【社会人と大学生の違い6選】就活の面接で的確に回答するコツを解説

社会人 大学生 違い 就活

新しい就活のカタチ!企業情報からエントリーまで全てが動画で完結!就活版Netflix【JOBTV】

就活の面接では、質問内容をある程度予測できます。

「学生時代に頑張ったことは?」「自分の弱みは?」などは定番質問になり、その1つに「社会人と大学生の違いは?」という質問があります。

質問に対する回答1つで採用結果を左右するので、事前に回答内容を準備してことをおすすめします。この記事では、社会人と大学生の違いと的確に回答するコツについて詳しく解説します。

社会人と大学生の違いは?」に対する回答例も併せてご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください!

社会人と大学生の違いは質問されることが多い

社会人 大学生 違い 就活

社会人と大学生の違いは、就活の面接で質問されることが多いです。面接にある定番質問の1つでもあり、ある程度の回答内容は事前に準備しておくとことをおすすめします。

定番質問に関しては、事前に回答内容を準備しておくと安心です。

また、面接以外にも「グループディスカッション」のテーマとして設定されることがあります。

グループディスカッションも採用結果を左右する大切な選考になるので、社会人と大学生の違いについては理解を深めておくことが大切です。

就活の面接では定番質問以外にも、トリッキーな質問をされることがあるので、注意してください!

社会人と大学生の違いを問われる理由

就活の面接で社会人と大学生の違いが問われる理由は、大きく2つあります。1つ目は、社会人に対する意識を確認するためです。

企業側は社会人に向けて準備をし、自覚を持って行動している就活生を採用したいと考えています。いつまでも学生気分の就活生を採用したいとは考えないため、このような質問をしています。

社会人と大学生の違いを明確に伝えられる就活生は、社会人になる自覚があると判断されます。

2つ目の理由が、働くことへの意欲を確認するためです。「社会人=仕事」になるので、自分なりの認識を持てている就活生は、仕事への意欲が高いと判断されます。

採用担当者にはしっかりとした意図があり、社会人と大学生の違いを質問しています!

社会人と大学生の違い6選

社会人 大学生 違い 就活

社会人と大学生の違いは、可能な限り把握しておくことが大切です。特に、グループディスカッションでは多くの違いを挙げることが好印象につながります。

社会人と大学生の違いを6つご紹介します。社会人と大学生の違いに「正解」はないので、下記の6つ以外でも問題ありません。

責任感

社会人と大学生の違いとして挙げられることが多いのは、責任感です。大学生の場合、基本的にミスをしても周りに迷惑をかけることはありません。

しかし、社会人は会社の看板を背負って働いているため、1つのミスで周りに大きな迷惑をかけることになります。

1つのミスで数百万円以上の損害につながる可能性も考えられます。

また、社会人は謝罪で解決できないことがあり、お金での解決に発展することもあります。このようなことから、社会人と大学生には「責任感」の違いがあります。

自分が会社の一員となり働くことをイメージすると、責任感の違いを理解できると思います!

時間の使い方

大学生は自分のために使える自由な時間が多いですが、社会人は1日の決められた時間の中で仕事をします。そのため社会人と大学生には、時間の使い方に違いがあります。

社会人で時間の使い方が上手くないと、残業時間が増えたり、納期を守られないことが増えます。

また、社会人になると1日の多くの時間を仕事に充てます。社会人と大学生には、時間に対する考え方にも違いがあると考えられます。

社会人で成功するには、上手く時間を使うことが大切です!

評価基準

社会人と大学生の違いとして実感しやすいのは、評価基準です。大学生は授業への出席やレポートなど言われたことをできていれば、評価してもらえます。

しかし、社会人は「結果」だけで評価されるようになります。例えば、同僚よりも努力していても、結果が出ていなければ評価してもらうことはできないです。

明確な数字が出る営業・マーケティングなどは、結果だけで評価されやすいです。

評価基準に違いがあることを理解しなければ、社会人になって高い評価を得ることは難しいです。

人間関係の築き方

大学生から社会人になって苦戦する方が多いのは、人間関係の築き方の違いです。

大学生では同じ年代で自分と性格の合う人とだけ関係性を築くと思いますが、社会人になると年代・性格・価値観・趣味などが合わない人と関係を築くことになります。

もちろん「苦手だな」と感じる人とも、人間関係を築かなければいけません。また、クライアント(お客様)や上司を立てて、コミュニケーションを取る機会も圧倒的に多くなります。

学生気分のまま社会人になると、人間関係を築くうえで苦戦することが多いです。

社会人としての人間関係を上手に築ける方は、上司・クライアントから好かれやすくなります!

お金をもらうこと

社会人と大学生の違いとして最もイメージしやすいことが、お金をもらうことです。大学生は大学に授業料を支払っていますが、社会人はお金をもらって働きます。

この違いは最も理解しなければいけない点で、お金をもらっている以上は求められる働きをする必要があります。

お金をもらっている以上は、そのお金に見合った働きをする気持ちが大切です。

また、お金をもらう立場になることから、責任感も大きくなりますし、結果だけで評価されても仕方ないと考えられます。

学ぶ姿勢

社会人と大学生の最後の違いが、学ぶ姿勢です。上記でお伝えした通り、大学生は授業料を支払っていることから、受動的な学びが多くなります。

しかし、社会人はお金をもらっているため、能動的に学ぶ姿勢が求められて、積極的に行動する必要があります。基本的なビジネスマナーや社内のルールは教えてくれますが、それ以外のことは自分で学ぶことが大切です。

社会人として結果を出したい」と思っている方は、能動的に学ぶことを強く意識することをおすすめします。

大学生のうちから能動的に学び姿勢を心がけることは大切です!

就活の面接で的確に回答するコツ

社会人 大学生 違い 就活

就活の面接では社会人と大学生の違いよりも、内容の部分や話し方・伝え方を重要視されることがあります。

そこで「社会人と大学生の違いは?」という質問に的確に回答するコツをいくつかご紹介します。

違いを1つだけ挙げる

社会人と大学生の違いを問われたときは、1つだけ違いを挙げるようにしてください。「社会人と大学生の違いとしては、〇〇と△△とーーが考えられます。」などの回答方法はおすすめしないです。

その理由は、1つ1つの内容が薄くなり、採用担当者に好印象を与えにくいからになります。

また、1つの違いに焦点を当てて話した方が、内容をまとめやすいです。面接で伝える違いは、最も話しやすいものを選ぶことをおすすめします。

グループディスカッションのテーマによっては、できるだけ多くの違いを挙げることが大切です!

論点を揃える

社会人と大学生の違いを回答するときは、論点を揃えることが大切です。例えば、「学生は勉強、社会人は仕事に責任感を持っている」という内容では論点がズレています。

論点のズレている回答に好印象を抱く採用担当者はいません。論点を揃えるためには、同じ言葉で違いを伝えることが大切です。

「社会人と大学生には、責任感の違いがある」というように、責任感という言葉を使って違いを伝えると、論点がズレることを防げます。

事前に回答を準備するときは、「論点がズレていないか」ということを確認してみてください!

違いを埋めるために工夫しているを伝える

「社会人と大学生の違いは?」という質問から好印象を与えるには、違いを違いで終わらせないことが大切です。

例えば、「社会人と大学生には、学ぶ姿勢に違いがあると思い、~のようなことを意識して生活しています」と伝えることが大切になります。

「社会人と大学生の違いは、〇〇だと思います。」という内容はおすすめしないです。

また、違いを埋めるために工夫することで、社会人になってから苦戦しにくくなります。

結論ファーストを徹底する

就活の面接ではどんな質問に対しても、結論ファーストを徹底することが大切です。結論ファーストを徹底することで、的確かつ効果的に採用担当者に伝えられます。

また、結論を始めに伝えることで、自分自身も内容をまとめやすくなります。もし、始めに結論を伝えないと、採用担当者は「結局、社会人と大学生の違いは何だったの?」と思ってしまいます。

社会人と大学生の違いを回答するときは、「結論→理由→工夫していること→結論」という構成が最適です。

以上4つのコツを抑えるだけで、的確に回答することができます!

「社会人と大学生の違いは?」に対する回答例

社会人 大学生 違い 回答例

「社会人と大学生の違いは?」という質問に対する回答例をいくつかご紹介します。下記の回答例を参考にしながら、自分なりのオリジナル要素を加えてみてください。

責任感の違いの回答例

社会人と大学生には、責任感の大きさに違いがあると考えています。

大学生の場合は、ミスをしても自分もしくは家族にしか迷惑がかかりません。アルバイトでミスをしても、自分で責任を取るケースはほとんどないです。

しかし、社会人は1つのミスが会社全体のイメージダウンにつながり、ミスの内容によっては百万円単位の損失につながるかもしれないです。

また、社会人は謝罪だけで解決することが難しく、金銭が発生することにも、責任感の大きさに違いが生まれていると考えます。

大学生のうちに社会人のような責任感を背負う機会はありませんが、そのような意識を持って生活するようにしています。このようなことから、私は社会人と大学生には、責任感の大きさに違いがあると考えます。

人間関係の違いの回答例

社会人と大学生の違いは、人間関係の構築にあると考えます。

大学生は自分と気が合う人としか関係を構築せず、気に入らない人とは関わりません。大学生であれば気が合う人とだけ関係を構築すれば良いですが、社会人になると「好き・嫌い」という感情を除き、人間関係を構築する必要があります。

また、年齢・価値観・趣味・思考などが自分とは違う人とも良好な関係を構築しなければいけないので、私は社会人と大学生の違いとして考えています。

会社に貢献するには誰とでも良好な関係を構築することが大切なので、大学生のうちから「好き・嫌い」で関係を構築しないように意識しています。

学び姿勢の違いの回答例

私は社会人と大学生には、学ぶ姿勢に違いがあると思います。

大学生は「授業を受ける」「アルバイトで業務内容を教えてもらう」など、受け身で学ぶことが多いです。ただ、社会人は受け身になって学ぶことはほとんどなく、自分から学ぶ必要があると思います。

私はこの違いは大学生のうちから埋める必要があると考えて、自分から学ぶことを意識して行動しています。実際にバイト先の店長から、「〇〇さんは学ぶ姿勢が素晴らしいよね。」とお褒めの言葉を頂いたこともあります。

少しでも会社に貢献できる結果を残せるように、自分から学ぶことを続けていきたいと考えます。

面接に関するご相談はShokuLab公式LINEへ

社会人 大学生 違い 就活

社会人と大学生に違いにも、ガクチカや自己PRの回答で悩まれることがあると思います。そのような悩みを抱えている場合は、ShokuLab公式LINEへご相談ください。

ShokuLab公式LINEでは、専任の就活アドバイザーが、就活生が抱える悩みの解決につながるアドバイスをしています。

また、悩み相談だけではなく、履歴書の添削・面接対策・就職支援サービス等の紹介にも対応しています。就活にまつわることで悩むことがあれば、ShokuLab公式LINEをご利用ください。

ShokuLab公式LINEの特徴について詳しく解説します!

ShokuLab公式LINEの特徴

ShokuLabでは、就活生が抱える悩みの解決・有益な情報を提供する「公式LINE」を開設しています。

就活は情報戦とも言われるほど情報が大切になり、自分の力だけで内定を目指す必要はありません。ShokuLabの公式LINEでは、登録者が内定を獲得できるように全力でサポートします。

ライターAkito
ライターAkito

公式LINEから情報商材・能力開発商材への誘導は一切ありません!

ShokuLab公式LINEの対応スタッフ

ShokuLabの公式LINEでは、専任の就活アドバイザーが全力でサポート。就活アドバイザーはShokuLabメディアのコラムも執筆しています。

就活アドバイザーの経歴例

  • 大学在学中にビジネススクールに入校
  • 約2年間、就職活動・ビジネスについて学ぶ
  • リーダーボジションで多くの新卒就活生を輩出
  • Shokulabライターとしてコラム執筆中

ShokuLabの公式LINEでは、他社の就活アドバイザーよりも「就活生に寄り添うこと」を大切にしています。

ShokuLab公式LINEの使い方

ShokuLab公式LINEの使い方は下記の通りです。

  1. ShokuLab公式LINEを友達追加
  2. 就活に関する悩み・疑問を相談
  3. 24時間以内に就活アドバイザーが返信
  4. 悩み・疑問解決

就活生による悩み・疑問の相談以外にも、定期的に「日本の就活生が持つQ&A」「新卒採用を募集する企業情報」「就活に活きる鮮度の高いニュース」などを発信しています。

ライターAkito
ライターAkito

ShokuLabの公式LINEでは、価値のある質の高い情報だけを共有します!

お悩み相談に関する内容

ShokuLabの公式LINE最大の特徴は、就活アドバイザーへの悩み相談です。就活生が抱える悩み・疑問を就活アドバイザーが24時間以内にお答えします。

悩み・疑問の解決をゴールとしているため、何度も何度もメッセージのやり取りが可能です

また、就職活動にまつわる相談・疑問だけではなく、ESの添削や将来のキャリアプラン、大学生活に関することにも対応しています。

ShokuLabの公式LINEを友達追加するだけで、いつでも気軽に相談することが可能です。

友だち追加

まとめ

社会人 大学生 違い 就活

この記事では、社会人と大学生に違いについて詳しくお伝えしました。就活の面接では社会人と大学生に違いを問われることが多く、自分なりの回答を準備しておくことが大切です。

就活の面接で回答しやすい社会人と大学生に違いを改めてご紹介します。

社会人と大学生の違い
  • 責任感
  • 時間の使い方
  • 評価基準
  • 人間関係の築き方
  • お金をもらうこと
  • 学ぶ姿勢

就活の面接では、質問1つで採用結果が決まることもあるので、この記事でお伝えした内容を参考にし、的確に回答できるようにしてください。

shokulab Instagram
この記事を書いた人

学生時代、大手ビジネススクールへ入校後、リーダーポジションに就任。
学生生活・就職活動・就職後に活きるスキルを身に付けるためのレッスンを受け持ち、新卒就活生を輩出。
現在は就活系ライターとして、あらゆるメディアで就職活動にまつわる情報を奇稿・発信している。
ShokLabでは、編集長としてビジネスニュースやキャリアハックについて活動中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ShokuLab

コメント

タイトルとURLをコピーしました