韓国語に関する資格は就活で役立つ?おすすめの資格をご紹介

就活 韓国語 資格 役立つ 就活

就活では「資格」を取得していることで有利に働くことがあります。

しかし、全ての資格が就活で役立つわけではないので、「韓国語に関する資格は就活で役立つのかな?」と悩まれることがあるのではないでしょうか?

この記事では、就活で韓国語に関する資格は役立つのか、ということを解説します。

就活生におすすめの韓国語に関する資格もご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

最近の日本では韓国の文化や化粧品などが高い人気を集めていることから、韓国企業と取引している日本企業が増えています。
そのため、日本でも韓国語に対する需要が高まりつつあります!
この記事を参考にして、韓国語に関する資格を取得するのか、考えてみてください。

韓国語に関する資格は就活で役立つ?

就活 韓国語 資格 役立つ

就活で韓国語に関する資格は役立ちます。

近年、グローバルに事業を展開している企業が多く、韓国の文化や商品を取り扱っている企業が増えています。

そのようなことから、就活で韓国語に関する資格が役立つと考えられます。

ただし、全ての企業に対して役立つわけではありません。

例えば、日本人に向けてサービスを提供している保険会社であれば、韓国語の資格を持っていることが役立つことは考えにくいです。

就活で韓国語に関する資格を役立たせるには、グローバルに事業を展開している企業や、韓国人に向けてサービスを提供している企業への就職を希望する必要があります。

就活で韓国語に関する資格が役立つ企業の特徴

就活 韓国語 資格 役立つ 企業

上記でお伝えした通り、全ての企業に対して韓国語に関する資格が役立つわけではありません。

韓国語が役立つ企業の特徴をいくつかご紹介するので、就活で韓国語に関する資格を役立たせたい方は参考にしてみてください。

韓国企業の日本支社

就活で韓国語に関する資格が役立つ企業の特徴として、「韓国企業の日本支社」ということが挙げられます。

韓国企業の日本支社では、韓国語でコミュニケーションを取ることがあるため、韓国語に関する資格を取得している就活生に好印象を抱く傾向があります。

また、韓国企業の日本支社では、日本に住んでいる韓国人や韓国のアイドル・文化が好きな日本人に向けてサービスを提供していることが多いので、韓国語に関する知識が求められると考えられます。

韓国企業の日本支社であれば、韓国語に関する資格を大いに役立たせることが可能です。

韓国企業と関わりのある企業

近年、日本では韓国のアイドルやドラマ、化粧品などが大流行しているため、韓国の企業と関わっている日本企業が増えています。

例えば、韓国の化粧品を発売している日本企業は、韓国企業から化粧品を仕入れるために、多くのコミュケーションを取っています。

そのため、就活で韓国語に関する資格が役立つ企業の特徴として、「韓国企業と関わりのある日本企業」ということが挙げられます。

このような韓国企業と関わりのある日本企業では、日本語と韓国語を話せる就活生に好印象を抱く傾向があり、採用してもらえる可能性が高いです。

観光客をターゲットにしている企業

就活で韓国語に関する資格が役立つ企業の特徴として、「観光客をターゲットにしている企業」ということが挙げられます。

例えば、ホテルを運営している会社などでは、韓国人が宿泊する可能性が考えられるため、韓国語に関する資格を取得している就活生に良い印象を抱きます。

ホテルを運営している会社以外にも、旅行会社や航空会社などが挙げられます。

観光客をターゲットにサービスを提供している企業は数多くあるので、就活で韓国語に関する資格が役立つ企業も数多くあると考えられます。

韓国語に関する資格を役立たせられる職種

就活 韓国語 資格 職種

日本において韓国語に関する資格を役立たせられる職種は限られています。

韓国語に関する資格を役立たせられる職種をいくつかご紹介するので、下記に記載されている内容を参考にしてみてください。

通訳者・翻訳者

通訳者・翻訳者は、日本語以外の言語を習得している方のみが目指せる職業になり、韓国語に関する資格を役立たせることが可能です。

通訳者とは、異なる言語を使う人同士が意思疎通できるように、相手が話した内容を「聞き手が求める言語」に訳して伝える仕事です。

翻訳者とは、文書や動画を対象に、指定の言語から異なる言語へテキストで訳すのが主な仕事になります。

通訳は翻訳よりもスピード感が求められるため、韓国語を話すことに慣れていない方は、翻訳者を目指すことをおすすめします。

文字よりも話す方が得意」という方に、通訳者が向いています。

キャビンアテンダント(CA)

キャビンアテンダント(CA)とは、航空機の中で乗客に食事や飲み物をサービスしたり、急病などのトラブルに対処したりする仕事です。

日本人以外の乗客に対応しなければいけないので、日本語以外の言語を習得する必要があり、韓国語に関する資格を役立たせられます。

ただし、日本人と韓国人だけを対象にしている航空会社はないので、韓国語に加えて「英語」も習得する必要があります。

英語と韓国語を習得できていれば、スムーズにキャビンアテンダントを目指すことが可能です。

海外営業

海外営業とは、海外の企業をターゲットとした営業職です。

海外の企業をターゲットにするため、日本語以外の言語を習得している必要があり、韓国企業をターゲットにする営業職であれば、韓国語に関する資格を役立たせることができます。

ただし、海外営業では、ビジネス用語に関する知識や、営業できるほどの韓国語スキルが必要です。

韓国語を話せる」「文章を読み取れる」というスキルレベルでは、目指すことが難しい仕事になります。

就活で役立つ韓国語の資格3選

就活 韓国語 資格

韓国語に関する資格は就活で役立つのですが、「どの資格を取得すべきなんだろう?」と悩まれることがあると思います。

就活で役立つ韓国語に関する資格を3つご紹介するので、自分が希望しているキャリアに合ったものを見つけてみてください。

ハングル検定

ハングル検定とは、ハングル能力検定協会が認定している民間資格です。

韓国語の通訳者になるときの基準として設けられている資格になるため、知名度が高くなっています。

ハングル検定は、日本人を対象にしている資格になり、設問は日本語で表記されていて、韓国語を学び始めた方でも取得可能な資格です。

ハングル検定は5級から1級まで設けられていて、各級の合格率は下記の通りです。

・5級:82%
・4級:80%
・3級:55%
・準2級:25%
・2級:8%
・1級:7%

就活や仕事で役立たせるには、3級以上のハングル検定を取得する必要があります。

ハングル検定は通訳者以外の仕事でも役立たせられる資格なので、就活生におすすめです。

TOPIK(韓国語能力試験)

TOPIK(韓国語能力試験)とは、大韓民国の国立国際教育院が認定している公的な資格です。

世界70カ国以上で実施されていて、設問は全て韓国語で表記されています。

日本での知名度は「ハングル検定」とあまり変わりませんが、難易度はTOPIKの方が高いと考えられます。

TOPIKは1級から6級まで設けられていて、試験は2つに分けられます。

1・2級:TOPIK Ⅰ
3・4・5・6級:TOPIK Ⅱ

各試験で取得した点数によって級が定められます。

TOPIKは韓国の教育院が認定している資格になっていることもあり、1級が最も簡単で6級が最も難しくなっています。

日本企業への就職を希望している場合は4級以上、韓国での就職を希望している場合は5級以上の取得を目指す必要があります。

全国通訳案内士 韓国語

全国通訳案内士とは、語学関連では唯一の国家資格です。

外国人観光客に有償でガイドやサポートをおこなう「全国通訳案内士」に必要とされている資格になります。

全国通訳案内士以外でも役立たせられる資格で、韓国語に関する知識・スキルが身に付けていることをアピールできます。

全国通訳案内士で韓国語を選択したときの合格率は10%~15%です。

国家資格ということもあり、「ハングル検定・TOPIK」よりも取得する難易度が高くなっています。

韓国人の観光客に関する仕事に就きたいと考えている方には、「全国通訳案内士 韓国語」の取得をおすすめします。

就活では韓国語よりも英語の方が役立つ?

就活 韓国語 英語 役立つ

就活では韓国語よりも英語の方が役立つ機会が多いです。

その理由は、英語を話すことができる人口が多いからと考えられます。

基本的に韓国語は韓国でしか使われていない言語ですが、英語は「アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド」など7カ国で第一言語として使われています。

また、世界の20%の方が英語を使っているため、韓国語よりも圧倒的に需要があり、英語の方が就活で役立つと考えられます。

しかし、「就活生、全員が英語を勉強すべき」というわけではありません。

例えば、韓国企業と取引をしている日本企業に入社したい就活生であれば、英語よりも韓国語を習得した方が良いです。

就活において英語の方が役立つ可能性は高いですが、人によって習得すべき言語は異なります。

自分が何をしたのか」ということを考えて、韓国語を習得するのか、英語を習得するのか判断するようにしてください。

まとめ

就活 資格 韓国語

この記事では、就活で韓国語に関する資格が役立つのかお伝えしました。

就活で韓国語に関する資格を役立たせることは可能ですが、全ての日本企業で役立つわけではありません。

就活で韓国語に関する資格が役立つ企業の特徴は下記の通りです。

・韓国企業の日本支社
・韓国と関わりのある企業
・韓国人をターゲットにしている企業

これらの企業では、韓国語に関する資格が役立ちます。

この記事でお伝えした内容を参考にして、就活で韓国語を役立たせてみてください。

韓国語を使っている人口は割合的に少ないですが、就活では役立たせることができる資格です。
韓国語に関する資格を取得していることで、内定につながるケースもあるので、韓国語に興味がある方や、韓国の文化が好きな方韓国に関わる仕事がしたい方などは、この記事でお伝えした資格を取得してみてください!

Shokulabライター「Akito」がおすすめする就活コラム!!
就活ではメガネよりもコンタクトを付けるべき!

就活でApple Watchを着けても問題ない?

就活の靴下を購入するときのポイントとおすすめのお店をご紹介

この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB
タイトルとURLをコピーしました