ネクタイの色で第一印象が決まる!就活に最適な色は?

就活
就活では「リクルートスーツを着る」という常識が浸透しているので、「どんなスーツを着よう…」と頭を抱えることはないと思います。
基本的な黒・紺のリクルートスーツを着ていれば、悪い印象を与えることはないでしょう。
ただし、「ネクタイ」は何色って決まっていませんよね。
そのため「どんなネクタイが良いんだろう?」「何色が良い印象を与えるんだろう?」と悩むと思います。
この記事では第一印象を決める「ネクタイ」の色について解説していきます。

ネクタイの色によって第一印象が決まる

就活において第一印象はとても大切になり、その第一印象を大きく左右するのが「ネクタイ」です。基本的にリクルートスーツは同じようなものが多いので第一印象を左右する可能性は低く、ネクタイによって第一印象が決まりやすいです。しかし、就活生の多くがネクタイにこだわりを持っていません。
「家にあるやつでいいか」「入学式のままで良いか」と考えている人が多いです。
そんな中ネクタイにこだわりを持っていると、自分だけ良い印象を与えることができます。
ただし、ネクタイにこだわりを持っていなくてもマイナス評価を受けることはありません。あくまでこだわりを持つことで良い印象を与えることができるということです。

ネクタイの色によって与える印象は変わる

ネクタイは「柄」によっても第一印象が決まるのですが、柄よりも「色」が肝心です。
「色で第一印象が決まるの?」と思われたかもしれませんが、色によって相手に与える印象は大きく変わります。
色で印象を与えることを「色の効果」といい、大手企業のロゴなどを見ても工夫されているのが分かります。
それぞれの色でどのような効果があるのか、詳しく解説していきます。

赤色のネクタイ

赤色のネクタイでは「情熱・エネルギー・自己主張・活力」という印象を与えることができます。
そのため人事の方に「情熱にある人・元気のある人・前向きな人」という印象を与えたい場合は、赤色のネクタイをしましょう。
ただし、面接を受ける企業によっては赤色はNGです。
例えば、金融系の企業の場合は赤色ネクタイはNGです。
その理由は簡単で、情熱や元気をお客様に印象付けたい職業ではないからです。赤色のネクタイは「商社・不動産・営業職」に最適な色になります。

青色のネクタイ

青色のネクタイは「信頼・誠実・爽やかさ・知的」という印象を与えることができます。
そのため「信頼できる人・誠実な人・清潔感のある人」という印象を与えたい場合は、青色のネクタイをしましょう。
赤色では企業によって使い分ける必要があるとお伝えしましたが、青色のネクタイは基本的にどの業界・職種でも問題ないです。「爽やかで清潔感のある人」という印象はどの職業でも必要になることですよね。
青色は企業ロゴに使用されることも多く、「ANA・NTT・SECOM・KDDI」は青色を使用しています。企業を見ればどのような印象を与えるために、青色を使用しているか分かると思います。

黄色のネクタイ

黄色のネクタイは「明るい・活動的・無邪気」という印象を与えることができます。
そのため「元気な人・明るい人・社交的な人」という印象を与えたい場合は、黄色のネクタイをしましょう。
黄色のネクタイはコミニュケーションが求められる職業で最適な色です。元気・明るいという印象をお客様に与えることで、親近感をアピールできます。
コミュニケーションがは全ての職業で求められるかもしれませんが、「金融系・公務員」の場合は黄色のネクタイはNGなので、注意してくださいね。

緑のネクタイ

緑色のネクタイは「自然・安心感・健康・優しい」という印象を与えることができます。
そのため「落ち着いている人・穏やかな人・安心できる人」という印象を与えたい場合は、緑色のネクタイをしましょう。
緑色のネクタイは就活であまり見ない色になりますが、派手な色でなければ付けても問題ありません。協調性が求められる企業などでは、良い印象を与えることができるでしょう。
そして緑色の企業ロゴで使用されていることが多く、「Kao・三井住友銀行・LION・スタバ」は緑色を使用しています。

就活で「黒・白・ゴールド」のネクタイはNG

就活で「黒・白・ゴールド」のネクタイは完全NGです!
黒・白をネクタイをしていると、リクルートスーツとの組み合わせが冠婚葬祭を連想させてしまいます。就活の場において冠婚葬祭を連想させる色はNGでしょう。
また、ゴールドのような派手な色はカジュアルなイメージが強いため、就活の場とかけ離れてしまっています。
「黒・白」は無難な色として使用してしまうことが多いかもしれませんが、最悪な印象を与えるので、注意してください。

与えたい印象がわからない場合は「企業ロゴ」を参考にしよう

上記でも「企業ロゴ」について少しお伝えしましたが、企業も色の効果を考えて企業ロゴの色を考えています。
そのため企業ロゴに沿った色のネクタイをしていると、企業の求めている印象と同じ印象を与えることができます。「どんな印象を与えたいかわからない」という人は、企業ロゴの色のネクタイをしましょう。
参考程度にいつか企業ロゴの色をお伝えします。
赤色:JAL・HONDA・Coca-Cola・docomo・日清食品・トヨタ
青色:ANA・KDDI・NTT・MIZUHO・DELL・ SEIKO・SECOM・CASIO
黄色:LOFT・マツモトキヨシ・Nikon・CAPCOM・クロネコヤマト・マクドナルド
緑色:Kao・LINE・ニトリ・サイバーエージェント・スタバ・三井住友銀行・LION
企業ロゴはインターネットで調べると簡単に出てくるので、参考にしてみてください。

就活に向けてネクタイは何種類準備する必要がある?

この記事と読んだ方は「ネクタイの色が大切」ということがわかっていただけたと思います。そこで悩むのが「ネクタイは何本必要?」ということですよね。
もちろん「赤・青・黄・緑」全てのネクタイを所持しておくことに越したことはありませんが、最低でも2本あれば十分です。
おすすめは「青色+○色」です。
青色は無難に使えるので、青色は必須条件で持っておきたいです。
あと一色は自分が与えたい印象の色にしましょう!

ネクタイで良い印象を勝ち取ろう

この記事ではネクタイの色で第一印象が決まるということをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?
ネクタイの色に関心を持っていない就活生は多いと思いますが、ネクタイの色で第一印象は左右します。人間は無意識のうちに印象を決める生き物なので、確実にネクタイの色はこだわった方が良いです!
高額なネクタイを買う必要はありませんので、自分の与えたい印象をネクタイでコントロールできるようになり、内定を勝ち取りましょう!

この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました