就活で韓国語は有利になる?おすすめの資格とアピール方法を解説

就活 韓国語 有利 就活

新しい就活のカタチ!企業情報からエントリーまで全てが動画で完結!就活版Netflix【JOBTV】

就活では語学力が高い評価を受けることがあります。特に、外資系企業や外国人をターゲットにしている企業では語学力を身につけていることが有利になります。

その中で「就活で韓国語は有利になる?」「就活で有利になる韓国語の資格は?」と悩まれる方は多いのではないでしょうか。

この記事では、就活で韓国語は有利になるのか、ということについて詳しく解説します。

韓国語を活かせる職種やアピール方法などもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください!

就活で韓国語は有利になる

就活 韓国語 有利

就活で韓国語を身につけていると有利になります。その理由は簡単で、他の就活生との差別化を図れるからです。

例えば、同じ大学に在籍している学生が2人エントリーしていて、1人だけが韓国語を身につけているとします。その場合は、韓国語を身につけている学生を選ぶと思います。

企業は少しでも能力の高い就活生を採用したいと考えています。

また、近年グローバルに事業を展開している企業が多く、韓国の文化や商品を取り扱っていることが増えています。

日本においては「K-POP」や「韓国ドラマ」などが流行しているため、より有利になりやすいです。

就活で韓国語は有利になりますが、日常会話程度の能力は必要となります!

韓国語よりも英語の方が有利になる?

就活で韓国語を身につけていると有利になりますが、英語には負けてしまいます

基本的に韓国語は韓国でしか使わない言語ですが、英語は「アメリカ・イギリス・オーストラリア」など7カ国で第一言語として使われています。

また、世界の20%の方が英語を使っているため、韓国語よりも圧倒的に需要があり、英語の方が就活で有利になると考えられます。

しかし、「就活生、全員が英語を勉強すべき」というわけではありません。例えば、韓国企業と取引をしている日本企業に入社したい就活生であれば、英語よりも韓国語を習得した方が良いです。

就活において英語の方が有利になる可能性は高いですが、人によって習得すべき言語は異なります。

どんな会社に入社したいのか」ということから、身につける言語を決めることをおすすめします!

韓国語が評価されやすい企業の特徴

就活 韓国語 有利

韓国語は韓国でしか使われない言語なため、すべての企業に対して有利になるわけではありません。韓国語が評価されやすい企業の特徴をいくつかご紹介します。

韓国語を強みに内定を目指したい方は、下記の企業へエントリーすることをおすすめします。

韓国企業の日本法人

韓国企業の日本法人では、韓国語が評価されやすいです。

韓国企業の日本法人では、韓国語でコミュニケーションを取ることがあるため、韓国語を身につけている就活生に好印象を抱く可能性が高くなっています。韓国企業の日本法人は下記の通りです。

  • アンラボ
  • エヌシージャパン
  • COSOM GLOBAL
  • 現代ジャパン
  • 暁星ジャパン
  • 農心ジャパン など

また、韓国企業の日本法人では、日本に住んでいる韓国人や韓国のアイドル・文化が好きな日本人に向けてサービスを提供していることが多いです。

そのため韓国語に関する知識も求められると考えられます。

韓国企業の日本法人では、韓国語を身につけていることを高く評価してもらえます!

韓国企業と取引のある企業

近年、日本では韓国のアイドルやドラマ、化粧品などが大流行しているため、韓国企業と取引している日本企業が増えています。

例えば、韓国の化粧品を発売している日本企業は、韓国企業から化粧品を仕入れるために、多くのコミュケーションを取っています。

そのため就活で韓国語が評価されやすい企業の特徴として、「韓国企業と取引のある日本企業」ということが挙げられます。韓国企業と取引のある企業は下記の通りです。

  • 高麗貿易ジャパン
  • 大象ジャパン
  • KOKUSAI ELECTRIC
  • 野村マイクロ サイエンス
  • サーズ など

これらの企業では、韓国語を話せる就活生に好印象を抱く傾向があり、採用してもらえる可能性が高いです。

観光客をターゲットにしている企業

韓国語が評価されやすい企業の最後の特徴が、「観光客をターゲットにしている」ということです。

例えば、ホテルを運営している会社などでは、韓国人が宿泊する可能性が考えられるため、韓国語を身につけている就活生に良い印象を抱きます。

ホテルを運営している会社以外にも、旅行会社や航空会社などが挙げられます。

観光客をターゲットにサービスを提供している企業は数多くあるので、就活で韓国語を評価する企業も数多くあると考えられます。

観光客をターゲットにしている会社では、ビジネスシーンの韓国語は必要なく、日常会話程度で有利になります!

shokulab Instagram

韓国語を活かせる職種

就活 韓国語 有利

韓国語を身につけている方は、「仕事で活かしたい」と考えると思います。そこで韓国語を活かせる職種をいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

通訳者・翻訳者

通訳者・翻訳者は、日本語以外の言語を習得している方のみが目指せる職業になり、韓国語を活かすことができます。

通訳者とは、異なる言語を使う人同士が意思疎通できるように、相手が話した内容を「聞き手が求める言語」に訳して伝える仕事です。

翻訳者とは、文書や動画を対象に、指定の言語から異なる言語へテキストで訳すのが主な仕事になります。

通訳は翻訳よりもスピード感が求められるため、韓国語を話すことに慣れていない方は、翻訳者を目指すことをおすすめします。

文字よりも話す方が得意」という方は、通訳者が向いています!

キャビンアテンダント

ャビンアテンダントとは、航空機の中で乗客に食事や飲み物をサービスしたり、急病などのトラブルに対処したりする仕事です。

キャビンアテンダントは、日本人以外の乗客に対応しなければいけないので、日本語以外の言語を習得する必要があり、韓国語を活かすことができます。

韓国語を最大限に活かしたい方は、下記の航空会社がおすすめです。

  • 大韓航空
  • ジンエアー
  • アシアナ航空
  • イースター航空

ただし、日本人と韓国人だけを対象にしている航空会社はないので、韓国語に加えて「英語」も習得する必要があります。

英語と韓国語を身につけていれば、就活でかなり有利になります!

海外営業

海外営業とは、海外の企業をターゲットとした営業職です。海外の企業をターゲットにするため、日本語以外の言語を習得している必要があります。

韓国企業をターゲットにしている営業職であれば、韓国語を活かすことができます。ただし、海外営業ではビジネス用語に関する知識や、営業できるほどの韓国語スキルが必要です。

日本語でも営業することは難しいので、「日常会話ができる」という程度では目指すことが難しくなります。

海外営業したい方は、より高度な韓国語を身につける必要があります!

バイヤー

バイヤーとは、販売する商品の買い付けを行う仕事です。扱うものは会社によって異なり、食品から日用品、アパレルなどさまざまで「日本で売れるか」ということを見極めることが重要な仕事になります。

バイヤーの中でも韓国の食品や日用品を対象としている会社では、買い付けや交渉のときに韓国語を活かすことができます。

通訳なしで相手の話を理解しなければいけないので、ビジネスレベルの韓国語を身につけておく必要があります。

以上4つの職種では、韓国語を活かして仕事することができます!

韓国語を就活でアピールするには?

就活 韓国語 有利

就活で韓国語を身につけていることから高い評価を得たい場合は、いくつか抑えておきたいアピール方法があります。

採用担当者に魅力的な人材と思ってもらえるように、下記の内容を参考にしアピールしてみてください。

身につけようとした経緯を伝える

韓国語を就活でアピールするときは、身につけようとした経緯を伝えることをおすすめします。身につけようとした経緯を伝えることで、自身の人となりをアピールできます。

例えば、「日本人により韓国文化を知ってもらいたいため」などと伝えられると、「誰かのために行動できる人」「目標に向かって努力できる人」と評価されます。

採用担当者から質問されやすい内容でもあるため、「なぜ、韓国語の勉強を始めたのか」ということは考えておくべきです。

経緯の中で具体的なエピソードがあれば、より良い印象を与えられます!

仕事で活かす方法を伝える

就活では韓国語を身につけていることが「どのように仕事で活きるのか」ということを伝えることが大切です。

仕事で活かす方法を伝えることで、採用担当者に企業で働くイメージをしてもらうことができます。

韓国語を身につけていても、仕事で活かせなければ就活では評価されません。

新卒採用では、ポテンシャル重視なので、入社後に活躍するイメージを持たせることが選考通過・内定につながります。

仕事で活かす方法を考えると、「自分に合っている仕事なのか」ということを判断できるようになります!

資格を取得する

就活で韓国語をアピールするときは、資格を取得すべきです。資格には明確な合格基準が設けられているため、採用担当者からの信頼を得やすくなっています。

身についている韓国語のレベルを採用担当者が把握しやすくもなるため、就活に向けて資格を取得する方は多いです。また、資格取得までの努力・工夫から高い評価を得ることが可能です。

資格を取得していることより、取得したまでの努力・工夫が評価され、選考通過・内定につながる可能性も考えられます。

日本人が韓国語の資格を取得することは難しいことなので、高い評価を受けられます!

就活で有利になる韓国語の資格3選

就活 韓国語 資格 有利

就活で韓国語をアピールするには資格を取得すべきなのですが、「どの資格を取得すべきなんだろう?」と悩まれることがあると思います。

就活で有利になる韓国語に関する資格を3つご紹介するので、自分が希望しているキャリアに合ったものを見つけてみてください。

ハングル検定

ハングル検定とは、ハングル能力検定協会が認定している民間資格です。韓国語の通訳者になるときの基準として設けられている資格になるため、知名度が高くなっています。

ハングル検定は、日本人を対象にしている資格になり、設問は日本語で表記されていて、韓国語を学び始めた方でも取得可能な資格です。

ハングル検定は5級から1級まで設けられていて、各級の合格率は下記の通りです。

  • 5級:82%
  • 4級:80%
  • 3級:55%
  • 準2級:25%
  • 2級:8%
  • 1級:7%

就活でアピールするには、3級以上のハングル検定を取得する必要があります。ハングル検定は通訳者以外の仕事でも役立たせられる資格なので、就活生におすすめです。

TOPIK

TOPIKは韓国語能力試験とも言われる資格で、大韓民国の国立国際教育院が認定している公的なものです。世界70カ国以上で実施されていて、設問は全て韓国語で表記されています。

日本での知名度は「ハングル検定」とあまり変わりませんが、難易度はTOPIKの方が高いと考えられます。TOPIKは1級から6級まで設けられていて、試験は2つに分けられます。

1・2級:TOPIK Ⅰ
3・4・5・6級:TOPIK Ⅱ

TOPIKは韓国の教育院が認定している資格になっていることもあり、1級が最も簡単で6級が最も難しくなっています。

日本企業への就職を希望している場合は4級以上、韓国での就職を希望している場合は5級以上の取得を目指す必要があります。

全国通訳案内士 韓国語

全国通訳案内士は、語学関連では唯一の国家資格です。外国人観光客に有償でガイドやサポートをする「全国通訳案内士」に必要とされている資格になります。

全国通訳案内士以外でも活かせる資格で、韓国語に関する知識・スキルが身についていることをアピールできます。

全国通訳案内士「韓国語」の合格率は、10~15%です。

国家資格ということもあり、「ハングル検定・TOPIK」よりも取得する難易度が高くなっています。

韓国人観光客に関する仕事に就きたいと考えている方には、「全国通訳案内士 韓国語」の取得をおすすめします。

ShokuLab公式LINEの特徴

ShokuLabでは、就活生が抱える悩みの解決・有益な情報を提供する「公式LINE」を開設しています。

就活は情報戦とも言われるほど情報が大切になり、自分の力だけで内定を目指す必要はありません。ShokuLabの公式LINEでは、登録者が内定を獲得できるように全力でサポートします。

公式LINEから情報商材・能力開発商材への誘導は一切ありません!

ShokuLab公式LINEの対応スタッフ

ShokuLabの公式LINEでは、専任の就活アドバイザーが全力でサポート。就活アドバイザーはShokuLabメディアのコラムも執筆しています。

就活アドバイザーの経歴例

  • 大学在学中にビジネススクールに入校
  • 約2年間、就職活動・ビジネスについて学ぶ
  • リーダーボジションで多くの新卒就活生を輩出
  • Shokulabライターとしてコラム執筆中

ShokuLabの公式LINEでは、他社の就活アドバイザーよりも「就活生に寄り添うこと」を大切にしています。

ShokuLab公式LINEの使い方

ShokuLab公式LINEの使い方は下記の通りです。

  1. ShokuLab公式LINEを友達追加
  2. 就活に関する悩み・疑問を相談
  3. 24時間以内に就活アドバイザーが返信
  4. 悩み・疑問解決

就活生による悩み・疑問の相談以外にも、定期的に「日本の就活生が持つQ&A」「新卒採用を募集する企業情報」「就活に活きる鮮度の高いニュース」などを発信しています。

ShokuLabの公式LINEでは、価値のある質の高い情報だけを共有します!

お悩み相談に関する内容

ShokuLabの公式LINE最大の特徴は、就活アドバイザーへの悩み相談です。就活生が抱える悩み・疑問を就活アドバイザーが24時間以内にお答えします。

悩み・疑問の解決をゴールとしているため、何度も何度もメッセージのやり取りが可能です

また、就職活動にまつわる相談・疑問だけではなく、ESの添削や将来のキャリアプラン、大学生活に関することにも対応しています。

ShokuLabの公式LINEを友達追加するだけで、いつでも気軽に相談することが可能です。

まとめ

就活 韓国語 有利 まとめ

この記事では、就活で韓国語は有利になるのか、ということについてお伝えしました。就活で韓国語を身につけていると有利になります。

会社によっては英語よりも高い評価を得ることができ、合格率の低い資格を取得できていればスムーズな内定獲得を目指せます。

韓国語が評価されやすい企業の特徴は、「韓国企業の日本支社・韓国と関わりのある企業・韓国人をターゲットにしている企業」になります。

この記事でお伝えした内容を参考にし、就活で韓国語を有利に働かせてください。

shokulab Instagram
この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ShokuLab
タイトルとURLをコピーしました