「大手企業とベンチャー企業」どちらに就職した方が良い?

就活

就活する際は希望する企業を決めると思います。やってみたい職種ややりがいのある職種など就活生によって求めることは違うと思いますが、そもそも大手企業に就職するべきなのか、ベンチャー企業に就職するべきなのか、悩まれると思います。この悩みは就活生の永遠の悩みといっても過言ではないでしょう。
では、大手企業とベンチャー企業のどちらに就職するべきなのでしょうか?
この記事では大手企業とベンチャー企業の違い、それぞれのメリットデメリット、どちらに就職するべきなのか解説していきます。
ぜひ、参考にしてみてください。

企業に求めることによって最適な就職先は変わる

結論からお伝えします。
大手企業に就職してもベンチャー企業に就職しても「正解」です!
双方にメリット・デメリットがあるため、どちらに就職しても間違いではありません。しかし、就活生が企業に求める条件によって答えは変わってきます。
例えば、就職先の企業に「安定」を求めるのであれば、大手企業に就職することが正解になるでしょう。
就職先の企業に「自由」を求めるのであればベンチャー企業に就職することが正解になるでしょう。
このように就活生が何を企業に求めるかによって正解が変わります。
そのため大手企業とベンチャー企業で迷っている方は、まず就職先の企業に何を求めるのか考えてみてください。
求めることは1つ出なくても良いです。
求める条件が1つでも多く当てはまる企業に就職することが「正解」といえるでしょう。

大手企業とベンチャー企業の違い

自分が求めていることを叶えてくれる企業を探すためには、まず大手企業とベンチャー企業の違いを知る必要があります。メリット・デメリットをお伝えする前に、大手企業とベンチャー企業の違いをご紹介します。
ただし国の法律によって大手企業とベンチャー企業の違いが決められているわけではありませんので、参考程度にしてください。

資本金の違い

1つ目の違いが「資本金」です。ベンチャー企業の資本金は決められていないのですが、大手企業の資本金は定義付けされています。「大手企業=中小企業以外」ということになりますよね。
中小企業の資本金の定義付けが下記の通りになります。
製造業:資本金3億円以下もしくは従業者数300人以下
小売業:資本金5千万円以下もしくは従業者数50人以下
サービス業:資本金5千万円以下もしくは従業者数100人
卸売業:資本金1億円以下もしくは従業者数100人以下
以上の条件に当てはまらない企業は「大手企業」になります。
例えば、サービス業で資本金が5千万円以上の企業は大手企業です。ベンチャー企業は資本金に定義付けがありません。

求められる人物像の違い

2つ目の違いが「求められる人物像の違い」です。大手企業とベンチャー企業によって求める人物像が変わります。
大手企業が求める人物像は下記の通りです。
・協調性がある人材
・人柄よりも学歴のある人材
・辞めない人材
・伝えたことをできる人材
ベンチャー企業が求める人物像は下記の通りです。
・チャレンジ精神のある人材
・向上心のある人材
・学歴よりも人柄の良い人材
・発想力が豊かな人材
・自分で考えて行動できる人材
以上のように大手企業とベンチャー企業には求める人物像に違いがあります。
最も明確な違いが協調性のある人材かチャレンジ精神のある人材かということでしょう。大手企業は新卒性が進むべきレールはあるため、会社にルールに沿って仕事ができる「協調性のある人材」を求めます。反対にベンチャー企業は新しいサービス・アイデアを提供しているので、自分でレールを敷ける「チャレンジ精神のある人材」を求めます。
そして大手企業は学歴を重視して、ベンチャー企業は学歴よりも人柄を重視します。

福利厚生・給与の違い

3つ目が「福利厚生・給与の違い」です。福利厚生・給与にははっきり違いがあり、大手企業の方が充実しています。
ただし、大手企業でも充実していないこともありますし、ベンチャー企業でも充実していることもあります。
あくまで主な大手企業とベンチャー企業の違いになります。

会社自体の安定感の違い

4つ目が「会社自体の安定感の違い」です。ベンチャー企業は新しいビジネスモデル・サービスを提供しているため、「安定感」という部分には欠けます。
反対に大企業は資本金が多いこともあり、「安定感」はあります。
ただし新型コロナウイルスのような感染症などがあれば、大手企業でも安定感があるとは言えないでしょう。

就職難易度の違い

5つ目が「就職難易度の違い」です。就職難易度とは、就職のしやすさです。
大手企業の方が就職することが難しく、ベンチャー企業の方が就職しやすいです。大手企業の方が倍率は高いのですが、採用人数は大手企業の方が多いです。ベンチャー企業は倍率は低いものの、採用する人数は少ないです。
多くの方が「大手企業の方が採用人数が多いから就職しやすい」と思われることが多いのですが、倍率は大手企業に方が高く、ベンチャー企業の方が就職しやすいです。

大手企業のメリット・デメリット

大手企業には大手企業にしかないメリット・デメリットがあります。
就職する前にメリット・デメリットを把握しておくことで後悔する可能性は少なくなります。
大手企業に就職するメリット・デメリットは下記の通りです。
「メリット」
・企業の安定性が高い福利厚生
・給与が充実している
・社会的ステータスが手に入る
・転職をしやすい
「デメリット」
・就職しにくい
・細かいルールが決められている
・年功序列制度が多い
・すぐに昇進することが難しい
以上が大手企業に就職するメリット・デメリットになります。デメリットよりもメリットの方が魅力的に感じた場合は、大手企業へ就職しましょう。

ベンチャー企業のメリット・デメリット

ベンチャー企業も同様に就職することでメリット・デメリットが生じます。
ベンチャー企業のメリット・デメリットは下記の通りです。
「メリット」
・就職しやすい
・積極的に行動できる
・若手でも昇進しやすい
・やりがいを感じる
「デメリット」
・福利厚生・給与が不充実なことがある
・会社の安定性が欠ける
・自分から積極的に行動する
・必要がある即戦力の力を求められる
以上がベンチャー企業に就職するメリット・デメリットになります。大手企業よりもメリットが魅力的に感じられた方はベンチャー企業へ就職しましょう。

どちらに就職しても間違いではない!

この記事では大手企業とベンチャー事業の違いをお伝えしましたが、どちらに就職しても間違いではありません。
上記でもお伝えしたように双方にメリット・デメリットがあるため、就活生が求める条件によって最適な選択肢は変わります。大手企業とベンチャー企業で悩まれている人は、まず就職先の企業に何を求めるか考えてみてください。
求める条件によって就職先を決めると、就職したことを後悔することはなくなるでしょう。

この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました