「リクルートスーツ」1つで内定は勝ち取れる

就活
就活生にとって切っても切れない関係にあるのが「リクルートスーツ」です。
リクルートスーツは黒・紺が基本的なカラーとされていて、「就活スーツ」と言われることもあります。
「リクルートスーツってみんな一緒で嫌だな」「自分の色を出すことができないよね」と思っている大学生が多いと思いますが、
実はリクルートスーツ1つで内定を取ることができるのです。
この記事ではリクルートスーツで内定を取れる理由、内定を勝ち取る方法についてご紹介します。

リクルートスーツで内定は勝ち取れる!

「就活生=リクルートスーツ」これは日本の常識とも言えることだと思います。

実際多くの大学生が就活のためにリクルートスーツを買い、リクルートスーツを着て就活を行います。「なんでリクルートスーツなんだよ!」と思っている大学生は多いと思いますが、その常識を1人の大学生が覆すことはできません。しかし「リクルートスーツ」から内定を勝ち取ることはできるのです。「容姿は就活で関係ない」なんて言われることもありますが、人事も「人間」なので容姿は少なからず合否に関係しています。

リクルートスーツで内定を勝ち取れる理由

なぜリクルートスーツで内定を勝ち取れるのか解説します。

その理由は「メラビアンの法則」という法則が関係しています。

メラビアンの法則とは、話し手が聞き手に与える影響を3つの情報に分類したものです。

3つの情報とは「会話の内容・周辺言語・非言語表現」になり、相手に与える影響の割合は、

会話の内容:7%

周辺言語:38%

非言語表現:55%

です。

「会話の内容」は言葉の通りで話した内容で、「周辺言語」とは話し方になります。

非言語表現は「ノンバーバルコミュニケーション」と言われるもので、ノンバーバルコミュニケーションの1つとして「身だしなみ」が挙げられます。この身だしなみが就活では「リクルートスーツ」になります。そのためリクルートスーツ1つであなたの印象は「55%」も決まるのです。

半分以上の印象が決めると考えると、リクルートスーツで内定が取れる意味がわかると思います。

そしてノンバーバルコミュニケーションは無意識にうちに行うので、人事の方が「容姿では内定を決めない」と決めていても無意識のうちに印象は決まるのです。

リクルートスーツで内定を勝ち取る方法

「リクルートスーツで内定を勝ち取る」ということが可能ということは理解していただけたと思います。

では、具体的にどのようにすれば良いかご紹介していきます。

ご紹介する方法は男性でも女性でも共通していることなので、男女共に参考にしてみてください。

サイズ感の合ったリクルートスーツを着る

リクルートスーツで内定を勝ち取る1つ目の方法は、サイズ感の合ったものを着用することです。

就活では大学の入学式で着用したものを使用することが多く、リクルートスーツでも使用できるスーツを入学式の際には購入すると思います。そのことを否定するわけではありません。

しかし入学式から就活まで約3年あります。

3年間でスーツは緩みますし、あなた自身の体系も変化していると思います。3年前と同じ体型ということは考えにくいですよね。

そのため入学式で着用したものをリクルートスーツとして使用すると、サイズ感が合っていないスーツを着用することになります。

「多少サイズ感があっていなくても大丈夫でしょ!」という方が多いのですが、リクルートスーツにとって「サイズ」は非常に大切です。

学生時代を思い出してみてください。

中学や高校でサイズ感の合っていない制服を着ている友達を見て「ダサいなー」と思ったことはないですか?

「ダサい」とまでは思わないかもしれませんが、決して良い印象は抱かないと思います。

リクルートスーツでもサイズ感が合っていないと人事の方に良い印象を与えられません。

反対にサイズぴったりのリクルートスーツを着用していると、「仕事ができそうだな」という印象を与えることができます。

リクルートスーツを着こなす

リクルートスーツで内定を勝ち取る2つ目の方法は、着こなすことです。

大学生は普段「スーツ」を着る機会はないと思います。

「就活で初めてスーツを着た」「入学式以来のスーツだ」という方が多いと思います。

しかしそれではリクルートスーツを着こなすことができません。

「着こなすことができていない=仕事ができなさそう・自信がなさそう」という印象を与えてしまいます。

人事の方は社会人経験のある多いので、「スーツを着ているのか・スーツに着られているのか」簡単に判断できます。

スーツに着られないためには、就活が始まる前からスーツを着用する機会を増やす必要があります。

説明会・インターンなど積極的に参加しましょう。

そして何より「スーツを着こなす」ということを意識してください。

クリーニングに出して「センタークリース」をつくる

リクルートスーツで内定を勝ち取る最後の方法は、クリーニングに出すことです。

あなたが人事だと思いイメージしてください。

リクルートスーツにシワがあるA君、全くシワのないB君、どちらを採用したいと思いますか?

絶対的にB君だと思います。そして最も大切なことが「センタークリース」です。

センタークリースとはパンツの「中央の折り目」のことで、センタークリースがあることでリクルートスーツの印象を一気に変えることができます。センタークリースは家のアイロンで上手に作ることは難しいので、クリーニングに出しましょう。

クリーニングに出すことによって、綺麗なセンタークリースが生まれます。

しかしセンタークリースは日に日に消えていきます。

そのため面接日に合わせてクリーニングに出すことをおすすめします。

高いスーツを買う必要はない!

リクルートスーツで内定を勝ち取ることができるとお伝えしましたが、無理に高額なスーツを買う必要はありません。

自分のサイズに合ったスーツを綺麗に着こなせればいいのです!

ただ、高額なものになればなるほど、良いスーツにはなります。

リクルートスーツを社会人になっても使用する予定のある方は、少し背伸びをしても良いかもしれませんね!

この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました