社会人の腕時計にはApple Watchが最適な理由を解説してみた

社会人 Apple Watch 腕時計 ビジネスハック

社会人が腕時計を着けることは「マナー」とされていて、ほとんどの社会人は腕時計を着けています。

特に、外出することが多い営業マンなどは腕時計が必須アイテムになり、「どんな腕時計が良いのかな?」と悩まれると思いますが、社会人にはApple Watchがおすすめです

この記事では、社会人の腕時計にApple Watchがおすすめな理由について解説します。

社会人におすすめのApple Watchモデルなどもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

社会人は身だしなみが1つのステータスになるため、腕時計に頭を抱える方は多いです。
しかし、近年はステータスよりも利便性を重要視する傾向があるので、社会人にはApple Watchがぴったりです
新社会人へのプレゼントでも喜ばれる腕時計だと思います。

社会人の腕時計には「Apple Watch」がおすすめ

社会人 Apple Watch 腕時計 おすすめ

社会人の腕時計には、「Apple Watch」がおすすめです。

ビジネスシーンでApple Watchを着けても問題ないの?」と思われるかもしれませんが、Apple WatchはApple社から「腕時計」の一種として発売されているため、ビジネスシーンで着けても問題ありません。

また、社会人が腕時計を着けることがマナーとされているのは、「いつでも時間を確認できるようにする」ということが理由です。

そのため時間を確認できる腕時計であれば、Apple Watchでも問題ないと考えることができます。

実際に、Apple Watchを着けている社会人の割合は少ないですが、20代~30代の社会人の中では流行しています

社会人の腕時計にApple Watchがおすすめの理由

社会人 Apple Watch 腕時計 おすすめ 理由

社会人にApple Watchをおすすめする理由は、他の腕時計よりもビジネスシーンで活躍するからです。

社会人の腕時計にApple Watchをおすすめする理由をいくつかご紹介します。

他の腕時計では考えられない魅力を中心にご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

マスクを着けながらでもiPhoneを解除できる

iPhoneを利用しているほとんどの方が、「顔認証タイプ」のiPhoneモデルだと思います。

顔でロックを解除できるため、とても便利な機能なのですが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、外出先では常にマスクを着けています。

マスクを着けていることで、iPhoneの顔認証を使えずに、パスコードを入力してロック解除している方が多いと思います。

しかし、Apple WatchはiPhoneと連携されることができるので、腕に着けておくだけで、いつどこでもスムーズにiPhoneのロックを解除できます

iPhoneを使うためにわざわざマスクを外す必要もないですし、パスコードを入力する必要もありません。

社会人はスムーズにiPhoneのロックを解除する必要があるため、腕時計にはApple Watchがおすすめです。

Apple Watchに「Suica」を搭載できる

ほとんどの社会人が電車やバスなどの交通機関を利用して出勤・移動・退勤していると思います。

交通機関を利用するときは「交通系電子マネー」で決算するケースが多いですが、Apple Watchには、交通系電子マネーである「Suica」を搭載できます。

Apple WatchにSuicaを搭載することで、iPhoneや財布を出さなくても、交通機関を利用することが可能です。

時間がギリギリのときでも、Apple WatchにSuicaを搭載しておくことで、電車やバスに乗れる可能性が高くなります

社会人は交通機関を利用するケースが多いので、Suicaを搭載できるApple Watchがおすすめです。

Apple Watchでスマートに決済できる

Apple Watchは「Suica」だけではなく、さまざまな電子マネーを搭載することが可能です。

Apple Watchに搭載可能な電子マネーは下記の通りです。

QUICPay
ID
PASMO

これらの電子マネーをApple Watchに搭載されることで、スマートに決済することが可能です。

「iPhoneにも搭載できる」と思われるかもしれませんが、Apple Watchには「ロックを解除する」という工程がないので、よりスマートに決済できます。

社会人は休憩時間や、移動時間に余裕がないことが多いため、スマートに決済できることは大きなメリットになります。

Apple Watchから会話が広がる

社会人でApple Watchを着けている割合は増えていますが、まだスマートウォッチ以外の腕時計を着けている社会人が多いです。

そのため、取引先や営業先でApple Watchを着けている社会人がいると、Apple Watchという共通点から会話が広がる可能性があります。

もし、営業先の方とApple Watchから会話が広がり、信頼を獲得できれば、社会人としては最高です

共通点を作ることは信頼を築く大切なことになるので、社会人にはApple Watchがおすすめします。

デザインの変更が自由

Apple Watchのようなスマートウォッチ以外の腕時計では、購入してからデザインの変更はできません。

しかし、Apple Watchは購入してから、何度でもデザインを変更できます。

Apple Watchで変更できるデザインは下記の通りです。

時計の表示画面
Apple Watchバンド
本体カバー

これらを自由自在に変更できるため、腕時計のデザインに「飽きる」ということがありません

特に、社会人経験の浅い方は、何本も腕時計を購入することは難しいと思うので、簡単にデザインを変更できることは大きなメリットになると考えられます。

社会人がApple Watchを着けるときに抑えておきたいポイント

社会人 Apple Watch 腕時計 ポイント

社会人の腕時計にはApple Watchがおすすめですが、いくつか抑えておきたいポイントがあります。

Apple Watchを着けていることがマイナスなイメージにつながらないように、下記のポイントを抑えるようにしてください。

派手なApple Watchバンドを着けない

社会人でApple Watchを着けるときは、派手なバンドを着けないようにしてください。

Apple Watchのバンドにはオレンジや黄色など派手なカラーが発売されていますが、それらはビジネスシーンに適しているとは考えにくいです。

社会人がApple Watchを着けるときは、黒や紺など暗めのカラーのバンドを選ぶようにしてください

ただし、「ビジネスカジュアル」が設けられている会社に勤めている方は、少し明るいカラーのバンドでも問題ないです。

充電することを忘れない

Apple Watchは腕時計の一種ですが、電子機器の1つになるため、バッテリー持続時間が決められています。

Apple Watchのモデルによって持続時間は異なりますが、ビジネスシーンで着ける場合は、充電が切れないように注意してください。

もし、ビジネスシーンで充電が切れてしまうと、本来の目的であった「時間を確認する」ということができなくなります

また、Suicaなどの電子マネーで決済することもできなくなるので、バッテリーが100%の状態で家を出るようにしてください。

Siriの誤操作に気をつける

Apple Watchには、音声認識でさまざまな機能を起動してくれる「Siri」が搭載されています。

Siriはとても便利な機能なのですが、社会人はSiriの誤作動に注意してください。

Apple Watchに向かって話していなくても、Siriは起動してしまうことが多々あります。

ビジネスシーンでの誤作動は避ける必要があるので、Apple Watchの設定から「消音モードで制御」に変更してください

消音モードで制御に設定しておくと、Siriが誤作動を起こすことはないです。

Apple WatchのSiriの誤作動を防ぐ方法はこちらの記事を参考にしてみてください。
Apple Watchでの『Siri』の使い方

社会人におすすめのApple Watchのモデルとは?

社会人 Apple Watch モデル おすすめ

2021年9月現在、発売されているApple Watchのモデルは3種類あります。

・Apple Watch Series 6
・Apple Watch Series 3
・Apple Watch SE

モデルによって搭載されている機能や大きさ、値段に違いがありますが、基本的にどのモデルでも有効的に活用することが可能です。

このモデルは社会人に向いていない」というはないので、機能や大きさ、値段から購入するモデルを決めることをおすすめします。

各モデルの大きさや特徴などを詳しくご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

Apple Watch Series 3

Apple Watch Series 3は、2017年9月に発売されたモデルです

Series 3は、Series 6の3世代前ということでスペック的には劣る部分が多いのですが、Apple Watchの基本的な機能が備わっています。

上記でお伝えした電子マネーを搭載されることも可能なので、「とりあえずアップルウォッチを着けてみたい」という方におすすめのモデルです。

Series 3の値段は下記の通りです。
38mm:2万1,780円
42mm:2万5,080円

発売されているモデルの中でもっと安い値段になります

Apple Watch Series 6

Apple Watch Series 6は、2020年9月に発売されたモデルです

2021年9月現在、最新のApple Watchで、Series 5から搭載されている「ディスプレイの常時表示」に対応しています。

Series 6最大の特徴は、「血中酸素濃度センサー」を搭載したことです。

Series 6を着けているだけで、身体の不調にも気付くことができます。

Series 6は「最新のアップルウォッチを着けたい」という方におすすめのモデルです。

Series 6の値段は下記の通りです。
40mm:4万7,080円
44mm:5万308円

Series 3の2倍以上の値段になります

Apple Watch SE

Apple Watch SEは、Series 6と同じ2020年9月に発売されたモデルです。

内蔵されているチップやデザインは2019年に発売された「Series 5」とほとんど変わりません。

Series 6と比較するとスペック的な部分は劣りますが、基本的な機能が備わっているため、「高機能なものでなくていいが、なるべく新しいものがいい」という方におすすめです。

SEの値段は下記の通りです。
40mm:3万2,780円
44mm3万6,080円

Series 5と同じチップが内蔵されているにも関わらず、値段は安くなっています。
※Series 5は4万7,080円で発売されていました。)

Apple Watchは就活生にもおすすめ

就活 Apple Watch おすすめ

Apple Watchは社会人だけではなく、就活生にもおすすめできるスマートウォッチです。

「就活で使っても良いの?」と思われるかもしれませんが、Apple Watchは腕時計の一種なので、就活マナーに反するわけではありません。

また、この記事でお伝えした通り、Apple Watchは社会人でも有効活用できるため、就活をきっかけに購入することをおすすめします

就活でApple Watchを着けるときはこちらの記事を参考にしてみてください。
就活でApple Watchを着けても問題ない?Apple Watchを着けるときの注意点を解説

まとめ

社会人 Apple Watch 腕時計

この記事では、社会人の腕時計にApple Watchがおすすめの理由をお伝えしました。

この記事でのポイントは以下です。

・Apple Watchは20代~30代の間で流行している
・Apple WatchはiPhoneとの連携度が高い
・マスクをしたままロック解除できる
・Apple Watchに「Suica」を搭載できる
・Apple Watchから会話が広がる可能性がある
・自由自在にデザインの変更が可能
・Siriの誤作動には注意すべき
・どのモデルでも社会人におすすめ

社会人の腕時計には「Apple Watch」がおすすめです

Apple Watchを着けている社会人の割合は少ないですが、他の腕時計よりも優れている部分が多く、社会人にぴったりです。

また、2万円台で発売されているため、お金に余裕がない社会人でも購入できます。

私自身も、Apple Watchを使っていますが、本当に使い勝手が良いです!
スーツとの相性も抜群なので、腕時計に悩んでいる方にはApple Watchをおすすめします。
この記事をきっかけにApple Watchを購入してみてください


この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
ビジネスハック
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB
タイトルとURLをコピーしました