就活の趣味欄にはサウナと書くべき!人事との距離を縮められる

就活

新しい就活のカタチ!企業情報からエントリーまで全てが動画で完結!就活版Netflix【JOBTV】

就活で必要になる履歴書には、趣味欄が設けられています。その趣味欄に「何を書こうかな?」と悩まれる就活生は多いですが、就活の趣味欄には「サウナ」と書くべきです。

この記事では、就活の趣味欄にサウナと書くべき理由や、就活でサウナをアピールするときのポイントなどについて詳しく解説します。

面接でサウナと答えるときの回答例などもご紹介しているので、趣味欄に困っている学生はぜひ最後まで読んでみてください!

就活の趣味欄には「サウナ」と書くべき

就活 サウナ 趣味 

就活の趣味欄には「サウナ」と書くことをおすすめします。

「就活の趣味欄にサウナと書いて良いの?」と思われるかもしれませんが、履歴書の趣味欄は就活生の人間性を探るために設けられているため、どんな趣味を書いても問題ありません。

ただし、ウソをつくことはおすすめしません。人事は就活生の人間性を探ることを目的に趣味を聞いているため、深掘りされる可能性が高く、ウソをついていることがバレやすいです。

就活でウソをついていることがバレてしまうと、高確率で内定をもらうことはできません。就活の趣味欄に「サウナ」と書くためには、実際にサウナに通う必要があります。

今までにサウナの経験がない方はこちらの記事を参考にしてみてください。

就活の趣味欄にサウナと書くべき3つの理由

就活 趣味 サウナ 理由

就活の趣味欄には「サウナ」と書くべきなのですが、「なんで、サウナ?」と疑問に感じる方は多いと思います。就活の趣味欄にサウナと書くべき理由は大きく3つあります。

就活の趣味欄にサウナと書くべき3つの理由をご紹介するので、下記から参考にしてみてください!

人事と共通の趣味になる可能性がある

近年、メディアなどで取り上げられることが多いのですが、サウナを趣味としている社会人は多いです。

特に、30代以降の社会人が趣味としている傾向があるため、サウナと書くことで人事と共通の趣味になる可能性が考えられます。

就活で人事と共通の趣味になることができれば、一気に距離を縮めることができます。具体的には下記のような話題で話が広がります。

・いつから通っているの?
・どこに行っているの?
・何セットするの? など

就活では少しでも人事との距離を縮めることが内定獲得につながるため、共通の趣味になる可能性がある「サウナ」を書くべきです。

サウナという趣味が同じだった場合は距離を縮める「チャンス」だと考えて良いです!

人事の印象に残ることができる

実際にサウナに通っている方はイメージできると思いますが、サウナの中には30代~60代の方が多く、10代~20代前半の方で入っている割合は少ないです。

それはサウナを趣味にしている人事は理解していることなので、趣味欄にサウナを書くだけで強い印象を残せます。

人事の印象に残ることができれば、内定率は高くなります。

また、上記でお伝えした通り、サウナは人事と共通の趣味になる可能性があるので、より強い印象を残すことが可能です。

面接が終わってから、「〇〇さんと趣味が一緒だったな…」と人事の記憶に残るためにも、就活ではサウナと書くことをおすすめします。

より人事の印象に残るためには、具体的なエピソードを準備しておくことをおすすめします!

健康的なことをアピールできる

サウナは「身体に良い」と言われているため、就活の趣味欄に書くことで、「健康的」なことをアピールできます。

企業側は「少しでも長く働いてほしい」と考えているため、不健康な就活生よりも健康的な就活生に良い印象を抱く傾向があります。

「サウナ=身体に良い」ということは世間のイメージとしてあるため、趣味欄にサウナを書くだけで「自分は健康です」とアピールできます。

健康的な就活生ということを趣味からアピールするためにも、サウナと書くことをおすすめします。

サウナ以外にも、ヨガや筋トレなどの趣味は「健康的」という印象を与えられます!

Shokulab 公式LINE

面接でのサウナ回答例

就活 サウナ 趣味 回答例

就活の履歴書に趣味欄が設けられているように、面接当日に「趣味は何ですか?」と聞かれることが多いです。そこで、面接で趣味をサウナと答えるときの回答例をいくつかご紹介します。

経験者と初心者に分けて回答例をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

サウナ経験者の回答例

私の趣味はサウナです。1年ほど前まで銭湯に行く機会があってもサウナには入っていなかったのですが、父親からの勧めでサウナに興味を持つようになりました。インターネットや本でサウナに関する情報を収集したところ、「体に良い」「睡眠の質が向上する」という内容が多く見受けられ、一度サウナを体験しました。その結果、深くハマってしまい、今では1週間に1度はサウナで体をリフレッシュしています。これから社会人になっても、サウナで体をリフレッシュし、最大限のパワーを発揮できるようにしたいと考えております。

サウナ経験者の回答例

私の趣味はサウナです。サウナが趣味になったきっかけは、睡眠の質が良くなかったことにあります。私は深い眠りにつくことが苦手で、数時間に一度は目が覚めてしまう体質でした。その体質を改善したく情報収集をした結果、サウナにたどり着きました。初めは半信半疑でサウナに通っていたのですが、通い始めて2週間で睡眠の質がぐんと良くなりました。今では3日に1回はサウナに行っており、良い目覚めで起きることができています。

サウナ初心者の回答例

私の趣味はサウナです。と言いましてもサウナに通い始めて2ヶ月です。何年も通い続けている方と比べると私は「サウナ初心者」ですが、サウナに対する愛は大きいです。サウナに関する本を2ヶ月で3冊読み、2日に1日のペースで通い続けています。今はサウナに関するアイテムに興味が出てきており、サウナハットの購入を検討しています。これから社会人になってもサウナを趣味とし、さまざまな方と交流を深められたらな、と考えております。

【2022年版】就活で役立つおすすめの就活サイト19選!

就活でサウナをアピールするときに抑えておきたいポイント

就活 趣味 サウナ アピール

就活で趣味をサウナとアピールするときには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。

就活でサウナをアピールしたことがマイナスな印象につながることがないように、下記に記載しているポイントをぜひ参考にしてみてください。

サウナに関する知識・情報を身に付けておく

上記でお伝えした通り、就活で趣味をサウナとアピールすることで、人事との話が広がる可能性が高いです。

そのときはサウナに関する内容で会話しなければいけないため、サウナに関する知識・情報を身に付けておく必要があります。

もし、サウナに関する知識・情報がなければ人事との会話が広がらず、せっかくのチャンスを逃してしまいます。人事との会話が広がるほどの知識・情報を身につけておくことが大切です。

サウナに関する知識・情報はYouTubeやインターネットから無料で収集できますよ!

自慢をしない

就活の趣味でサウナをアピールしたことでマイナスな印象につながりやすいことが、「自慢をする」ということです。

人事が就活生の自慢を聞いて良い気分になることは考えられないので、面接では自慢しないようにしてください。また、人事よりも優位な立場を取らないことも大切です。

もし、人事がサウナに関することで誤った情報を話していても、指摘する必要はありません。就活の面接で恥をかかされた人事は、その就活生に対して良い印象を抱くことはないです。

就活の面接では「人事を立たせる」ということを意識するようにしてください。

「自慢をしない」「人事を立てる」という2点は忘れないようにしてください!

【2022年版】就活で役立つおすすめの就活サイト19選!

就活でアピールするときに回数を意識すべき?

就活 趣味 サウナ

就活の趣味でサウナをアピールするときに、「あまり行ったことがないしな…」と回数を気にするかもしれませんが、回数はあまり気にしなくても良いです。

サウナを趣味にして1カ月しか経っていなくても、就活でアピールしても問題ありません。

しかし、あまりにも回数が少ないと「この人は趣味の概念を捉えられていない」と判断される可能性があるので、注意してください。

基準としては10回以上、サウナに行ったことがあると趣味としてアピールしても問題ないと考えられます。

人事の強い印象を与えるためにも、できるだけ多くサウナに通うことをおすすめします!

あまり経験がない方は「聞き手」に回る

サウナが趣味になり始めたばかりの方は、「聞き手に回る」ということが大切です。

就活の面接で「就活生側から話を広げてはいけない」と定められていないので、人事から話を引き出すことを意識してみてください。話を広げたいときは、下記の内容を参考にしてみてください。

・サウナは何セットしていますか?
・サウナハットは購入した方がよろしいのでしょうか?
・サウナでのマナーなどはありますでしょうか。 など

人間は自分の話を聞いてもらうことが好きなので、聞き手に回ることで人事に良い印象を与えられる可能性が高くなります。

ただし、就活生側が話を広げることは高度なスキルを必要とするので、無理に話を広げることはおすすめしません。

人事から話を引き出すときは、「自然な流れ」ということを意識してみてください!

就活生がサウナを趣味にするメリット

就活 趣味 サウナ メリット

就活生が趣味をサウナにすることは、人事との距離を縮められること以外にもメリットがあります。就活生がサウナを趣味にするメリットをいくつかご紹介します。

就活でのストレスを解消できる

就活では「合格・不合格」が明確になるため、ストレスを抱えやすいです。実際にストレスを抱えている就活生が多いと思いますが、サウナはストレスを解消できます。

サウナの高温の空気が全身の皮膚を刺激し、中枢神経の興奮が高められます。その結果、神経による身体機能が調整され、ストレス解消につながります。

就活中はストレスを溜めないことが大切になるので、サウナでストレス解消できることは大きなメリットと考えられます。

ストレスが溜まる前にサウナで解消しておくことをおすすめします!

質の良い睡眠をとれる

就活では期限に追われることが多くなり、7時間以上の睡眠を取れている方は少ないです。睡眠不足になっている就活生が多いと思いますが、サウナを趣味にすることで質の高い睡眠がとれます。

サウナに入ることで質の良い睡眠がとれる理由はさまざまあるのですが、「75%の人に睡眠の改善が得られる」という研究結果が出ています。

「なかなか寝付けない」「寝ても寝ても眠い」などという就活生は、サウナを趣味にすることをおすすめします。

サウナに睡眠の質向上を求める方は、すぐに寝付ける「夕食後」に入るべきです!

就活中に体調を崩しにくくなる

就活では説明会や面接など日程が決められてることがほとんどなので、体調を崩すことは許されません。

体調を崩したことで説明会や面接に参加できなかった経験のある方は多いと思いますが、サウナを趣味にすることで体調を崩しにくくなります。

サウナに入ることで、血流は安静時の2倍早く進みます。その結果、酸素の摂取量が増え、筋肉疲労物質を分泌するなど、肉体疲労を回復し、エネルギー再生産がなされて疲労回復の効果が上がります。

就活中に体調を崩さないようにするためにも、就活生はサウナを趣味にすることをおすすめします。

【2022年版】就活で役立つおすすめの就活サイト19選!

サウナ以外に人事との距離を縮められる趣味

就活 趣味 サウナ 釣り ゴルフ

人事との距離を縮められる趣味は、サウナだけではありません。サウナ以外に人事との距離を縮められる趣味をいくつかご紹介します。

サウナ以外の趣味をアピールしたい方は、下記の趣味を始めてみてください!

ゴルフ

ゴルフが好きな社会人は多いため、人事と距離を縮められる趣味として「ゴルフ」が挙げられます。

企業によって異なりますが、人事は40歳以上の方が務めているケースが多く、ゴルフを趣味としている可能性がとても高いです。

社会人になると、接待としてゴルフをおこなうことがあるので、人事を務めるほどの方であれば高確率でゴルフを趣味としています。

また、ゴルフをしている就活生は比較的少ないので、人事に強い印象を残すことが可能です。

就活でゴルフをアピールすることはこちらの記事を参考にしてみてください!

釣り

人事と距離を縮められるサウナ以外の趣味として、「釣り」が挙げられます。

アウトドアが好きな人事は釣りを趣味としている可能性が高く、釣りを趣味としてアピールすることで、一気に距離を縮めることができます。

釣りは「川釣り」や「海釣り」などさまざまなスタイルがありますが、細かいスタイルはあまり気にしなくて良いです。

釣りはサウナやゴルフよりも話が広がりやすいので、就活でアピールする趣味としておすすめです。

釣りを趣味としている就活生はサウナやゴルフと比較すると少ないと思うので、周りとの差別化を図りたい方にもおすすめできます!

まとめ

就活 趣味 サウナ まとめ

この記事では、就活の趣味欄にサウナを書くべき理由をお伝えしました。

サウナを趣味としている社会人は多いので、人事と共通の話題を提供することにつながります。共通の趣味をアピールできれば、人事の印象に残ることができ、人事との距離を縮めることもできます。

また、「健康的」ということもアピールできる趣味なので、就活の趣味欄には「サウナ」と書くことをおすすめします。

この記事でお伝えした内容を参考にし、就活の履歴書・面接でサウナを趣味としてアピールしてみてください。

Shokulab 公式LINE
この記事を書いた人

学生時代に、大手ビジネススクールへ入校。
ビジネススクールではリーダーポジションに就き多くの新卒就活生を輩出。
ライターとして、ビジネスコラムで転職・就活にまつわる情報を奇稿。
現在は【職LAB】のメインライターとしてビジネスニュースやキャリアハックについて発信中。

西川秋斗をフォローする
就活
西川秋斗をフォローする
ようこそ、SHOKULAB
タイトルとURLをコピーしました