これらのルールは最低限抑えておく必要があります。
他にもOBに関するルールや、池にボールが落ちてしまったときのルールなどがありますが、それらのルールは一緒にラウンドを回っている人に教えてもらいましょう。

ゴルフの技術が状態して、ラウンドを回るときのルールを覚えると、ラウンドを回れるようになります。1回でもラウンドを回れば、就活でアピールすることが可能です。

ラウンドを回るときの詳しいルールやマナーなどはこちらを参考にしみてください。

すぐにゴルフを上達させる方法とは?

就活 ゴルフ 上達 方法

就活では、ゴルフのスコアが良い方が強い印象を残すことができます。

就活では90以下のスコアをアピールできれば、人事に強い印象を残せるでしょう。

そこで、すぐにゴルフを上達させる方法をいくつかご紹介します。
始めて間もない人などは、ぜひ参考にしてみてください。

とにかく練習する

ゴルフを上達させるには、とにかく練習が必要です。

初心者はゴルフの技術に関して伸び代があると思うので、練習すればするほど上手になります。毎日、クラブに触れていれば、上達するスピードは早くなるでしょう。

また、しっかりと考えることが大切です。
例えば、ボールがスライスするのであれば、「なぜ、スライスするのか」ということを徹底的に考えて、工夫する必要があります。

考えて工夫することをしなければ、偶然でしか上手く打つことができません。
ゴルフは自分との戦いになるスポーツなので、しっかりと練習すれば上達します。

ラウンドを回る数を増やす

ゴルフの上達とは、スコアを伸ばすことです。
練習場で良い打球を飛ばしても、ラウンドで同じことができなければ、意味がありません。

そのためすぐに上達させるには、ラウンドを回る数を増やすことが大切です。

「打ちっぱなし場=練習」「ラウンド=実践」という考え方で、ゴルフと向き合うと上達するスピードは早くなるでしょう。

ラウンドの中で見つけた課題を打ちっぱなし場で練習して、課題を克服できればラウンドを回る、という流れを意識してみてください。

ただし、ラウンドを回ることは6,000円~1万2,000円のお金が必要になるので、就活生が頻繁に回ることは難しいです。

ラウンドをあまり回れない場合は、打ちっぱなし場でラウンドを意識することが大切になります。

プロゴルファーの映像を見る

すぐにゴルフを上達させるには、プロゴルファーの映像を見ることが大切です。

プロゴルファーの映像を見ることで、どのように打てば良いのか、どの位置にボールを置けば良いのか、などを学ぶことができ、ゴルフを上達させることができます。

また、試合の映像を見るのではなく、テレビで放送されているゴルフのレッスン番組などを見ることも、上達させる1つの方法です。

自分の知識だけでは、上達できるスピードに限界があるので、プロゴルファーの試合映像や、ゴルフのレッスン番組などを見て、知識を増やすようにしてください。

まとめ

就活 ゴルフ

この記事では就活の趣味でゴルフをアピールすることについてお伝えしました。
この記事でのポイントは以下です。

・就活では趣味をゴルフと答えるべき
・ゴルフは人事と共通の趣味になる
・ゴルフは社会人になってからでも通用する
・人事と会話ができるほどの知識を身に付けておく
・話すばかりではなく質問を投げかける
・1年以上の経験でスコア130以上では就活でのアピールは難しい
・初心者はスコアは気にしなくて良い
・初心者は高額のクラブやウェアを購入することはおすすめしない
・ゴルフは練習すればするほど上達する

就活で趣味をゴルフと答える割合はとても低いため、人事に強い印象を残すことができます。

また、ゴルフを趣味としている人事は多く、好印象を与えることが可能です。

趣味をゴルフと答えるだけで、内定が近づくので、「ゴルフを始めようかな?」と考えている人は、就活をきっかけに始めることをおすすめします。
この記事を参考にして、趣味がゴルフということをしっかりとアピールするようにしてください。

この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB
タイトルとURLをコピーしました