主流になっている「オンライン面接」の落とし穴に注意を!

就活
新型コロナウイルスの影響で就活は「オンライン」で行われるようになってきました。
「オンライン合説・オンライン内定者研修・オンライン会社説明会」などさまざまな場面でインターネット通信が使用されているのですが、最も注意すべきこと「オンライン面接」です。
では、オンライン面接で内定をもらうためにはどうすれば良いのでしょうか?
この記事では、オンライン面接の注意点についてご紹介します。

オンライン面接の注意点

オンライン面接では、対面では注意する必要のなかったことにまで気を向ける必要があります。
特にオンライン面接は自分の家で行うことが多いため、気が抜けがちです。
「オンライン面接だから、ダメだった」とオンラインということを言い訳にしていると、一向に内定をもらうことはできないので、下記でご紹介する5つの注意点を意識してください。

通信環境を整える

1つ目の注意点は「通信環境を整える」ということです。
オンライン面接では「PC・スマホ」を使うので、最低条件として通信環境を整える必要があります。
通信環境が整っていない状態で面接を受けると、「なんで通信環境も整ってないの?」と思われて、内定率はグンと下がります。
企業側からすると「通信環境を整える=当たり前」と考えているため、それだけで最悪な印象を与えてしまいます。
就活が本格的に始まる前に「Wi-Fi」を準備しておくことをおすすめします。
そして通信環境だけではなく、面接を受ける場所にも注意するようにしましょう。

背景を壁・カーテンにする

2つ目の注意点は「背景を壁・カーテンにする」ということです。
オンライン面接は自分の部屋で受けることが多いと思うのですが、ポスターや装飾品が写ってしまうと、良い印象を与えません。
そのため背景はシンプルな「壁・カーテン」になるようにしてください。
そして背景を自分で変えることが通信アプリ(Skype・zoomなど)がありますが、基本的に背景は加工しないようにしましょう。
加工するとズレが生じた際に部屋が写ってしまい、かえって悪い印象を与えてしまいます。
初めから見えても大丈夫な背景にするのが一番です!

聞こえない場合は聞き返す

3つ目の注意点は「聞こえない場合は聞き返す」ということです。
就活生・人事、両方の通信環境が整っている状態でも多少のズレは生じます。
そのため人事の方が「何を言っているかわからなかった」ということもあります。
その際は遠慮することなく、聞こえなかった旨を伝えましょう。
無理に聞こえたフリをしてしまうことにはリスクが伴いますし、「適当に質問に答えているな」と思われても仕方ありません。
聞き返すことよりも聞こえたフリをしていることがバレたときの方が悪い印象を与えるので注意してください。

いつも以上に笑顔で受ける

4つ目の注意点は「いつも以上の笑顔で受ける」ということです。
オンラインでは映像越しになってしまうため、どうしても表情は読み取りづらいです。
面接で「笑顔」は必要不可欠と言われているポイントになるため、笑顔を欠かさないことは前提として「いつも以上」ということを意識してみてください。さらに、声量も少し大きくすることを意識してみてください。
人事の方が音量設定を小さくしている場合があるので注意してください。

トイレは済ませておく

5つ目の注意点は「トイレを済ませておく」ということです。
対面の場合は「トイレを済ませていよう」と思うのですが、オンライン面接の場合は家で受けるということもあり、トイレに行くことを忘れてしまいます。面接が始まってから、トイレに行くと内定率が低くなります。
ただし、事前にトイレに行っても体調が優れていないとトイレに行きたくなることはあると思います。面接日に体調が優れない場合は、大人用のオムツを着用することをおすすめします。
「オムツ!?」と思われたと思いますが、実際に着用している就活生は多いです。

1.5倍を意識して面接を受けるとちょうど良い

オンライン面接での注意点についてお伝えしましたが、内定を勝ち取るコツは「1.5倍」ということです。いつもの「1.5倍」ということを意識すると内定率は上がります。
いつもより「1.5倍笑顔」いつもより「1.5倍集中する」いつもより「1.5倍声を出す」など全てのことにおいて「1.5倍」を意識してください。そうすればオンライン面接でも高印象を与えることができます。

今後はオンライン面接が主流になる

この記事ではオンライン面接での注意点についてお伝えしましたが、就活生の中には「コロナウイルスが落ち着けば対面での面接に戻るだろう」と考えている人もいるでしょう。
その考えに最も注意が必要です。
今後はコロナウイルスに関係なくオンライン面接が主流になります。企業は新入社員1人に対して約1,000万円のお金を使っています。
それは広告費・合同企業説明会費・面接に関する必要(交通費・会場費など)です。企業は少しでも費用を削減したいと思っています。
そのためコロナウイルスをきっかけにオンライン面接が主流になるのです。
この記事を参考にして、オンライン面接の就職活動を勝ち抜きましょう。

職Labで行っているキャリア形成のカウンセリングなど、公式LINEから行えるようになりました。現在、募集期間中ですので、就職活動をさらに効率よく進めたいと思う就活生は、是非お友達追加をしてください。
LINE会員登録はこちらから↓

この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

  1. […] 新型コロナウイルスの感染拡大によって、就活の面接はオンラインで実施されることが増えています。そのため就活生は、オンライン面接の対策しておくことが大切です。大学でもオンライン授業が増えていることで、PCを使うことに慣れていると思いますが、面接ではさまざまなことを意識・注意しなければいけません。特に注意しなければいけないのが、タイムラグです。就活の面接では人事と会話のキャッチボールをする必要があるため、タイムラグが生じることはマイナスな印象を与えることになります。就活でオンライン面接を受ける前に、しっかりとインターネット環境を整えるようにしてください。オンライン面接に関しては「主流になっている「オンライン面接」の落とし穴に注意を!」を参考にしてみてください。 […]

タイトルとURLをコピーしました