記事内に広告が含まれています。

【就活の面接を対策しないのは勿体無い】簡単にできる対策方法をご紹介

就活 面接 対策しない 就活
ディレクターAkihiro
ディレクターAkihiro

24時間365日対応!就活が抱える悩みを専任のアドバイザーが解決します!公式LINEの友達追加!

就活で内定をもらうには、必ず「面接選考」を通過しなければいけません。就活の面接にはさまざまなマナーがあり、本当にたくさん質問されます。

その中で「面接対策しないとどうなる?」「対策なしでも内定はもらえる?」と悩まれることがあるのではないでしょうか。

この記事では、就活の面接を対策しないことについて詳しく解説します。

悩める就活生
悩める就活生

コミュニケーションには自信があるから、面接対策をしていないだ。

ライターAkito
ライターAkito

今回は面接対策しないとどうなるのか、明日からできる対策方法を併せて紹介しているから、ぜひ最後まで読んでみて!

就活の面接を対策しないのは勿体無い

就活 面接 対策しない

就活の面接を対策しないまま選考に挑む方はいますが、非常に勿体無いことです。就活の面接は「慣れる」ということが大切になり、しっかりと対策をすれば内定率はグンと高くなります。

就活において面接選考を重要視している企業は多く、面接の内容で採用結果が決められます。

また、同じ会社の選考を何度も受けられるわけではありません。一度、不採用になった企業の選考は受けられないので、対策しないことは本当に勿体無いです。

就活において内定をもらうには面接選考を通過する必要があるので、必ず面接は対策するようにしてください。

ライター Akito
ライター Akito

短期間の面接対策でも、選考通過率・内定率は高くなります!

内定までの平均面接回数は2~3回

就活において内定までの平均面接回数は2~3回です。つまり、2~3回の面接選考を通過しなければ、内定をもらうことはできません。

また、マイナビが調査した「2023年卒企業新卒内定状況調査」によると、上場企業や人気のある企業は面接回数が多いです。

マスコミ・金融・商社・ITなど就活生から人気のある業界でも、面接回数が多い傾向にあります。

昨今の就活は「売り手市場」と言われていますが、この調査からも「面接は対策しないと内定をもらうことは難しい」と考えることができます。

悩める就活生
悩める就活生

面接を対策しないことでのメリットはある?

ライター Akito
ライター Akito

内定をゴールに設定しているのであれば、何1つメリットはないね。

就活の面接を対策しないとどうなる?

就活 面接 対策しない

話すことが得意な方や、コミュニケーション能力に自信がある方は「対策せずに面接を受けた方が良いのでは?」と思うことがあるでしょう。

しかし、何度も選考を受けられない就活においては、対策しないことで得られるメリットはないです。

就活の面接を対策しないとどうなるのか、具体的にご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

面接におけるマナーに反してしまう

就活の面接では、さまざまなマナーがあります。ノックの回数や椅子の座り方、受け答え方などさまざまなマナーがあり、対策しないとそのマナーに反してしまいます

面接におけるマナー違反は、かなり印象が悪くなり「準備不足・就職意欲が低い」と判断されます。

面接のマナーを守れない人を採用したいと思う採用担当者はいません。

また、マナーに反することはなくても、対策しない状態で良い印象を与えることは難しいです。

本来の力を発揮できない

就活の面接には、ある程度のフォーマットがあります。自己紹介から始まり、自己PRや最後に逆質問などがあるため、面接を対策しないと本来の力を発揮できません

優れたコミュニケーション能力があっても「1分間で自己紹介してください。」と言われると、本来の力を発揮することは難しいです。

コミュニケーションに自信があればあるほど、しっかりと対策をし、面接で本来の力を発揮できるように工夫すべきです。

ライター Akito
ライター Akito

コミュニケーションに優れている方が対策をすれば、グンと内定率は高くなります

就活のモチベーションが下がる

就活の面接を対策しないと、マナーに反してしまったり、本来の力を発揮できません。その結果、想定以上の不合格通知が届き、就活のモチベーションが下がります

就活では「合格・不合格」しか伝えられないので、モチベーションに大きく影響します。

就活に対するモチベーションが下がることは、自信を失いことにもつながり、内定は遠ざかります。特に、面接に自信があって対策しない選択をした場合は、より自信を失うことになります。

就活が長引く

就活の面接を対策しないことで、間違いなく就活は長引きます。コミュニケーションに優れていても、しっかりと面接対策している人と比較すると、さまざまな観点で劣ります

話のまとめ方や伝え方、語尾の言い切りなど、対策しないことで周りとの差は大きく広がります。また、上記のようにモチベーションが下がり自信を失うと、より就活は長引きます

そして、就活が長引くことによって、採用活動をしている企業が減り、限られた中で内定を目指すことになります。このような事態を防ぐためにも、就活の面接対策は必須です。

悩める就活生
悩める就活生

コミュニケーションに自信があっても、面接対策は必要なんだね!

ライター Akito
ライター Akito

次は明日からでも簡単にできる面接対策をまとめてご紹介していくね!

簡単にできる面接の対策方法5選

就活 面接 対策しない

スムーズに内定を獲得するには、面接対策が必須です。ただし「面接までそれほど時間がない」という方も多いと思います。

そこで、明日から簡単にできる面接の対策方法を大きく5つご紹介します。まだ、面接の対策していない方は、ぜひ下記の対策方法を参考にしてみてください。

予測できる質問を中心に対策する

就活の面接では、質問される内容をある程度予測することができます。面接で質問される7~8割の内容は事前に予測可能なので、その質問を中心に対策をすべきです。

面接の定番質問は下記の通りです。

就活の定番質問
  • 自己紹介をお願いします。
  • なぜ当社を志望したのですか?
  • 長所と短所を教えてください。
  • これまでの経験・実績を教えてください。
  • チームでの経験において、あなたが果たした役割は何ですか?
  • 悩みや問題があった場合、どのように解決していますか?
  • 過去に失敗した経験があれば、その失敗とその後の改善策を教えてください。
  • あなたが入社後に果たしたい役割・目標は何ですか?
  • 最近興味を持ったことや、学んでいることは何ですか?
  • 仕事において、最も大切にしていることは何ですか?
  • 自分自身を一言で表すとしたら、何ですか?
  • 最近、気になっているニュースを教えてください。

また、予測できる質問の回答は、事前に考えておくようにしてください。就活の面接で自己紹介の機会は必ず与えられるので、話す内容は全て暗記でも問題ありません。

ライター Akito
ライター Akito

コミュニケーションに自信がある方は、ある程度の内容だけ考えておくと良いです!

回答方法のテンプレートを作る

どの質問にも的確に回答するには、回答方法のテンプレートを作ることが大切です。

例えば「結論→内容→結論」という回答のテンプレートを作っていると、予測していなかった質問にでも的確に回答できます。

回答方法のテンプレートを、より細分化しても良いです。

また、面接の中で絶対に使わない言葉を決めておくことも1つの対策方法です。

ネガティブな言葉や言い切らないことはマイナスの印象につながるので、面接では使わないように工夫することをおすすめします。

最低限のマナーを把握する

就活の面接におけるマナー違反はかなり印象が悪くなるので、最低限のマナーだけでも把握するようにしてください。

最低限のマナーを把握するだけでも面接対策になり、対策しないときよりも好印象を与えやすくなります。面接における最低限のマナーは下記の通りです。

最低限の面接マナー
  • 10分前に受付を済ます
  • ノックは3回
  • ドアに向いて閉める
  • 座る前に自己紹介をする
  • 背もたれは使わない など

もし、面接当日にマナーが分からない場合は、失礼にならない選択をするようにしてください。失礼にあたらない行為であれば、マナー違反でもそれほど印象は悪くなりません。

ライターAkito
ライターAkito

就活の面接における最低限のマナーこちらの記事をご覧ください!

実践的な練習を増やす

予測できる質問の対策や、最低限のマナーを把握したら、実践的な練習を増やすことが大切です。頭の中では理解していても、実践練習をしないと本来の力を発揮できません。

推測できる質問をシャッフルで表示されるようにし、素早く回答する練習などは、1人でもすぐにできます。

もし、就活選考を控えている友人がいる場合は、面接官の役割を交代し合うと効果的な対策になります。

実践練習は何度も何度も重ねることが大切なので、時間の許す限り練習することをおすすめします。

面接対策のサービスを受ける

簡単にできる最後の対策方法が、面接対策のサービスを受けることです。面接対策のサービスは、民間の就活エージェントや大学のキャリアセンターなどで受けることができます。

おすすめなのは、民間の就活エージェントを使うことです。大学のキャリアセンターは予約制になり、なかなか面接対策を受けられません。

また、サービスの質は劣るため、民間の就活エージェントがおすすめです。面接対策以外にも、ESの添削や企業紹介、身だしなみのアドバイスなども受けられるので、積極的に利用してみてください。

悩める就活生
悩める就活生

おすすめの就活エージェントってある?

ライター Akito
ライター Akito

本当におすすめできる就活エージェントは、こっちの記事でまとめて紹介している!

就活のご相談はShokuLab公式LINEへ

就活 面接 対策しない

面接対策しないこと以外にも、就活を通して悩まれることが多くあると思います。就活について少しでも悩まれることがあれば、ShokuLab公式LINEへご相談ください。

ShokuLab公式LINEでは、専任の就活アドバイザーが就活生が抱える悩みの解決につながるアドバイスをしています。

また、悩み相談だけではなく、履歴書の添削・面接対策・就職支援サービス等の紹介にも対応しています。

悩める就活生
悩める就活生

就活は初めてのことが多いから、よく悩むんだよね。

ライター Akito
ライター Akito

そのようなときは、ShokuLab公式LINEを利用してみて!

ShokuLab公式LINEの特徴

ShokuLabでは、就活生が抱える悩みの解決・有益な情報を提供する「公式LINE」を開設しています。

就活は情報戦とも言われるほど情報が大切になり、自分の力だけで内定を目指す必要はありません。ShokuLabの公式LINEでは、登録者が内定を獲得できるように全力でサポートします。

ライターAkito
ライターAkito

公式LINEから情報商材・能力開発商材への誘導は一切ありません!

ShokuLab公式LINEの対応スタッフ

ShokuLabの公式LINEでは、専任の就活アドバイザーが全力でサポート。就活アドバイザーはShokuLabメディアのコラムも執筆しています。

就活アドバイザーの経歴例

  • 大学在学中にビジネススクールに入校
  • 約2年間、就職活動・ビジネスについて学ぶ
  • リーダーボジションで多くの新卒就活生を輩出
  • Shokulabライターとしてコラム執筆中

ShokuLabの公式LINEでは、他社の就活アドバイザーよりも「就活生に寄り添うこと」を大切にしています。

ShokuLab公式LINEの使い方

ShokuLab公式LINEの使い方は下記の通りです。

  1. ShokuLab公式LINEを友達追加
  2. 就活に関する悩み・疑問を相談
  3. 24時間以内に就活アドバイザーが返信
  4. 悩み・疑問解決

就活生による悩み・疑問の相談以外にも、定期的に「日本の就活生が持つQ&A」「新卒採用を募集する企業情報」「就活に活きる鮮度の高いニュース」などを発信しています。

ライターAkito
ライターAkito

ShokuLabの公式LINEでは、価値のある質の高い情報だけを共有します!

お悩み相談に関する内容

ShokuLabの公式LINE最大の特徴は、就活アドバイザーへの悩み相談です。就活生が抱える悩み・疑問を就活アドバイザーが24時間以内にお答えします。

悩み・疑問の解決をゴールとしているため、何度も何度もメッセージのやり取りが可能です

また、就職活動にまつわる相談・疑問だけではなく、ESの添削や将来のキャリアプラン、大学生活に関することにも対応しています。

ShokuLabの公式LINEを友達追加するだけで、いつでも気軽に相談することが可能です。

友だち追加

まとめ

就活 面接 対策しない まとめ

この記事では、就活に向けて面接を対策しないことについて詳しくお伝えしました。

面接を対策しないことは勿体無いことで、対策すれば内定率はグンと高くなります。特に、コミュニケーションに自信がある方は、しっかりと対策をして面接選考を通過すべきです。

対策しないことは就活が長引くことにつながるので、誰でもしっかりと対策することをおすすめします。この記事でお伝えした内容を参考にし、明日からでも面接の対策を始めてみてください。

悩める就活生
悩める就活生

スムーズに就活を終わらせたいから、面接対策を始めることにする!

ライター Akito
ライター Akito

何から始めれば良いのか分からない場合は、就活エージェントに登録してアドバイスを受けてみて!

タイトルとURLをコピーしました