記事内に広告が含まれています。

【大学1年生から長期インターンに参加すべき?】参加するメリットと求人の探し方

長期インターン 1年生 インターン
編集長Akihiro
編集長Akihiro

新しい就活のカタチ!企業情報からエントリーまで全てが動画で完結!就活版Netflix【JOBTV】

大学生になると、就活のことを考え始めると思います。

本格的に就活が始まるのは大学3年生の冬ごろですが、「大学1年生から長期インターンに参加すべきかな?」と悩まれることがあるのではないでしょうか。

この記事では、大学1年生から長期インターンに参加することについて詳しく解説します。

悩める大学生
悩める大学生

先輩たちが長期インターンの話をしていて1年生ですが、参加すべきなのか気になっています。

ライターAkito
ライターAkito

大学1年生から就活のことを考えるのは、大切なことだよ!

今回は1年生から長期インターンに参加するメリット・デメリットも伝えるから、最後までチェックしてみて!

大学1年生から長期インターンに参加すべき?

長期インターン 1年生 就活

大学1年生から長期インターンへの参加を検討する方は多いと思います。結論からお伝えすると、大学1年生でも長期インターンは参加した方が良いです。

「全員が参加すべき」というわけではありませんが、大学1年生から就活のことを考えているのであれば、参加することをおすすめします。

長期インターンとは、3カ月以上の期間が設けられているインターンです。

また、大学1年生からでもエントリーでき、企業によっては3年生よりも1年生を求めていることがあります。就活が始まるまで2~3年ありますが、大学1年生でも長期インターンに参加すべきです。

ライターAkito
ライターAkito

大学1年生から始められる就活対策を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

短期インターンの参加はおすすめしない

大学1年生の長期インターンの参加をおすすめしましたが、短期インターンはおすすめしません

短期インターンとは、1日~2週間ほどの期間が設けられているインターンです。

短期インターンは1~3日間で実施されることが多く、ターゲットは就活生になります。つまり、大学1年生で参加してもあまり意味がありません。

本格的に就活が始まる前の大学3年生が参加すべきインターンになるので、大学1年生から短期インターンに参加する必要はないです。

悩める大学生
悩める大学生

1年生から参加するなら、長期インターンなんだね!

ライターAkito
ライターAkito

長期インターンであれば1年生から参加しても、かなり貴重な経験になると思うよ!

大学1年生から長期インターンに参加するメリット

長期インターン 1年生 就活

大学1年生から長期インターンに参加する主なメリットを4つご紹介します。1年生から長期インターンの参加を検討している方は、下記のメリットを参考にしてみてください。

やりたいことを見つけられる

大学1年生から長期インターンに参加することで、将来やりたいことを見つけやすくなります
長期インターンでは、バイトでは経験できない業務を任せられるため、やりたいことを見つけられる可能性が高いです。

本格的に就活が始まるタイミングで「やりたいことがない」と悩まれる方が多く、スムーズに就活を進められないケースがあります。

また、将来やりたいことが見つかっていないと、就職をしても後悔をし、数年間で退職してしまうことが多いです。

ライターAkito
ライターAkito

長期インターンに参加するタイミングが早ければ早いほど、やりたいことが見つかりやすくなります!

就活で活かすことができる

長期インターンに参加した経験のある大学生は就活が始まるタイミングで約3%ほどです。そのため大学1年生から参加していれば、就活で活かすことができます。

長期インターンの参加経験があるだけで、高い評価を得られます。

具体的には、長期インターンの参加経験を自己PRやガクチカとして伝えることができます。また、大学1年生から参加することで、そのまま内定をもらえることがあります。

企業側は「入社後のミスマッチを防ぎたい」と考えるため、長期インターン参加者をそのまま採用することが多いです。

社会人レベルのスキルが身につく

長期インターンではその会社の一員として働くことできるため、社会人レベルのスキルを身につけられます。

就活までに社会人レベルのスキルを身につけられていると、周りの大学生と差別化することができ、スムーズに内定をもらうこともできます。

また、長期インターンに参加することで基礎的なビジネスマナーを身につけられます。具体的なビジネスマナーは下記の通りです。

  • 先輩社員への報連相
  • メールの送り方
  • 電話対応
  • スケジュール管理
  • 言葉遣い など

これらは就活にも通じることなので、基礎的なビジネスマナーが身につくことは大きなメリットです。

バイトよりも稼げる

大学1年生から長期インターンに参加する最後のメリットが、バイトよりも稼げることです。多くの長期インターンでは、時給制度で給料が発生します。

その会社の一員として働くことから、時給は1,500~2,000円に設定されていることが多く、バイトよりも稼ぎやすいです。

バイトの代わりに長期インターンで稼いでいる大学1・2年生は多いです。

また、企業によってはインセンティブ制度や賞与(ボーナス)が支給されることもあります。バイトよりも稼ぎたい方や、稼ぎながらスキルを身につけたい方は、1年生から積極的に参加すべきです。

悩める大学生
悩める大学生

1年生から長期インターンに参加することは、意外にもメリットが多いだね!

ライターAkito
ライターAkito

この4つ以外にも、「人脈が広がる・1年目から活躍しやすい」などのメリットもあるよ!

大学1年生から長期インターンに参加するデメリット

長期インターン 1年生 就活

大学1年生から長期インターンに参加することには、デメリットもあります。上記でお伝えしたメリットを比較して、長期インターンに参加することを判断してみてください。

学業との両立が難しい

大学1年生から長期インターンに参加する最大のデメリットは、学業との両立が難しいことです。大学1年生は履修しなければいけない授業が多く、単位の取得を優先する必要があります。

その中で長期インターンにも時間を割かなければいけないことはスケジュール的に大変です。

長期インターンは最低でも週2~3日の出勤を求められます。

そのため1年生の前期から長期インターンに参加するのではなく、後期からの参加をおすすめします。もし、スケジュール的に難しい場合は、無理するのではなく、大学2年生からの参加でも良いです。

やりたいことが明確になっていない

大学1年生でも長期インターンに参加すべきなのですが、やりたいことが明確になっていない方が多いです。

やりたいことを見つけるために参加しても良いのですが、ある程度の業界・職種は絞っておきたいです。

ある程度絞っていなければ、将来につながらない業界・職種の経験を3カ月間も積むことになります。意味のある経験を積むためには、事前に興味のある業界・職種を絞ることが大切です。

悩める大学生
悩める大学生

授業を優先したい場合は、2年生から参加しても大丈夫なの?

ライターAkito
ライターAkito

全然大丈夫!2年生から加する場合は、1年生でフル単位を目指すようにしてみて!

大学1年生でも参加できるインターン求人の探し方

長期インターン 1年生 就活

大学1年でも参加できるインターン求人の探し方を大きく2つご紹介します。長期インターンは大学から紹介を受けるケースが少ないので、下記の探し方を参考にしてみてください。

興味のある会社のHPから探す

1つ目のインターン求人の探し方が、興味のある会社のHPから探す方法です。長期インターンを募集している場合はHPに記載されていることが多く、そこから応募もできます。

企業によってはHPで募集せず、インターンサイトに依頼していることもあります。

もし、興味のある会社のHPにインターン情報が記載されていない場合は、問い合わせてみることをおすすめします。

問い合わせることは意欲の高さを示すことにもつながり、印象が悪くなることはありません。

インターンサイトから探す

2つ目の探し方が、インターンサイトを使うことです。

インターンサイトとは、インターン求人がまとめて掲載されているサイトです。

インターンサイトを使うことで、効率よく数多くのインターン求人を探すことができます。

1年生におすすめのインターンサイトは、「ユアターン」です。ユアターンは長期・有給インターンだけに特化しているため、効率よく見つけることができます。

また、ユアターンではオンライン完結型の長期インターンにも対応しているので、地方に住まれている方でも参加できるものを見つけることが可能です。

悩める大学生
悩める大学生

あまり会社のことを知らないから、ユアターンを使ってインターン求人を探してみようかな!

ライターAkito
ライターAkito

いいと思う!

こっちの記事でユアターンについて詳しく解説しているから、チェックしてみて!

インターンのご相談はShokuLab公式LINEへ

長期インターン 1年生 就活

大学1年生からインターンの参加を検討している方は、ShokuLab公式LINEへご相談ください。インターンの参加は初めての経験になると思うので、悩まれることが多くあると思います。

ShokuLab公式LINEでは、専任の就活アドバイザーが悩みの解決につながるアドバイスをしています。

また、エントリーシートの添削や登録者様に合ったインターン先の提案などにも対応しています。インターン・就活のことで少しでも悩まれることがあれば、ShokuLab公式LINEをご利用ください

悩める大学生
悩める大学生

就活は初めてのことが多いから、よく悩むことがあるだ。

ライターAkito
ライターAkito

LINEから気軽に相談できるから、ShokuLab公式LINEを使ってみて!

ShokuLab公式LINEの特徴

ShokuLabでは、就活生が抱える悩みの解決・有益な情報を提供する「公式LINE」を開設しています。

就活は情報戦とも言われるほど情報が大切になり、自分の力だけで内定を目指す必要はありません。ShokuLabの公式LINEでは、登録者が内定を獲得できるように全力でサポートします。

ライターAkito
ライターAkito

公式LINEから情報商材・能力開発商材への誘導は一切ありません!

ShokuLab公式LINEの対応スタッフ

ShokuLabの公式LINEでは、専任の就活アドバイザーが全力でサポート。就活アドバイザーはShokuLabメディアのコラムも執筆しています。

就活アドバイザーの経歴例

  • 大学在学中にビジネススクールに入校
  • 約2年間、就職活動・ビジネスについて学ぶ
  • リーダーボジションで多くの新卒就活生を輩出
  • Shokulabライターとしてコラム執筆中

ShokuLabの公式LINEでは、他社の就活アドバイザーよりも「就活生に寄り添うこと」を大切にしています。

ShokuLab公式LINEの使い方

ShokuLab公式LINEの使い方は下記の通りです。

  1. ShokuLab公式LINEを友達追加
  2. 就活に関する悩み・疑問を相談
  3. 24時間以内に就活アドバイザーが返信
  4. 悩み・疑問解決

就活生による悩み・疑問の相談以外にも、定期的に「日本の就活生が持つQ&A」「新卒採用を募集する企業情報」「就活に活きる鮮度の高いニュース」などを発信しています。

ライターAkito
ライターAkito

ShokuLabの公式LINEでは、価値のある質の高い情報だけを共有します!

お悩み相談に関する内容

ShokuLabの公式LINE最大の特徴は、就活アドバイザーへの悩み相談です。就活生が抱える悩み・疑問を就活アドバイザーが24時間以内にお答えします。

悩み・疑問の解決をゴールとしているため、何度も何度もメッセージのやり取りが可能です

また、就職活動にまつわる相談・疑問だけではなく、ESの添削や将来のキャリアプラン、大学生活に関することにも対応しています。

ShokuLabの公式LINEを友達追加するだけで、いつでも気軽に相談することが可能です。

友だち追加

まとめ

長期インターン 1年生 就活 まとめ

この記事では、大学1年生から長期インターンに参加することについて詳しくお伝えしました。大学1年生でも長期インターンに参加することは大切で、さまざまなメリットを得られます。

最大のメリットは、やりたいことを見つけられることです。もちろん、就活でも高い評価を得られるので、積極的に参加してみることをおすすめします。

この記事でお伝えした内容を参考にし、1年生から長期インターンに参加することを検討してみてください。

悩める大学生
悩める大学生

就活のことが不安だから、1年生から長期インターンに参加してみることにする!

ライターAkito
ライターAkito

興味がある場合は、絶対に参加した方が良いね!

ただ、長期インターンばかりに時間を割いて、単位が取れなくなることだけには気を付けて!

shokulab Instagram
タイトルとURLをコピーしました